« 『てくてく日記』自費出版(1)~見積もり~ | トップページ | 『てくてく日記』自費出版(3)~ホームページ作成~ »

2019年3月 4日 (月)

『てくてく日記』自費出版(2)~プレゼン~

 もっとマメにここを更新するつもりだったんですが、実際にはやることがいっぱいで、なかなか思うようにいきませんでした。Twitterだけはこまめに更新しているんですが。 (Twitterアカウント:@ley_asakura )

 

 2月になってからの進捗状況をお知らせします。

 

................................................

 

2月5日(火)

 

Dynnz3yu8ae3xu

 

 午後1時から福島市の福島民報ビルでクラウドファンディングについての面談。
 民報社広報局の部長や副部長、総合メディア局長といった偉い方たちの前で、今回のプロジェクトについて説明をしました。
 要するに「プレゼン」です。

 

 いやぁ……緊張しました  1月末に打合せをした担当のNさんはもちろん同席でしたが、『てくてく日記』のコラムでお世話になった情報紙担当のYさんもいてくださったので、すごく心強かったです。

 

 

20190205presen

 

 

 事前に私は「プロジェクトについての説明を紙で準備するように」と言われていました。
 そこで、クラウドファンディングの他の方たちの募集ページを参考に、プロジェクトの目的や効果、見積もりを元にした予算、クラウドファンディングで集める資金の目標額、具体的な募集の手段やリターン品案について等、かなり具体的な資料を作って持っていきました。

 

 担当の方たちが全員そろうまでに少し時間があったので、資料をお渡して目を通していただいたのですが、おかげで話し合い開始5秒くらいで、「では、このプロジェクトをどう進めていくか考えていきましょう」と広報管理部長さんからGOサインが出ました。
 びっくりするくらいスムーズでした。

 

 「タイトルが長すぎる。もっと内容が伝わりやすいように簡潔に」というアドバイスと、一部予算から洩れていた項目があったところを指摘されましたが、それ以外には大きく修正を求められたところはありませんでした。
 「クラウドファンディングをわかっている方ですね。安心して任せられそうです」とまで言っていただいて、本当に光栄でした。

 

 その後、スケジュールの打合せもしました。
 2月中に募集のためのプロジェクトページを作成し、3月始めにクラウドファンディングチームの確認を経て、3月半ばまでに公開、募集開始。その後90日間支援を募って、募集終了が6月半ば。その間、私は本の原稿を完成させたり、返礼品の準備をしたりして、7月には本の印刷を開始、7月末に納品、8月上旬に発送……というスケジュールになりました。
 クラウドファンディングの契約書もいただきました。内容にしっかり目を通した上で、後日、必要事項を記入して提出します。

 

 

 面談の時間は1時間くらいでしたが、席を立つと、離れた席に女性がひとり座って待ってらっしゃいました。
 私と同じように、クラウドファンディングでのプロジェクトを立ち上げようとしている方でした。
 緊張したお顔をしていて、「わかるわかる」と心の中でうなずきながら、面談会場の食堂を後にしました。

 

................................................

 

 その後、私はクラウドファンディングのためのホームページ作成に取りかかるのですが、それについてはまた次の記事でご報告します。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 『てくてく日記』自費出版(1)~見積もり~ | トップページ | 『てくてく日記』自費出版(3)~ホームページ作成~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『てくてく日記』自費出版(2)~プレゼン~:

« 『てくてく日記』自費出版(1)~見積もり~ | トップページ | 『てくてく日記』自費出版(3)~ホームページ作成~ »