« 自分で作った昼食 | トップページ | 昇平の部屋の現在の様子 »

2018年1月13日 (土)

洗い物をしてもらうための工夫

Araimono4

 前回までは昇平に昼食を作ってもらうための工夫と、実際に彼が作った昼食のレポートでした。
 でも、料理をして食べ終えたら、絶対にやらなくちゃならなくなるのが「洗い物」です。
 料理するのはいい、美味しく食べるのももちろんいい、でも食べたらそのまんま、台所は汚れ物で一杯――ではまずいです。我が家では、将来彼がひとりになっても、最低限の生活だけは自分で回していけるようになることが目標なので、洗い物までちゃんとセットでできるようにならないと困ります。

 これまでも、朝食の後には自分が食べた食器だけは洗って片づけてもらってきたのですが、今度は、昇平が家にいるときには、食事のたびごとに洗い物の手伝いをしてもらうことにしました。最初から家族全員の食器を洗って片づけてもらうのはハードルが高いので、まずは私が洗ったものを、昇平に拭いてしまってもらうことに。

................................................

 ところで、私は普段、こんな食器かごを使っています。
 最近流行りの、洗った後の水が底面から流しの中に流れ出るタイプのもの。

Araimono1

 これは洗い物の量に合わせて伸縮することができます。

Araimono2

 広げたところ。幅14センチが25センチくらいまで広くなります。ちなみにカタログ通販のセシールのオリジナル商品です。


 ところが、洗いかごの横には冷蔵庫があって、その先は壁。そちら側に人が立つことができません。
 洗いかごの位置を洗い物のときだけ右に移動させたりもしましたが、それは私が面倒くさい。
 ついでに、スリムな洗いかごなので、洗い物を積み重ねる格好になって、うまく取らないと洗い物が雪崩を起こす可能性もあります。
 う~ん、昇平にはやりづらそう。どうしようかな……。

 と考えて思いついたのが、流しの右の調理台にタオルを敷いて、そこに洗い物を置く、というやり方。
 いえ、私のオリジナルではないです。これも片付けや収納の本を読んでいると、時々出てくるテクニックです。

Araimono3

Araimono4_2

 タオルを敷くだけなら、昇平にだって簡単にできます。拭き終えたら、敷いてあったタオルで周囲を拭いて、後は洗濯カゴへポイできるところもいい。
 最初は普通のフェイスタオルを使っていたのですが、引っ越してから休日に洗い物を手伝うようになった旦那から「小さすぎて載りきらない」とクレームが出たので、スポーツタオルを敷くようにしました。

 洗い物に使うタオルはたたんでカゴにまとめて、カウンターテーブルの下に収納してあります。(一緒に、普通のタオルや昼食のときに下に敷くランチョンマットも入れてあります)

Araimono5


 食器の収納場所は拭いている場所にすぐそばです。
 ご飯茶碗や汁椀や箸は調理台の下の引き出しの中。

Araimono6


 それ以外の皿や器はガス台の下。

Araimono7

 3つ上の写真に写っていますが、グラスはカウンターテーブルの上。写真はありませんが、マグカップはカウンターテーブルの下のかご、普通のカップは茶の間のリビングボードの中が定位置です。

 食器類は必要最小限しか持ってこなかったので、これ以外の食器の収納場所はありません。食器の数は以前の家の十分の一以下ですが、私たち3人で暮らしていくにはこれで充分だったりします。
 私は今流行りのミニマリストではありませんが、昇平がやり方や手順を覚えるために、生活はできるだけシンプルにわかりやすくしようと思っています。

................................................

 食事の後の洗い物は私(休日は旦那)で、拭いて片づけるのは昇平。
 これにしっかり慣れたら、そのうちに昇平に洗い物をやってもらおうと思っています。そのときには、私が拭いてしまう人です。
 それもマスターしたら、調理器具の洗い方を覚えてもらいましょう。
 自分で自分の食事を作ったときに、食器も調理器具も全部洗って元の場所に戻せたら、百点満点のゴールですね。
 そこを目ざして、ステップバイステップです

................................................

 ところで、先日昇平が作った昼食について、彼も自分のブログに書いていました。
 瀬文やつむというのが彼のハンドルネームです。
 彼は自分で昼食を作ってどう感じたか。
 よかったら読んでやって下さい。

http://no826.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/826-e34f.html

|

« 自分で作った昼食 | トップページ | 昇平の部屋の現在の様子 »

コメント

この書き込みと写真を見たときに、「そうそう!」とうなずきました。

家のリフォームをしたときに、古い水切りかごを捨てました。
新しいのを買う前に、丸い金ザルを代用しました。
水受けはプラスチックの皿です。
その横にはザルに入らない大皿のためにタオルを置きました。
そしたらこれが、使い勝手が良くて!
水の飛び散りがなくて(あってもすぐ拭けるし)食器がぶつかる音も無い。
案外これがストレスだったのだと気付きました。
使った包丁も洗ったらタオルの間に挟んで水切りして、乾いたら戸棚にお片づけです。
水切りかごは、まだ買っていません。
もちろんザルは本来の野菜の水切り等にも使っています。

私も「タオル派」です。

投稿: りしょう | 2018年3月10日 (土) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗い物をしてもらうための工夫:

« 自分で作った昼食 | トップページ | 昇平の部屋の現在の様子 »