« 2017年3月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

昇平の新しい部屋

Shoheyroom


 我々がアパートに引っ越して、もうすぐ1か月になろうとしています。
 片づけもほとんど終わって、新しい生活が軌道に乗ってきたので、今日は昇平の新しい部屋を紹介しようと思います。
 上に載せたのが部屋の写真です。
 このアパートには6畳と8畳の和室があるのですが、6畳間のほうにカーペットを敷き、ベッドを入れて昇平の部屋にしました。

 昇平が自分だけの部屋を持つのはこれが初めてです。今までは2階の私たちのリビングに昇平の机として古いパソコンデスクを置き、寝るときには階下の元の長男の部屋に行って、布団で寝ていました。同じ部屋では私もずっと寝ていました。
 と書くと、「え、22歳にもなる息子と一緒に寝てたの!?」と驚かれるでしょうか。はい、そうなのです。というのも、今から6年8か月前、昇平も高校生になるから自分の部屋を準備してあげようと考えていたところに、あの東日本大震災が起きたからです。

 昇平の中学時代はトラブル続きで、セルフエスティーム(自尊心)はどん底まで落ちていました。それでも「高校生になったら心機一転して、新しい生活を始めよう!」と夢ふくらませていた矢先に震災に襲われたので、昇平は本当に不安定になってしまって、特に夜はひとりで寝られなくなってしまいました。
 たった今まで普通に過ごしていたのに、いきなり不安に襲われて、泣いてみたりパニックになってみたり。それが少しずつ軽くなってきても、やっぱり時々不安発作に襲われて、そのたびに私と話をすることで落ち着きを取り戻す日々でした。
 昇平にも自分の部屋を持たせたいな……でも、ひとりきりにして本当に大丈夫かしら? 私がそんな自問自答を繰り返すうちに、彼は高校を卒業し、二十歳も過ぎました。最近は、夜私が寝に行くと、先に布団に入ってゲームなどをしていた昇平が、「お母さん、もう来たの?」と迷惑そうな顔をすることも増えていたので、いい加減自分の部屋を……とは思ったのですが、なかなかそのタイミングがつかめませんでした。
 同じ1階の近い場所に祖父母の寝室があったので、昇平が不安定になってパニックを起こしたら祖父母に迷惑をかけるのでは、と心配だったこともあります。

 でも、その祖母が逝き、祖父も施設に入ることになって、私たちも家を離れることになりました。
 今度こそ、ちゃんと昇平の部屋を準備してあげよう。そう思いながら物件を捜し、ほどよく独立していながら、すぐに私たちと話をすることもできる、そんな間取りのアパートを見つけることができました。

 彼の部屋には新しくベッドとカーペットとリビングボードを購入しましたが、色や大きさなどは彼自身に選んでもらいました。リビングボードに載せているのはこれまで使っていたゲーム専用テレビで、アンテナにはつながっていません。
 タンスやクロゼットはないので、下着やシャツはベッド下の収納ケースに入れ、仕事で使うスーツやコート類は鏡付きのハンガーに(あ、これも新しく購入しました)、季節外の衣類は押し入れのハンガーに掛けてあります。
 彼が古い家から持ってきたモノは、驚くくらい少ないです。衣類とバッグ類を除けば、お気に入りのゲームソフトとそのゲーム機、ノートパソコン、数冊の本とノート、椅子替わりのバランスボール、折りたたみのテーブル、スリム戸棚1本、筋トレ用のダンベル一対、そんなものです。「たくさんあるとゴチャゴチャしてわかりにくいから、新しい部屋ではスッキリ暮らしたい」というのが彼の希望でしたが、その通りの部屋になっています。
 その代わり、ゲームテレビのまわりには自分で描いたイラストを貼ってデコレーション(?)しています。

 新しい部屋での生活はいたって快適のようです。
 事業所での研修から帰ってくると、自分の部屋にすぐ入っていって、ご飯などに呼ばれたとき以外はずっと部屋で過ごしています。夜もなんの問題もなく一人で寝ています。不安定になって私のところへ来るようなこともありません。もうすっかり元気になっていたんだな、一人でいられるようになっていたんだな、と私は過保護だった自分を反省中です。

 今、彼には起きたときにベッドの布団を整えることと、乾いた洗濯物を自分でたたんでしまうことをやってもらっています。部屋の片づけは、モノが少ないこともあって、言われなくても自分からやっています。
 将来を考えて、今のうちから生活の基礎を教えていきたいと思っていました。以前の家ではそれがなかなか難しかったのですが、今度のアパートではそれが比較的簡単にできます。
 少しずつできることを増やしていって、料理や洗濯、家の掃除なんかも覚えていってもらえたら、将来私たちがいなくなっても、彼はひとりで暮らしていくことができるでしょう。(サポートしてくれる人の存在は不可欠ですが)
 新しい生活のスタートは、彼の新しい人生のスタートにもなってくれるのでは、とひそかに期待している日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

義母の他界と引っ越し

Sky20171119

 本当にお久しぶりの更新になってしまいました。
 前回の記事が5月23日でしたから、ほぼ半年ぶりのてくてく日記です。(注:5月の記事は内容が気に入らなかったので非公開にしました。余裕がない状態で書いた記事は配慮不足でいけませんね。申しわけありませんでした)

 その間、我々は怒濤の時を過ごしていました。
 アサクラタウンの星空掲示板を読んでくださっていた方はご存知と思いますが、同居の義母が6月に入院し、そのまま8月2日に帰らぬ人となってしまいました。
 その後、葬式や各種手続きに大忙しになったのですが、義母に介護されていた義父の認知症が急激に進み、息子である主人や私の顔もわからなくなったり、体の不自由さも進行していって、私では介護しきれなくなりました。そこで急いで施設を捜し、運良く空きを見つけて入所することができました。それが11月1日のこと。これまで主人の実家にいたのは義父母のためだったので、私たちも家を離れ、自分たちだけでアパート暮らしを始めました。
 とはいっても、転居先は同じ伊達市内です。昇平が通う事業所がある福島市に行こうか、という話も出たのですが、ここ伊達市は福祉がかなり充実していて、市役所や社会協議会、保健センターの方たちも親身になって相談にのってくれるので、離れたくなかったのです。
 義父が入所した施設や元の家からもそう遠くないので、すぐ行くことができて便利です。

 実際に引越センターを頼んで引っ越しをしたのは11月6日だったので、2週間が過ぎました。家の中の片づけもだいたい終わったので、やっとこうしてブログを書く余裕が出てきたところです。昇平の方が先に、自分の部屋の写真を載せたブログを更新していました。(昇平のブログの記事は→こちら

................................................

 義母は後妻さんだったので、主人や孫たちと血のつながりはありませんでしたが、主人はもちろん、私や昇平たちのことも大切にしてかわいがってくれたので、私たちには大事な大事な人でした。
 体調を崩して入院したときにも、じきに元気になって戻ってくれるものと思っていたのですが、こんなにあっという間に逝ってしまうとは……。

 告別式の時には本当にたくさんの知人友人が参列してくださいました。ボランティア活動にも力を入れていたので、早すぎる別れを惜しんでくださる方が大勢いました。
 孫を代表してのお別れの言葉は、関東でひとり暮らししている長男に頼みました。彼自身のことばで書き上げた文章で、心のこもったとても素晴らしい内容でした。
 それが終わって、司会者が「他に弔辞をご準備の方がいらっしゃいましたら」と呼びかけたところ、なんと昇平が手を上げました。まったく打合せなし、その場での急なことだったので私はまごつきましたが、昇平はきりっと口元を結んでマイクの前に立つと、おばあちゃんの遺影に向かって深々と頭を下げ、はっきりした声で
「おばあちゃん、これまで本当にお世話になりました。私はこれからもがんばります」
 と言って、また深く頭を下げて席に戻りました。

 式の後は会食になり、主人と私は飲み物をつぎながら席を回って歩いたのですが、とても多くの方から「息子さんたちの別れの挨拶が素晴らしかった」と言っていただきました。それも、「お兄ちゃんのはもちろん素晴らしかったけれど、下の息子さんのことばが本当に良かった。涙が出た」と言ってくださる方がまたたくさんいて、私たちは恐縮するやら嬉しいやら。
 義母は昇平に障害があることを周囲に隠しませんでした。そのうえで、「こんなことができるようになった」「こんな嬉しいことを言ってくれた」と成長の様子を話してくれていたようです。
 多くの方たちが昇平の障害を知っていたので、その彼がおばあちゃんに自分のことばでお別れを言ったことに、深く感動してくれたのでした。
 参列者の皆さんの心優しさに感激しながら、改めて義母の優しさにも感謝しました。

 孫たちの心に大切なものを残して、義母は逝きました。
 義母が最後まで心配していた義父も、無事に施設に入所して安心して生活できるようになりました。
 これからは天国から私たちを見守っていてください――と小さな仏壇に向かって手を合わせている毎日です。

................................................

 新しい生活が始まって、昇平はまた一段と成長したように思います。
 一連の超多忙がやっと落ち着いたので、ブログのほうも再開したいと思っています。
 またよろしくお願いいたします。


(写真は新居から撮影した朝の空。今度は住宅地の真ん中ですが、以前と同じ山が見えています)


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2018年1月 »