« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月17日 (金)

施設外就労訓練

Bluesky30_2
 ブルースカイ (撮影者:昇平)

 さて、前回の記事にも書いた施設外就労訓練が、今週から始まりました。
 前回は就労実習と書きましたが、かなり長い期間続きそうなので、実習というより訓練のほうがことばとして適切かな、ということで、ちょっと変更です。

--------------------------------

 今までの人参の皮むき作業も、事務所とは別の場所に作業場を借りて行う施設外就労訓練でしたが、事業所の利用者(障害者)以外に、専属のスタッフがついている状態で行われていました。
 今度の訓練は、専属スタッフはなし。同じ事業所のA型事業所の部門に所属する利用者とペアを組んで、福島市内の企業の店舗や工場を回って、古紙などの資源を回収して回る――というお仕事です。ちなみに、昇平は事業所の中の就労移行支援事業所という部門に所属しています。

 回収を行うワゴン車の運転はA型の利用者さんで、2人が日によって交代になるようです。昇平はその補助で、車に同乗していって、古紙や廃品を車に積み込むお手伝い。こちらは月曜日から金曜日まで昇平だけです。
 というのも、昇平はまず休まないから。
 この事業所に通うようになって、ちょうど1年になりますが、その間、事業所を休んだのは病院に通院する日だけ。それも、数えるほどしかありませんでした。
 事業所には公で決められた利用目標日数というのがあって、【1ヶ月の日数-8日】というのが原則です。つまり、30日までの月はそこから8日引いた22日の出勤が目標日数。31日まである月は8日引いた23日が目標日数になります。
 昇平はほとんどの月で、この目標をクリアして、さらに土曜日のイベントにも積極的に参加するので、おつりがくるくらいになっています。

 この「休まずに決められた日数をきちんと出勤する」ということが、就労には意外なくらい重要でした。
 まあ、考えてみれば当然ではあったんですが。
 どんなに有能な人材でも、明日来るかどうかわからない、今日休んで次の出勤が明日になるか来週になるか来月になるかわからない、という状態だと、雇用する企業の側でも採用をためらってしまいますものね。
 ちゃんと出勤日に出勤してきて、期待通りの仕事をしてくれること――それが就労にはとても重要な条件になります。

 昇平は休みません。遅刻もしません。
 仕事の間は怠けません。人参の皮むき作業も、最終的に誰より早く丁寧にむけるようになって、休みの人が出るとその人の分までがんばって働くような、真面目で積極的な勤務態度です。
 だから、今回新しく始まった回収作業でも、助手役として抜擢されて、月曜日から金曜日まで継続して関わることになりました。「いやぁ、人参作業のエースだった昇平さんを回収作業に引き抜いてしまいました」 とスタッフさんからは言われました。お世辞ではなかったような気がします。

--------------------------------

 ふと思います。

 なかなか理解してもらえなくて、「暴れて騒ぐどうしようもない奴だ」というレッテルを貼られ、やがて暴れる代わりに自己否定をするようになって、どんどん自分に自信をなくしていった中学時代。
 本当につらかったし、親も支えるのが本当に大変だったけれど、それでも昇平は最後まで不登校にならずに学校へ通い続けました。
 高校時代も、勉強は決して得意ではなかったけれど、「学校に行くことだけはできるから」と休むことなく通い続け、レポートも期限までにきちんと提出して、「やることはやる」という基本を身につけてきました。
 そんなふうに、自分にできること(=きちんと通う、やるべきことはやる)を積み重ねてきた結果が、今の就労支援事業所での昇平の姿なのかもしれません。

 父母会があるたびに個別面談も申し込んで、スタッフの方たちから昇平の様子を聞かせてもらうのですが、とにかく毎回、本当にたくさんの「褒めことば」を聞かされます。休まないことや真面目なことだけでなく、ちょっとしたことにも気が回るようになってきたことや、ユーモラスなことを言って場を和ませたり、皆の気持ちを盛り立てるような声かけをしたりすること、などなどなど……。
 それが、仕事の出来高という形になって表れ、月の終わりにいただく工賃という形でフィードバックされて、昇平はますます前向きになっています。
 回収作業にも、不安がることも嫌がることもなく、毎朝元気に出かけています。

 あのしんどかった時期にもがんばってきたから、今の昇平がいるのかもしれない。
 そんなふうにも思います。
 よくがんばってきたなぁ、と思うし、それは本人の努力と家族の支えだけでなく、私たちを応援してくださる大勢の方たちがいたおかげなんだとも思っています。
 このブログを読んで喜んでくださっているあなたも、昇平の応援団ですね。
 本当に本当にありがとうございます。
  
 感謝の気持ちを込めながら、新しい訓練についてのご報告でした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

元気に実習中

Hiokoshi_2
火おこし体験イベントで


 すっかり間があいてしまいましたが、昇平も私たち家族も元気に過ごしております。
 私は先日のWindows10への強制アップデートで、ひとしきりパソコンの設定に苦労しましたが、そちらもなんとか快適にになって、一安心です。

--------------------------------

 昇平は引き続き、事業所の外にある作業所で「人参の皮むき作業」の実習中です。
 月曜日から金曜日まで、遅刻は絶対にしないし欠勤もしない。土曜日のイベントにも積極的に参加するという優等生ぶり。
 毎日毎日人参を工場へ取りに行って、皮をむき、また納品する繰り返しですが、「飽きた」「嫌になった」などと言うこともなく、熱心に作業に取り組んでいるそうです。
 昨日は、普段なら4人いるメンバーが昇平を含めて2人しか揃わず、担当のスタッフさんを含めた3人で必死に皮をむいて、時間内にみごと全部作業を終えたのだそうです。えらい~。

 そんなところへ、本格的な施設外実習の連絡が来ました。
 まだ、いつから始まるかははっきりしていないのですが、今度は常任スタッフがつかない状況で、A型のメンバーさん(昇平は就労移行支援のメンバー)と組んで作業をするようです。もちろん、事業所のスタッフさんが要所要所でしっかり目配りしてくださるのはわかっていますが。
 昇平自身は、「『きっとできるよ』と言ってもらえたことなら、やってみよう」という前向きな気持ちなので、新しい作業の話にも特に動揺することなく、落ち着いて待っています。
 新しい職場でも仕事の内容をしっかり覚えて、いい経験を積んでくれればいいなぁ、と思っています。

 一歩一歩、ゆっくりとだけれど、着実に前進している昇平。
 ここまでいろんな人たちに支えられ、応援していただいたおかげだと、心から感謝している毎日です。

--------------------------------

【写真】
 事業所のイベントで行った福島市の「宮畑遺跡ジョーモピア」での火おこし体験。
 なかなかうまくいかなくて、スタッフさんに手伝ってもらって、やっと火がついたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »