« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月26日 (月)

毛巣洞の術後半年診察

 久しぶりの更新ですが、昇平も私たち家族も元気で過ごしております。
 朝晩かなり冷えるようになってきて、昨日は居間にホットカーペットを出しました。
 でも、それでも寒いので、半纏をはおって、もこもこの室内履きをはいています。
 部屋にファンヒーターが登場するのも、間もなくかもしれません。

................................................

 先週の木曜日は、昇平の毛巣洞の術後半年の診察でした。
 お尻の毛が皮膚の下に潜り込んで炎症を繰り返し、膿の巣を作ってしまう、というちょっと珍しい病気で、見た目の割には悪さをしている組織が大きくて、医大に入院、全身麻酔で手術をして2週間入院したのが、今年の春のこと。患部付近の皮膚も移動して再発しにくいような処置をしたのですが、それでも再発する可能性はある、ということで、定期的な検診を受けています。
 今回は形成外科の部長の先生の診察でしたが、今のところ再発はなし。次の検診は1年後で、そこで再発していなければひとまず大丈夫でしょう、と言われました。
 やれやれ、一安心。

 毛巣洞の発症の原因はまだよくわかっていないのですが、毛深い若い男性に発症することが多く、お尻を繰り返し圧迫されるのが良くない、とも言われています。何でも、アメリカなどではジープに乗る若い兵士に多く発症することから、ジープ病などとも呼ばれているとか。
 昇平も高校時代、フリースクールに通うのにかなりの距離、自転車に乗っていたので、それが良くなかったのかなぁ、などと考えたり。体重もちょっと重めでしたからね。
 今はダイエットの効果もあって体重は減ったし、自転車に乗らずに歩いて移動することが増えたので、このまま再発しないですむんじゃないかな、と思いながら見ています。

 ダイエット……昇平は食べ物に気をつけるだけでなく、ダンベルや腕立て伏せ、腹筋、駅までの往復ウォーキングと、いろいろ頑張ってます。その甲斐あって、今年に入って9Kg痩せて、すっきりした体型になってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

事業所の個別面談で

 一昨日、昇平が通う就労移行支援事業所で「家族と語る会」があり、その後、スタッフと個別面談して、最近の昇平の様子を聞くことができました。

 今回のスタッフはMさん。昇平がポスティング業務をするときに同行して支援してくださっている方です。
 スタッフさんは利用者のよいところを見つけて誉めるのがとても上手なので、昇平についても、いいところや頑張っているところをたくさん聞かせてもらえました。

................................................

・朝、やってくると必ずスタッフルームに顔を出して「おはようございます!」と元気に挨拶する。

・カフェの飾り付けに使う工作を積極的にやっている。手先が器用。

・座学では集中が続かなくて眠くなってくるけれど、途中で5分休憩を入れたりするようにしたら、集中時間が延びてきた。

・ポスティングで地図を渡して、それを見ながら配達するように言ったら、一生懸命地図を見ながら、なんとか目的の家にたどり着くことができた。(1チームで1日十数件の住宅やアパート等を回って配達するそうな)

・帰るときに必ず「今日のぼくはどうでしたか? いいところや悪いところがあったら聞かせて下さい」と言ってくる。日中に注意されていたときには、「○○してすみません。明日はそうならないように頑張ります」と言うし、「大丈夫、今日も良くできていたよ」と言われると、「ありがとうございます。明日もまた頑張ります」と言って帰っていく。

................................................

 昇平の挨拶が上手なのは、小学校の特別支援学級で挨拶の大切さをしっかり教えられてきたから。昇平に限らず、学級で一緒だった子どもたちは、大きくなった今でも挨拶がとても上手です。
 でも、帰りに自分が良くできたかどうか質問するのは、事務所で指導しているのではなく、昇平が自主的に始めたことだそうです。
 毎日、自分の行動をスタッフに客観的に評価してもらい、明日につなげようとしているんだから、「えらいなぁ」と思いました。就労するには、まだまだ、まだまだ、ま~だまだ、たくさん力をつけなくちゃいけない昇平ですが、こんなふうに毎日自分の行動を振り返ることを積み重ねていけば、いつかは力もついてくるのでは、なんてことも考えました。


 初めて工賃の明細をもらったときには、「これは誰のですか?」と尋ね、自分の工賃だと聞かされると、とても嬉しそうな顔をした……なんて話も聞かせていただきました。
 そう、自分で稼いだお金は、金額の多少に関わらず、本当に本当に嬉しいみたいです。
 ゲームをダウンロードするポイントを購入するために使ったり、おやつを買うのに使ったりはしていますが、それにしても大事に使っていると思います。自分が頑張った証拠なのでしょうね、きっと。


 先月は、昇平に泌尿器系の病気が見つかって、薬を飲み始めていました。それが頻尿の原因になっていたらしいのですが、その話をしてトイレの回数を聞いたら、Mさんは「ああ、それで!」と納得した顔に。
 事業所に通うようになってからずっと、おしっこの回数がとても頻繁だったのですが、本人は「なんでもないです。水分を摂り過ぎただけです」と言っていたとのこと。でも、薬を飲み始めた頃からトイレの回数が激減して、今は普通の回数まで落ち着いているという話。
 それを聞いて、「ああ、よかったぁ!」と私も思わず言ってしまいました。
 昇平が恥ずかしくて話さなかったのと、自分の体調を充分モニターできなかったのとが重なって、ずいぶん長いこと病気を見逃していましたが、快方に向かっているので良かったです。

................................................

 事業所のスタッフさんの支援を受けながら、毎日頑張って通っている昇平。
 今日も新聞のポスティング業務があったのですが、「じゃあ、いってきます!」と元気な声で出かけていきました。
 昇平が元気に前向きになってきていることが、何より嬉しい今日この頃です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

ひとりで回転寿司屋へ行く

Sushiya


 1日の記事に、昇平がひとりで回転寿司屋に行きたがっていることを書いたのですが、昨日の昼、さっそく本当に行ってきました。生まれて初めての体験です。

 昨日は土曜日。昇平は事業所のイベントで、福島市内にある「御倉邸(おぐらてい)」という歴史的建物に行ってきたのですが、午前中で終了なので、その足で念願の回転寿司屋へ行くことに決めたのでした。
 その回転寿司屋は、駅前からバスで15分ほどの郊外にあります。実を言うと、昇平が通った単位制・通信制高校の体育の授業が、その近くの体育館で行われていて、3年間、昇平は月に1~2回のペースでその付近に行っていました。私たちが住んでいる場所は路線バスが走っていないので、修平は体育の授業に行くようになって初めてバスに乗れるようになったのでした。
 当時は回転寿司屋が近くにあることには気づいていなかったのですが、先日、郡山の私の実家へ行く途中、昼食に立ち寄って、「こんなところにあったんだ。自分でもバスで来れそうだから、今度ひとりで食べに来たい」と言い始めた――というのがいきさつです。

 いよいよ本当に行くと決めたとき、昇平は私にバスの時刻を調べておいてほしい、と頼んできました。
 そのうち、自分でも調べられるようになってもらいたいけれど、とりあえずは、私が調べてメモ。今は時刻表もネットですぐ見られるので便利です。
 併せて、寿司屋での受付の仕方や会計の仕方も別なメモに書いて渡しました。「ひとりだからカウンター席を申し込んだほうがいいよ。そのほうが早く順番が回ってくるし」とアドバイス。

 ところが、当日の12時頃、昇平から不安そうな声で電話がかかってきました。
「イベントが終わったから、これから寿司屋に行くつもりなんだけど、バス乗り場は○番でいいのかな?」
 えっ? と思って、いったん電話を切ってネットで調べてみたら、昇平が乗っていた頃と乗り場が変わっていました。急いでメールで知らせようとすると、その前に昇平からメールが入って、
「こんなところに○○行き(目的地)のバスがあった!」
と乗り場とバスの写真入りで送られてきました。その乗り場番号が正しかったので、
「そうそう。それでいいんだよ!」
と返信したら、
「ああ、よかった。それじゃいってきます!」
と元気な返信がありました。

 その後、無事に寿司屋に着いたと店の看板入りのメールが届き、30分ほど待ってやっと順番が回ってきたとメールが届き、「まずはツブ貝を食べた、うまい!」とメールが入り……。
 結局40分ほど店にいて12皿ほど食べ、私が渡しておいた割引クーポンも使って会計を済ませ、またバスと電車を乗り継いで、無事に家に帰ってきたのでした。
 ちなみに、こちらから渡したお金は、いつも通りの昼食代500円と割引クーポンだけ。オーバーした分は事業所からもらった工賃から支払っていました。うん、えらい。

 今まで家族や親戚と行っていた回転寿司屋に自分ひとりで行って、きちんと食べてこられた、というのは、昇平にとって非常に大きな自信になったようで、さっそく自分のブログにも書いていました。
   ↓
http://no826.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-3286.html

 ちょっと大人の仲間入りしたような気分になったのでしょうね。

 こんなふうにいろんな経験を積み重ねながら、社会で生きていく力をつけていってほしいな、と私も思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

今日から10月

Bluesky15_2
青空(撮影:昇平)


 今日から10月になりました。
 このブログもしばらく更新していませんでしたが、昇平は毎日元気に事業所へ通っています。
 (1ヶ月の日数-8日)の利用が目標になっているので、先月のように連休があると、土曜日はほとんど出勤になるのですが、文句も言わずに講義やイベントに参加しています。
 そういえば、先月は精神不安定でリスペリドンを頓服することが一度もありませんでした。気持ち的に前向きで、悩むようなこともめったになくなって、非常に良い感じです。

 毎週、水曜日と木曜日には、タウン新聞のポスティング業務をこなします。今日も、そのためにスーツではなくTシャツ・トレパンという格好で出かけました。
 ポスティングは委託業務なので、通常の工賃の他に、報酬として半日500円が上乗せされます。
 事業所からの工賃(+報酬)は、6月分、7月分、8月分と3回いただきましたが、彼のお小遣いとしてはとりあえず充分なので、私たちも経済的にかなり助かっています。
 昇平は自分の口座からカードで2~3千円ずつ引き出し、おやつや飲み物を買ったり、週末の昼食代の足しにしたりしているようです。性格的にある一定の金額は残しておきたい人なので、持ち金をぱーっと使い切ってしまうようなこともなくて、そういう面でも安心して見ていられます。

 彼は今度は自分でバスに乗って、一人で回転寿司屋に行ってお昼を食べたいと言っています。
 「自分でできそうだと思うなら、やってみてごらん」と私も言っています。
 さて、いつ実現するでしょう?
 この10月も、彼の変化や成長が楽しみです。


【写真の説明】
 昇平の個人ブログから拝借しました。事業所からの帰り道に撮影したようです。
 澄み渡った青空の写真が彼の心とシンクロするんだろうな、と思いながら見ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »