« いよいよ職業体験 | トップページ | ポスティング業務 »

2015年8月 4日 (火)

初工賃

 連日ものすごい暑さが続いています。
 特に、ここ伊達市や福島市は盆地なので、先月末からずっと36℃~38℃という猛暑の連続なのですが、昇平は暑さに負けることもなく元気に事業所に通っています。朝は駅まで歩き、帰りも半日だけの日には歩いて帰ってくることになっているので、すっかり日に焼けて赤銅色のたくましい顔になってきました。

 そんな中、初めての工賃が口座に振り込まれてきました。昇平が待ちに待っていた、「自分で稼いだお金」です。
 昇平が通っている就労移行支援事業所では、一日の訓練の日には千円、半日の訓練の日には500円を、工賃という名称でいただけます。今回の工賃は6月分で、日数が少ないのでそれほど多くはないのですが、訓練中に外部から請け負った作業をした分の賃金も含まれているのか、7千円が振り込まれていました。
 もちろん、昇平は大喜び。
 生まれて初めて自分の通帳とカードでATMを操作して3千円をおろし、自分の財布にしまいながら、「これから無駄遣いはしないことにする」と言っていました。
 事業所を利用するのと同時に、バイト代と称してあげていたお小遣いをストップしたので、ここしばらく金欠病だった昇平。やっと手に入った現金は、自分ががんばってきた証のお金ですから、きっと大事に使うだろうと思います。

................................................

 今週の半ばにはタウン新聞のポスティング(ポスト入れ)の仕事が始まりますが、その一方で、事業所が二本松市に持っているA型事業所のカフェで、接客の体験訓練も始まるようです。
 昇平がカフェで接客をする!
 これまで想像もしたことがなかったことですが、ビジネスマナーもただ机の上で習っただけでは身につかないわけで、生身の人間を前にして実際にやってみて初めて自分のものになっていくのだから、非常によい経験ができるだろうと思います。
 昇平も、「いろんな経験ができるからいいなぁ」と張り切っています。

 そんな昇平が最近よく口にするのが、「ぼくは現代に生まれてきて良かったと思う」ということば。
 障害があってもこんなふうに支援してもらえて、自立のための援助をしてもらえる。昔はこんなシステムは存在しなくて、多くの障害者とその家族、関係者が粘り強く働きかけてきたおかげで、法が整備され、システムが生まれてきました。昇平にもそのことを折に触れ教えてきたので、「今に生まれて良かった」と実感で思うようです。
 「たくさんの人たちに感謝だね」ということばもよく言います。

 社会や地域に支えられながら、昇平はこれからもっともっと、いろんな経験を積んでスキルを上げていくんだろうと思います。
 本当に、「支えてくれてありがとう!」と私も感謝の気持ちでいっぱいです。

|

« いよいよ職業体験 | トップページ | ポスティング業務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初工賃:

« いよいよ職業体験 | トップページ | ポスティング業務 »