« 少し忙しいほうが元気かも | トップページ | 意向調査 »

2015年7月26日 (日)

映画「ポケモン」と幼なじみ

 就労関係の記事が続きましたが、今日は日曜日なので、映画を観に行った話を。

 ここ何年か、夏には「ポケモン」の映画を観てきましたが、今年も昇平とL子ちゃんを連れて、「ポケモンXY~光輪の超魔神フーパ~」を観に行ってきました。
 映画そのものも、ストーリーは割とシンプルだったけど、けっこう楽しく観られました。映画館が涼しかったのも嬉しかったです。(今日の福島は最高気温が35℃を超えていました)

 でも、それ以上に面白かったのは(興味深かったのは)、久しぶりで会った昇平とL子ちゃんの様子。
 お友だち以上のものではないし、小学校の頃からのつきあいなので、今でもL子ちゃんがお姉さんぶることが多々。「昇平くん、行くよ」とか「昇平くん、○○してね」とか。
 でも、今年は昇平のほうでそれに対して、「そういう言い方は……。もうそんなふうに言われる年齢じゃないつもりなんだけどな」と小さい声で反論し、それに対してL子ちゃんが「あっ、ごめんね」なんて謝っていました。(でも、ついまた昔の調子で昇平にお小言いったりもするのだけれど)
 以前は昇平のほうがチョロ助で、L子ちゃんはどっしり落ち着いているように見えていたけれど、今になったら、昇平のほうが割と落ち着いていて、L子ちゃんはすぐにテンション上がる感じに見えました。まあ、L子ちゃんは、お友だちとのお出かけに興奮気味だったというのもあったんでしょうけれど。
 「昇平くんはあたしの大声が苦手なんだよね」「もし今またその声を出したら全力で逃げるからな」「わかってるよ」……なんて、本当にお互いよくわかってるよねぇ、なんて思う会話も車の中で交わしていて、私は運転しながら思わず吹き出しそうになりました。

 昇平は今、ひとりで福島市の事業所まで通っているけれど、L子ちゃんのほうは自宅にいて、歳をとってきたおばあちゃんに目配りをしたり、食事の支度を手伝ったりしているようです。おうちの中に役割はあるようだけど、家族以外と外出することはめったにないみたいで、今回の映画には本当に大喜びでした。
 映画が終わってからはフードコートで昼食を食べたのですが、家にいるお父さんやお母さん、おばあちゃんのお土産にするんだ、と言って、たこ焼きやお菓子も買っていました。
 昇平も優しい人間に育ったけれど、L子ちゃんも優しい人になったね、と嬉しく眺めました。

 毎年楽しみらしい「ポケモン」の映画鑑賞。
 2人が希望するなら、ずっと毎年通い続けたいと思うけれど、さていつまでできるのかな、と思わないでもありません。将来、昇平が就職してしまったら、映画どころじゃなくなるかもしれないし。
 2人の成長が嬉しいような、でもちょっぴり寂しいような、そんな気持ちも私は味わった、今回の映画でした。


【CM】
 「てくてく日記4・高校編」を、友人の沼太郎氏のご協力によりバックナンバーに収録することができました。
 よろしかったらご覧ください。

http://www.sets.ne.jp/~asakura/tekuteku/back_numbers/index.html

|

« 少し忙しいほうが元気かも | トップページ | 意向調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ポケモン」と幼なじみ:

« 少し忙しいほうが元気かも | トップページ | 意向調査 »