« 映画「ポケモン」と幼なじみ | トップページ | いよいよ職業体験 »

2015年7月30日 (木)

意向調査

 昇平が就労移行支援事業所に通い始めて1ヶ月が過ぎました。
 原則、週末の土日は休みですが、平日に病院に行ったり祝日があったりと、事業所へ行けない日があったので、それを補うために土曜日にも何度も行きました。バーベキュー大会のイベントもありました。

 その間、昇平は一度も「事業所に行きたくない」とは言いませんでした。
 今までと比べれば拘束時間も長いし、週末も思うように休めないのですが、それでも文句も言わずに、自分で「こことここの土曜日に事業所に行こうと思うんだ」と、カレンダーやスケジュールを書いた手帳を見ながら決めています。
 朝も、自分で起きることはできないけれど、起こせばちゃんと起きてくれます。
 初めのうちは、慣れない生活で疲れるだろうと思って、車で駅まで送迎していましたが、今は、朝と、半ドンの日の帰りは自分の足で歩いています。
 事業所では椅子に座っての研修や実習が多いので、せめて行き帰りだけは歩いて運動してもらおう、と思ってます。 実際、駅まで歩くようになって、体重がまた少し減りました。まだ理想体重よりは重めですが……。

................................................................................................

 そんな中、昨日は市役所の福祉課障がい福祉係の担当のYOさんが、自宅に来てくださいました。
 7月末まではいわばお試し期間なので、それが終わるのに当たって、現在の利用状況が本人に合っているかのアセスメントをするので、事業所側の希望と、利用者側のこちらの希望が合っているかどうかを確認するためです。

 まだ利用し始めて期間が短いので、他のところでどんな様子なのかよくわからないのですが、ここ伊達市は障がい福祉に対して、対応がきめ細かいと感じています。担当する方たちが親切だし、伊達市独自の障害者への支援がいろいろあるし……。もちろん、地域によって、もっと手厚いところもたくさんあるのでしょうが、少なくとも私たちは、「こんなにいろいろ対応してもらえるんだ! すごい!」というのが実感です。

 ちなみに、就労移行支援事業所に通っている間、伊達市では更正訓練費というものが出ます。最大でも数千円くらいの額ですが、1ヶ月間に15日以上事業所を利用しないと半額になってしまいます。
 事業所に通い始めてから、私たちから昇平へ「おこづかい」はあげないことにしたので、昇平は今、とても金欠病です。暑いので自販機で飲み物を買って飲むのですが、それだけで手持ちの金がどんどんなくなるので、危機感を覚えています。(ちなみに昼食はお弁当)
 早くお金が欲しい、早く工賃をもらいたい、と考えているので、この更正訓練費も事業所へ通うとてもよいモチベーションになっています。

................................................................................................

 さて、話を元に戻して、担当のYOさんからは、事業所から「これからもしばらく通ってもらって、様々な技能を身につけていってほしい」という意向があったと聞かされました。
 「昇平さんはどうしたいですか?」と聞かれて、昇平のほうも「しばらくは事業所に通っていろいろ覚えたいです」と返事。
 めでたく双方の意向がマッチして、来月からは本利用になると言われました。

 実際、事業所に通い始めてから、昇平の精神状態はとてもよくなっています。
 以前のように急にフラッシュバックに襲われて落ち込む事が激減したし、以前のようにゲームに没頭して心あらずという様子ではなくなったし、ブログは定期的に更新しているし、受け答えも以前よりしっかりしてきているし。
 自分でもそんな変化を感じるようで、「ぼくは前よりしゃんとしている気がする」などと言っています。
 やることがある。目標に向かって努力している。そして、少しずつでも向上できている。そんな実感が昇平を安定させて、前向きにしているんだろうなぁ、と思います。

 今日は相談支援事業員のYAさんがいらして、1ヶ月利用しての昇平の心情などの聞き取り(モニタリング)をしてくださいます。
 市役所のほうで、事業所と利用者の意向確認をして利用継続を承認して、相談支援事業員が微調整のための聞き取りをする――というところでしょうか。
 やはり対応が手厚い気がします。とても嬉しい限りです。
 一刻も早く子どもに就職してもらいたいご家庭だと、このシステムもまた違った受け取られ方をするのかもしれませんが、我が家は昇平が成長していく時間も見込みながら気長に利用するつもりなので、いいシステムだなぁ、と心から思います。

................................................................................................

 昇平は今日もまた元気に事業所へ行きました。
「世の中って、ぼくがこれまで思っていたほど極端なことが起きる場所じゃないのかもしれないね。穏やかで普通なことがいっぱいあって、中には嫌な人や困った人もいるけれど、困ったときに助けてくれる人もいるっていうことなんだね」
 最近、そんなことをよく言うようになっています。
「ぼくは事業所に行き始めてよかったと思う」
 とも。

 私もそう思っています。
 

|

« 映画「ポケモン」と幼なじみ | トップページ | いよいよ職業体験 »

コメント

昇平君は運が良かったと思います
就労支援の制度が変わった節目と言う事と
行っている事業所が新しいと言う事です。
変わり目と新しい所は、人が動いてくれる場合が多いし
新しい所には、この人なら・・と言う人が必ずいます。

良かったですね

投稿: さゆた | 2015年7月30日 (木) 15時34分

>さゆたさん

従来の制度でB型事業所に行くつもりだったご家庭の中には、今回の変更をとても不安に思う親御さんもいらっしゃるとか。
でも、我が家は、この新しい制度こそがずっと望んできたスタイルなので、本当にありがたいなぁ、と思っています。
そして、おっしゃる通り、動いてくれる人や頼もしい関係者がとても多いです。
昔からずっと感じてきたけれど、昇平はやっぱり「ラッキーボーイ」なんでしょうね。

投稿: 朝倉玲 | 2015年7月30日 (木) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意向調査:

« 映画「ポケモン」と幼なじみ | トップページ | いよいよ職業体験 »