« 昇平3行日記・11 | トップページ | 昇平3行日記・13 »

2010年12月20日 (月)

昇平3行日記・12

※全然3行で収まっていない3行日記。
※※内容が学校・家庭・療育医療にまたがってしまうので、「3行日記」というカテゴリーを新設しました。


12月13日(月)
 どんより曇った寒い朝。午後からは雨の予報。
 昇平は起きたときから不調で、着替えの途中でファンヒーターの前から動けなくなり、15分ほど寝たり、その後も「子どもたちは命なんてどうでもいいと思っているんだろうか?」といつものことばを言ったり、ゲームの人気を気にしたり。小一時間そんな感じだったけれど、「学校を休む?」と尋ねると、「それは嫌だ」と言う。だけど、やっぱり動けない。ところが、私がふとした拍子にポケモンの質問をしたら、それをきっかけに急に浮上した。ちなみにリスペリドン等は飲んでいなかった。その後、朝食を食べて車で学校まで送ったが、おおむね元気だった。8時40分頃登校。

 学校へ送る車の中で、こんな会話をした。
「お母さんは、てくてく日記を中学卒業と同時に終わりにするつもりだったんだけれど、昇平くんはどう思う?」
「……続けたほうがいいと思うな」
「でも、そうすると、昇平くんの高校生活の様子とか、いろいろ書かれてしまうようになるから、それは嫌じゃないの?」
「むしろ、ぼくがどんなふうにしているか、知ってもらったほうがいいよ。応援してもらえるかもしれないから」
 今回、ネットを通じて私たちを知る人たちが、たくさんのエールやメッセージを送ってくれた。昇平にも、それが大きな励みになっていたので、こういうことばが出てきたのだろう。「てくてく日記」は第4部「高校編」に続くことになりそうだ。

 学校では、イラストを描くために持っていったポケモン図鑑でL子さんと楽しくおしゃべりしたり、授業も1~3校時は教室で受け、疲れた4,5校時は図書室で受けて、というスタイルでできたので、とてもいい顔で帰宅してきた。
 夜になると、疲れが出るのか、不安定になったけれど、7時過ぎにリスペリドンを服用してまた元気になり、11時前には私と一緒に就寝できた。

---------------

12月14日(火)
 旦那が10日ぶりで公休。
 昇平は昨日は寝るまで元気で機嫌が良かったのに、朝になったら、またひとしきり落ち込んでしまった。ただ、今日は小学校の特支学級(ゆめがおか学級)とのクリスマス交流会があるので、比較的短時間で立ち直ることができた。雨模様だったので、私の車で登校。久しぶりで登校時間に間に合った。

 主治医が午後から出張だというので、午前中に私だけで病院へ行って状況を報告し、本人が副作用で眠ってしまうと思い込んで、朝にはリスペリドンを飲みたがらないことを話した。主治医も頭を抱えていたが、とにかく就寝時安定のために夜に服用することにして、朝は遅刻してもしかたない、ということになった。

 クリスマス交流会では、後輩の小学生たちと一緒に、ケーキ作りなどを楽しくできたらしい。9年間続いた地区の特支学級の交流会も、今回のクリスマス交流会ですべて終了。最後の交流が楽しくできて、本当によかった。

 ところが、下校時間に迎えに行くと、昇平はまた不安定になっていた。交流会から戻った後、5校時目が自習だったので、図書室のパソコンでネット検索をしたら、ひどい内容の書き込みを見てしまったんだ、と言う。家に帰ってから確認してみると、そこは○ちゃんねるのスレッドだった。そこの書き込みは意地悪な内容が多いから見ないように、と言ってあったのだけれど、検索からだったので、気がつかずに読んでしまったらしい。
 精神状態が良ければ、昇平が抱える心配や疑問は解決方向に向かっていく。ところが、不安な状況や疲労、精神的ショックに出会うと、たちまちふりだしに戻って、不安が無限ループを繰り返すようになる。抑鬱状態。あれこれ話し、○ちゃんねるのスレッドの見分け方も教えて、なんとか気持ちを落ち着かせることができたが、その後も寝るまでときどき不安定をぶり返していた。
 ただ、旦那が家にいたので、ゲームのことなどが話せて、それは嬉しそうだった。夜は8時にリスペリドン0.5ml(0.5mg)を服用。でも、飲んだからと言って眠くてしょうがないという様子は、やっぱり見られない。私と一緒に10時半頃に就寝。 

---------------

12月15日(水)
 今朝は起きたときからまた落ち込み、朝食中に落ち込み、朝食後にも落ち込んで、動き出すのにとても時間がかかった。8時になんとか自転車で家を出て、8時半頃到着したようだが、気持ちが不安定で、すぐに学校から電話をかけてきた。嫌なことが頭から離れないというので、鞄に入れたリスペリドンを飲みなさい、と言うと、さすがに今朝は承知した。薬への不安より、自分の状態のほうがつらかったらしい。しばらく図書室にいたい、と言うので、私のほうからも担任にお願いして、ほとんど一日中、図書室にいさせてもらった。
 連絡帳と本人の話によると、1校時目の国語は遅刻と不安定で受けられず、数学も落ち込んで無理、理科は理科室だったが理解できなくて寝ていて、社会と英語の授業は図書室で受けられたという。学習としては大きく遅れているけれど、それでも学校へ行けているから、これだけの授業が受けられている。これが今の昇平の精いっぱい。それでいい。

 ちなみに、今日はもうひとつトラブルがあった。下校の際に転んで自転車を壊し、自分で自転車屋へ持っていったのだ。自転車屋さんから電話をもらって驚いたけれど、怪我はなかったので安心した。トラブルにもあわてず適切な対処ができたことも良かった。自転車もちゃんと修理してもらえた。修理代は、後日私が支払いに行くことになった。

 私はなんだかとても疲れて、夜は旦那の帰宅を待たずに9時半頃に寝てしまった。昇平は少し不安定だったが、リスペリドン0.5mlを8時に服用して、10時半くらいには寝られたらしい。

---------------

12月16日(木)
 昨日よりは少し早く、7時50分頃に登校。ところが、8時25分になっても学校に到着しなかったようで、心配した担任から電話がかかってきた。やっぱり登校していくのに、普段より時間がかかっているようだ。これからは、朝家をでたら必ず学校へ電話を入れておこう。

 1~3校時目までは教室で授業を受けたらしい。特に、1校時目には久しぶりで体育にも参加できたという。ところが、4校時目あたりから嫌なことを頻繁に思い出すようになり、昼休み中の午後1時に私へ電話をかけてきた。しきりに不安を訴えるので、「3校時目まですごくがんばったから、疲れが出てきたんだよ」と話して、鞄の薬を飲むように言ったら、承知して7,8分で電話を切った。
 リスペリドンを飲んでも眠くならないとわかってきたので、以前のように服薬を拒否しなくなってきた。ちょっと安心。
 今日は6校時まであって、へとへとになって帰ってきたので、家庭学習はなしにして、ゆっくり休んでもらったら、夕飯の頃から元気になってきた。抵抗が少なくなってきたので、夜はリスペリドン1.0mlを服用。ずっと寝るまで安定していて、10時には一人で眠ることができた。

---------------

12月17日(金)
 いつものように朝は調子が悪いけれど、今朝は起きてすぐにリスペリドンを飲むことを承知してくれたので、0.5mlを服用。ときどき不安は顔を出すけれど、いつもより早く、7時45分には自転車で登校していった。遅刻はしたかもしれないけれど、授業開始には間に合ったんじゃないかな……。

 精神状態によって不安と納得を繰り返している昇平だけれど、ここにきて、心配事が集約されてきたので、それを記してみる。

1.昇平が今一番心配なこと
 自分が気に入ってやっている「ポケットモンスターBW(ブラック&ホワイト)」が人気あるかどうか。

 今回15年ぶりで新バージョンになった「ポケモン」。舞台もモンスターもすべて一新されたせいか、特に○ちゃんねる系で批判が起きているらしい。要するに、いわゆる「炎上」状態。まともな意見も反対意見に過激に反発され、押しつぶされているやりとりを目にして、昇平は大ショックを受け、「どうしてあんなひどいことを言う(書く)のだろう?」という疑問が無限ループを起こしている。
 調子がよいときには、それは少数意見だとか、そういうやりとりはまだ社会性の未熟なこどもたちのやっていることだとか、まともな思考判断ができるようになるし、そういう話も受け入れられるのだけれど、調子が悪くなると、それを思い出せなくなって不安になってしまう。
 不安は「どうしてあんなことを」という疑問と、「そういう批判の結果、ポケモンの人気がなくなって、廃れてしまうのでは」という心配の形で表出してくる。
 ネットで「ポケモンBW」の売上本数や、面白いと言っている人のブログやコメントを数多く見せることで、実際には好意的に受け止めている人のほうが圧倒的に多いことを教えているところ。


2.少し前まで心配だったけれど、最近は落ち着いてきたこと
 日本と朝鮮の間でいがみ合いになるのではないか。日本人が朝鮮人にひどいことをするのではないか。

 某動画サイトに韓国語でコメントをしてきた人に対して、「ハングルで書くな、○○!(<悪口)」「朝鮮撲滅!」などと反発した日本人ユーザーがいたことに大ショックを受け、日本人が朝鮮人や朝鮮に対してひどいことをするのではないか、と心配になる。中国や朝鮮で反日運動が起きたことを新聞やテレビで目にしていた後だったので、なおさら不安を感じたらしい。
 日本ではずっと韓流ドラマや映画が大ブームで、韓国に旅行したり、ハングルを習う人がたくさんいるのだということを、これもネットで調べて教え、その後、この書き込みがあった動画自体が削除されたことも確認したら、この不安は出てこなくなってきた。


3.少しずつ落ち着いてきたけれど、調子が悪いと復活してくる心配事
 ネットで「死ね」「殺す」「死刑」などというやりとりがあると、本当にその人が相手を殺すのではないかと恐ろしくなる。

 実際にはそんなことはできないこと、そういうことばが本当は別の意味を表していること(本当に言いたいのは、「黙れ」「あっちにいけ」「おまえなんか嫌いだ」という内容であること)、ことばがその通りの意味を持っているわけではないことを、繰り返し教えるうちに、少しずつ納得してきている。
 特に、昇平自身が以前は興奮するとすぐに「殺す」などと口にしていたので、そのときの心情を思い出させることで、「かっとなったときについ口から出てきてしまうことば」であることを認識させて、少しずつ整理をしているところ。ただ、調子の悪いときに昔の自分を思い出させると、そのまま自信喪失につながってしまうので、様子を見ながら話さなければならないのが難しいところ。


 以上が、最近昇平が調子が悪くなると決まって出てくる心配と疑問。対象はいろいろだけれど、心配の根本は同じものだと思う。不安を口には出さなくても、頭の中に悪口が浮かんできて動けなくなることも、しょっちゅう起きている。
 こういう不安は、自閉を持つ子どもにはしばしば起きると聞いていたので(同級生から「死ね」と言われて、本当に殺されるのではないかと恐怖に駆られて、学校へ行けなくなる等)、実際に目の当たりにすると、なるほどなぁ、という感じがする。ことばをまったく字面通りに受けとってしまうから起きること。しかも、自閉特有の視野の狭さやこだわりに、環境の問題や本人自身の自意識の芽生え・成長が絡んでくるので、症状が深刻化する。不安が無限ループを起こしているときの昇平は、強迫性障害(OCD)そのものだと思う。だから、それが悪化しないように薬で不安を抑えつつ、本人の心配を解きほぐしているところ。
 実際には、心配事の理解や整理はだいぶ進んできているのだが、不安や疲労が起きると、それが逆戻りする。だから、今は極力本人に無理がかからないように、様子を見ながら生活をしている。学校でもずいぶん昇平の状態に合わせた対応をしてくれるようになった。だから、遅刻しながらでも、学校に通うことができている。
 冬休みまで今日を含めてあと4日。今日が終われば週末も来る。――もう少しだ。

---------------

12月17日・続き
 リスペリドン0.5mlでは、やはり充分効かないらしい。学校で落ち着かなくて、2校時目始まってすぐに、自分から0.5mlを追加で飲んだのだが、その後、授業中に寝てしまったという。ただ、家で1ml服用したときには、特に眠くなる様子は見えない。ずっと不安に頭の中を支配されていた後だから、不安がゆるんで、ほっとして眠くなるのかもしれない。
 その後、3校時目の英語は、時々休みながら英語のワークを進め、4校時目には担任による国語の研究授業があったそうだ。研究授業には、校長先生と何人かの先生方が見に来られたらしい。昇平は落ち着いて授業を受けていたのだが、L子さんが騒いだので途中から図書室に移動したという。、寝ているところを起こされたり、たくさんの先生方が見に来たり、授業風景の写真を撮られたりしたからなんだよ――とは昇平の話。なるほど。まあ、いつものような授業風景を見てもらえたことになるのだろう。L子さんが騒いでもパニックにならずに図書室に移動できたのは偉かったね、と誉めた。
 彼らが卒業するまで、あと3カ月しかないけれど、それでも研究授業を行って、なんとか指導の手だてを見つけようとする学校の姿勢は評価したいと思う。
 今夜も一人で10時過ぎに就寝。「一緒に寝ようか?」と言ったら、「いや、自分一人で寝られるよ!」とあわてたように言ってきた。やっと、添い寝は恥ずかしい、という気持ちが戻ってきたらしい。

---------------

12月18日(土)
 今日は旦那の年内最後の公休の予定だったのだけれど、急に職場に休みの人が出て、夕方から出勤になってしまった。それでも、日中は昇平を遊びに連れ出してくれた。久しぶりの父子のおでかけ。
 私は義父母の昼食の支度があるので留守番したが、昼過ぎに帰宅した二人からクリスマスプレゼントをもらってしまった。昇平からはライトグリーンの「消せるサインペン」、旦那からはクリスマスバージョンのチョコレート・スイーツ。特に、昇平は自分のこづかいからサインペンを買ってくれていた。「この色にしたのはね、お母さんにリラックスしてほしかったからだよ。使ってね」という昇平のことばに、感激してしまった。
 朝のうちは少々不安定だった昇平も、お出かけから帰ってきてからは上機嫌で、嫌なこともほとんど思い出さないようだった。10時15分頃、一人で就寝。

---------------

12月19日(日)
 今日も朝から調子が良くて、嫌なことはほとんど浮かんでこない様子。ポケモンのアニメを楽しんだ後、午前中は家庭教師と数学を勉強。ちょっと集中度にかけたが、1時間がんばって勉強していた。午後は私と理科の天体のプリント学習。月の満ち欠けについてだったが、これも50分くらい、ちゃんと学習できた。いつもより疲れやすい状態が続いているが、機嫌は悪くないし、表情も明るい。
 自分から朝0.5ml、夕飯後に1mlのリスペリドンを飲み、たまに嫌なことを思いだしても「ポケモンの人気は誰かがちょっと悪口を言ったって、びくともしないくらいすごいんだよね」などと言って、自力で払いのけていたし、無性に不安が湧いてきたときにも、私が疲れて横になっているのを見ると「今はいいや」と自分でコントロールしていた。
 私は二、三日寝不足が続いていたので、夜10時前に就寝。昇平もそれから間もなく寝たらしい。
 来週は水曜日に終業式。昇平が待ちに待っていた冬休みが来る。本当に、もう少しだ。

---------------

☆てくてく日記への感想等はこちらへ→ 「療育掲示板」 http://www.sets.ne.jp/cgi-bin/asakura/ryoiku/light.cgi

|

« 昇平3行日記・11 | トップページ | 昇平3行日記・13 »