« 「勇者フルートの冒険28」エピローグ更新・シリーズ完結! | トップページ | 旦那の北海道一周旅行と息子の夕食当番 »

2023年9月17日 (日)

コロナで自宅療養中です

Img_1248_20230917132401

「勇者フルート」の物語を完結させてから10日あまり。

ブログにも自分のサイトの掲示板にも姿を現さなくなっておりましたが、実は新型コロナに家庭内感染してしまいました。

 

最初に体調がおかしくなったのは次男でした。

先週の火曜日に急に「喉が痛い」と言い出したので、念のため水曜日は仕事を休ませ、熱もないし元気もあるので木曜日にまた仕事に行かせたところ、その日の昼前から旦那が「喉が痛い、熱がある」と言い出しました。

しかも午後になって38度を超える熱に。

実は折しも長男が遅い夏休みをとって水曜日から帰省中。

このときにも「久しぶりに福島市内に遊びに行きたい」と言うので、長男を駅へ送ってきたばかりでした。

急いで指定薬局でコロナの検査キットを購入して検査してみたら、見事に旦那は陽性に。

ということは次男も?

長男もこのまま家にいさせてはうつるかも!

次男の退勤時間に合わせて福島駅前で2人をピックアップする約束にしていたので、急いで車で福島駅へ。

途中、ほとんど客がいないファミレスで早い夕食にして、長男はその夜のうちに関東のアパートに戻らせました。

久しぶりの帰省で、みんな楽しみにしていたのですが、仕方ない。

そうやってすぐ帰したのが功を奏したのか、長男が感染しなかったのは不幸中の幸いでした。

 

長男が帰ってから次男を検査したら、やっぱり彼も陽性でした。

症状としては、旦那は熱が38度~39度まで上がって少し咳も出たものの、呼吸が苦しくなるなどの症状はなし。

次男に至っては熱もなく、咳が少し出るようになったけれど、強い症状はなし。

ただ、次男はファミレスで夕食を食べたときから「味や匂いがよくわからない!」と言い出しました。

新型コロナは軽症であれば受診する必要はなく、陽性になった日を「発症0日目」として発症5日目まで自宅療養して(つまり、家から出ないようにして)、それで元気になれば6日目からはマスクをして外に出ても良くなります。

2人には家でおとなしくしてもらって、私が車で買い物にでかけたりしていました。

2人とも発症3日目くらいから目に見えて元気になって、5日目には咳もほとんど出なくなったので、6日目には自宅療養を終了することができました。

次男の味覚嗅覚障害も、徐々に改善して、今は気にならないくらいに戻ったようです。

 

が。

彼らが自宅療養4日目の日曜日、今度は私が喉がおかしくなってきました。

前日、念のために検査をしていたのですが、その時点では陰性。

これはうつったのかも、と思っていたら、夜になって喉が痛くなって発熱。

幸い旦那や次男がもう元気だったので、家事をバトンタッチして寝ていることにしました。

 

熱は一時38.9度まで上がりましたが、それは2日目くらいで37度台に。

ところが、私は旦那や次男ほどすんなり治っていかなくて、いつまでたっても体がだるい。

咳も痰も出るし、胸は痛いし、微熱もなかなか下がりません。

自宅療養5日目になってもそんな感じで布団から起きられないので、かかりつけの病院に受診をお願いしようと電話したところ、なんだかんだのやりとりの末、「うちの病院のかかりつけの条件は、毎月通院している患者さんであることで、あなたはその条件に合っていません。今日はかかりつけの患者だけを診る日なので、診ることができません」と言われて大ショック。

血圧やコレステロールの数値が思わしくなかった頃は毎月通院していたし、今も年に一回健康診断の結果が出たら、それを持って受診していたんですが。

それでも、かかりつけ医の病院ではないと!

 

でも、電話口で争っても仕方ないので(対応してくれている看護師さんだって、上から言われて伝えているのだとわかったし)、諦めて、別の大きい病院の、一般も診てくれる発熱外来に電話したところ、「現在大変大勢の患者さんがお待ちで、ものすごく時間がかかりそうです。大変申し訳ないんですが、近場の個人病院の発熱外来を受診していただくほうがいいのではないかと……」という返事。

あ~、こういうことか、と思いました。

要するに、今コロナの患者が急激に増えていて、かかりつけだと思っていた病院でも、別の大きい病院でも、発熱外来が大混雑。

医療崩壊とまでは行かないけれど、その手前まで来ていて、年に一度程度の患者にまで手が回らなくなっていたんですね。

「わかりました、様子を見ます」と言って電話は切ったものの、やっぱり微熱は続くし、咳もだるさも続く。

しかも翌日は土曜日で世間は三連休。

発熱外来も休みになってしまいます。

やはりこれは不安なので、ネットで一生懸命調べて、市内の個人病院で一般の患者を診てくれる発熱外来を見つけて電話しました。

受付の看護師さんに症状を詳しく聞いてもらって、「ドライブスルー方式なので夕方4時に自家用車で来てくださいね」と言われて、ほっと一安心。

それと同時に、以前デルタ株が大流行した頃の、命に関わる医療崩壊がどんなに患者にとって不安だったか恐怖だったか、少しだけ実感でわかった気がしました。

 

今現在指示されている「かかりつけ医による受診」のシステムは、やっぱり必要な患者をきちんとすくいあげていない気がします。

厚労省の皆様、もう少し現場に即してシステムを練り上げる必要がありそうですよ。

 

個人病院では改めてコロナ感染を確定してもらい、そこからまた5日間の自宅療養を言い渡されました。

そうして、今日で発症7日目。

薬も処方してもらったので、それを飲むと平熱に下がりますが、切れるとまた37度台前半の微熱が出ます。

咳と痰もまだ出るし、咳のしすぎか胸が痛い。

そしてなにより、体がまだすごくだるいのです。

短時間は起きていられるようになりましたが、疲れるのですぐまた布団に横になります。

 

家事は元気になった旦那が次男にも協力してもらいながらこなしているので、本当に助かります。

旦那は先日60歳になって職場を退職したばかり。

再就職のための活動は始めていますが、今すぐのことではないので、家にいて家事をしてもらえて、本当に助かっています。

 

本当は、9月になったらやりたかったことがいろいろありました。

親の会や保護者会の集まりも出席できなくて、他の役員さんたちにすっかりお任せしてしまったし。

本当に、いろいろ残念なのだけれど、こればかりはどうしようもないので、とにかく薬を飲んでおとなしく寝ています。

これが後遺症になって長引きませんように、と願いながら……。

 

Img_1239 

そんな中でも、ちょっとだけ良いことがありました。

旦那様と一緒にドライブしながら回った「ふくしま広域デジタルラリー」で抽選に当たって、二本松市の特産品詰め合わせが届いたこと!

ワインや玉羊羹、乾燥キクラゲ、桑の葉の粉末入りの麺や、桑の実ジャム、桑のお茶、凍み餅、キクイモの粉末……。

さっそく料理したいところですが、これも元気になってから。

今はとにかく寝ます。

はい、寝ます。

 

……玉羊羹だけはいただきました。美味しかった♪

 

 

 

 

 

 

« 「勇者フルートの冒険28」エピローグ更新・シリーズ完結! | トップページ | 旦那の北海道一周旅行と息子の夕食当番 »

日常」カテゴリの記事

コメント

やっぱりなぁ・・・流行ってますね。思っている以上に
病院の対応をきいてると
長男が年末に熱を出した時の対応を思い出して、なんともやりきれない気持ちです。
大変なのはわかるんです、病院のスタッフさんが疲れてるのもよく分かる
でも、熱も高いしとっても不安なんです。
朝倉さんが一番ひどく出てしまった(症状)のもなんか分かる。
ともかく、水分沢山とって安静に
必ず良くなるから。

>さゆたさん

流行っていますね。
夏休みやお盆で人の移動が増えたこともあって、急激に患者が増加しているようです。
今まで感染を免れてきた我が家でも、こうして全員ダウンしちゃったし。

かかりつけだと思っていた病院の看護師さんも
親身になって応対はしてくれていたんです。
症状もきちんと聞いてくれていたし。
ただ、受診について上の判断を仰いだときに
「年一回の受診ではかかりつけの範疇にはならないから、今日はだめ」
ということを言われたんですね。
すごく申し訳なさそうに、心配そうに、その旨を伝えてくれました。

その次の大きな病院でも、看護師さんはとても親身で(そして、テキパキしていて)
私の症状を聞いてから受診の状況を確認してくれたんですが
発熱外来が超満員でものすごく時間かかりそうだから、個人病院の方が……
という話。
「わかりました。このまま様子を見ます」と答えたら
向こうの方でもすごく心配してくれて
「時間はすごくかかるけれど、診ないというわけじゃないですからね。
具合が悪くなったら必ずまた連絡してくださいね」
と言ってくれました。

現場の看護師さんもドクターも、医療関係者のみんながギリギリ頑張ってるんだな、
それでも回らなくなってるから、どうしようもなくて、こういう対応になってるんだな
と改めて感じました。
それだけに、デルタ株の時の医療崩壊が身にしみたりして。

幸い、一般で診てくれる個人病院があって、本当に助かりました。
病院の入り口の目の前に発熱外来専用の駐車スペースが設けてあって
指定された時間に自家用車でそこに行くと、
窓を閉めたままで外から保険証をタブレットで撮影して受け付け。
さらにコロナかどうかの検査を行うんですが
私はたまたま受診したその日に自分でキットを使って検査をしていて
陽性反応になったキットがまだ手元にあったので
それをドクターに見せることで「コロナ感染確認」となりました。

隣の駐車スペースには
娘さんらしい人が運転する車で、高齢のご夫婦がきていたのだけれど
そちらでは綿棒を使った検査が行われていました。
検査結果が出るのに時間がかかるから、
そちらの車は私たちより長くかかってました。

診断してもらったあとは
電話で伝えた症状に従って薬を処方。
処方箋はすぐ隣の薬局に電送されて
私たちは車に乗ったまま病院の会計を済ませ
薬局の駐車スペースに移動して、そこでまた乗ったまま薬を受け取り会計を済ませました。
薬の説明も携帯電話を利用。
あ、病院に着いたときも、携帯から連絡。
なんというか
IT社会になったおかげで、こんな診察方法もありになったんだな~と
改めて思ったりもしたのでした。

やっぱり、娘感染してました。家のキットでは陰性だったのですが
安いうえに買ったのが随分前だったし
長男の時に「早めに検査しちゃうとスルーする人もいる(病原体が検査するにはすくなすぎる)」
って聞いていたんで(それで、熱もあって頭もグラグラなのに疑われた)
症状は37度~38度の間の発熱と喉痛
咳とか、食欲不振、頭痛もなくて比較的元気
咳はこれから出てくるだろうなぁ。
( ´Д`)=3 フゥ

>さゆたさん

さゆた家でも娘さんが感染しちゃったんですね。
本当に今また流行ってますよね。
経験から言うと、発症から2日目から3日目のあたりで症状が出そろう感じで
その後は落ち着いていきました。
旦那も昇平もそうで、私自身も主症状は落ち着いていったのだけど
微熱と倦怠感だけがずーっっと続いていました。
今は熱も下がったけど、倦怠感だけ続いてる。
咳はまだ少し出るかな。
娘さんは、すっと早く治るといいね。
さゆたさんたちもお気をつけて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「勇者フルートの冒険28」エピローグ更新・シリーズ完結! | トップページ | 旦那の北海道一周旅行と息子の夕食当番 »