« 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第44章更新 »

2022年6月13日 (月)

東沢バラ公園

Img_3117

土曜日、家族で山形県へドライブをして、村山市の東沢バラ公園に行ってきました。

山形県はここ福島県の隣の県ですが、バラ公園はまったく知りませんでした。

旦那様が目下はまっている「南東北周遊デジタルスタンプラリー」のチェックポイントになっていたので、「バラの季節だし行ってみよう」ということになったのでした。

 

Img_3120

行ってびっくり。

広い!

そしてバラの数と品種がものすごい!!

パンフレットによると、世界各国750品種のバラが2万株も植えられているそうです。

東日本のバラ園としては最大規模だとか。

公園はバラのいい香りでいっぱいでした。

 

とにかくいろんな色、形のバラが咲き乱れています。

ものすごくたくさん写真を撮ってしまったので、その中で写りが良かったものを片端から載せてみます。

Img_3134

チンチン。1978年にフランスで誕生した真っ赤なバラ。チンチンとはフランス語で「乾杯」という意味。

 

Img_3140

ジャルダン・ドゥ・フランス。これもフランス生まれのバラのようです。

 

Img_3142_20220613115001

バラの根元に名札がある株とない株があります。このバラも綺麗だったのですが、残念ながら名札が見当たらなくて名前はわかりませんでした。

 

Img_3138

マジック・メイディランド。こういう形は八重平咲きと言うようです。

 

Img_3147

こちらはレッド・メイディランド。赤い花の中央が黄色いのがかわいい。

 

Img_3252

ホワイト・メイディランド。こちらは白い花弁の中央が黄色。

バラの種類なんて全然知らなかったのですが、気に入った花をカメラに収めていったら、気がつかないうちにこのメイディランドという品種を多く撮っていました。

最初のほうに載せたようなバラらしい形のバラも好きなんですが、どうやら私はメイディランドのような八重平咲きのバラも好きらしいです。

 

Img_3257

生け垣になったホワイト・メイディランド。満開で綺麗でした。

 

Img_3156

色合いが気に入ったバラ。残念ながら名札がなくて名前がわかりません。

 

Img_3180

これも少しくすんだピンク色が綺麗。

若い頃はクリアな色合いの花が好きだったんですが、年齢を重ねるにつれて、少しくすみが入っていてグラデーションになっている花も大好きになりました。

 

Img_3181

これは名札がありました。ハニーブーケと言うそうです。なるほどハチミツ色。アメリカ生まれのバラです。

 

Img_3206

これもピンクと黄色がかったオレンジがグラデーションになって綺麗。でも名前がわかりませんでした。

 

Img_3151

メイディランドは平咲きでしたが、こういう形の咲き方はカップ咲きと言うらしいです。これも残念ながら名札が見つけられず。

 

Img_3153

園内にはバラを楽しむ人が大勢。晴れてきて少し暑くなってきました。

 

Img_3163

鮮やかな黄色が目を引くこのバラはインカ。ドイツ生まれのバラですが、インカ帝国の鮮やかな太陽をイメージしてつけた名前なのかな、と思いました。

 

Img_3234

Img_3233

こちらはまた色味の違う黄色のゴールデン・ボーダー。綺麗ですね~。フランス生まれのバラです。

 

Rose1

Rose2

つるバラのアーチもあります。バラの花がランプのように下がっていてかわいい。

 

Img_3216

名前はわからないけれど、鮮やかな赤い花が青空へ伸びやかに咲いていました。

 

Img_3248

池やドームがあってステキなたたずまい。公園全体どこへ行っても、本当にバラの香りでいっぱいです。

 

Img_3186

いかにもバラらしいバラですね。名前はわかりませんでした。

 

Img_3227

白いバラも綺麗に咲いています。これも名前がわからない。

 

Img_3244

これはアメリカ生まれのラブ。赤い花びらの裏側が白い色をしています。

 

Img_3242

これは花見川という日本生まれのバラです。地面に流れるように這って咲く様子は確かに川のよう。ステキな名前ですね。

 

Img_3237

さてさて、たくさんバラも眺めたし、少し歩き疲れたので、売店でバラソフトクリームを買って食べました。

色はほんのりバラ色。

食べるとしっかりバラの香りがしました。

 

さらに駐車場へ戻る途中で「どんどん焼き」という屋台も見かけました。

はて、どんどん焼き?

お正月に藁やしめ飾りを燃やして餅をあぶる「どんど焼き」というのは福島県にもあるけれど、それとは違うよね?

見ると、山形名物と書いてありました。

ほう、どれどれ。

「すみません、2本ください~」

すると、おばさん、熱い鉄板に小麦粉を溶いたようなタネを長い楕円形に伸ばして焼き始めました。

なんだか面白そうなので、あわてて許可を得て写真を撮り始めました。

Dondon1

おばさん、タネの上に青海苔と赤い粉(桜エビの粉?)と四角い海苔と薄切り魚肉ソーセージをトッピングします。

 

Dondon2

上手にひっくり返して…

 

Dondon3

割り箸2本でくるくるっと……え? なにこれ。面白い。

 

Img_3271

もう一本もくるくるっと。まるでフランクフルトかアイスキャンディーのような形になりました。

おもしろ~い。

 

Img_3274

帰宅してから調べたら、「どんどん焼き」は山形のソウルフードともいうべき、お祭りの定番おやつなのだそうです。

太鼓ををドンドン鳴らしながら売り歩いたからどんどん焼きと言われるようになったとか。

通常はソースを上から塗るようですが、ここではテイクアウトしやすいように、ソースはタレ瓶で別添えにしてくれました。

 

Img_3278

帰宅してからどんどん焼きをレンジで温め直して、山形の道の駅や直売所で購入した山菜やアスパラガス、郷土料理と一緒に晩ご飯にしました。

どんどん焼きはなるほど、食べやすいように箸でまいてスティック状にしたお好み焼きでした。

なかなかボリュームがあります。

その右上にあるのは「お麩の揚げ煮」。

麩を揚げて甘辛く煮てあるようです。

これも美味しかった。

その横のは赤飯まんじゅう。

どれもこれも福島ではあまり見かけない郷土料理です。

 

バラの花と香りを堪能して、道の駅では山形の郷土料理を買って味わって。

なかなか楽しいドライブになりました。

あ、もちろん山形名物の「玉こん」も購入しましたよ。

こちらは今夜の夕飯に出す予定です。

Img_3296

 

« 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第44章更新 »

旅行・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第44章更新 »

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ