« 我が家のゴミ減量の取り組み | トップページ | 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ »

2022年5月31日 (火)

「勇者フルートの冒険28」第43章更新

Flute_sendengon_20200805130201

勇者フルートシリーズ最終巻「勇者フルートの冒険28・闇の竜の戦い」第43章「攻防戦」をアップしました。

http://asakuratosho.sets.ne.jp/tosyo/flute/vol-28/index.html

 

ロムドの王都ディーラの攻防戦も激しさを増してきました。

そんな中、あんな人こんな人が部隊と共に援軍に駆けつけてきます。

長らく思い描いていたシーンもついに書きました。

長い連載の間には違う展開も考えたりしたのだけれど、結局は思っていたとおりになりました。

この先は、こんなふうに「予定していたシーン」を書くことが増えていきそうです。

物語はいよいよ終盤です。

 

なお、6月第1週は予定がいろいろ入っていて、執筆時間が充分にとれません。

次回更新は2週間後の6月14日(火)の予定です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今週の読者イラストはこちら。

Dalahan_sayuta

さゆたさんの「ダラハーン」です。

中央大陸の中東部に広がる大砂漠をラクダで行き交うキャラバンの、まだ若い隊長殿。

「フルート7・黄泉の門の戦い」や「フルート17・マモリワスレの戦い」でフルートやオリバンたちを助けてくれました。

今回の話でも実は関わりがあったのですが、物語の展開上、残念ながら書いてあげることができませんでした。

 

前回、占神に頼まれた「じいや」がユラサイ国の竜仙境へ飛竜の援軍を呼びに行くのですが、実は非常に短期間で戻ってきています。

通常は大砂漠の上を越えるのに時間がかかるし危険も伴うので、竜子帝などは大砂漠を回避して飛竜部隊を連れてきていました。

でも、じいやは先代の占神なので、大砂漠の近道を知っているダラハーンを見つけ出して、彼の案内で砂漠を短期間で飛び越えて援軍を連れて帰ってきたのでした。

ダラハーンが大砂漠の近道を知っていたのは、オリバンたちと砂漠を渡ったとき、同行していた占者のユギルが近道を見つけていたから。

それが巡り巡って、今、彼らの戦いの助けとなっているのでした。

 

本編に書くことができなかったエピソードなので、ここにダラハーンのイラストと一緒に載せておきます。

 

 

 

« 我が家のゴミ減量の取り組み | トップページ | 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ »

勇者フルート」カテゴリの記事

コメント

「8作目」の9の(三年間刑に服した後、)と10の(今から十三年ほど前のことでした。)
年数が合わない。
「28作目」の127の(この戦闘が終わったらサン男爵と話してみよう、とも考えます)
最後に「。」が無い。

>yuaくん

いつもありがとうございます。

まず、簡単な方から。
> 「28作目」 (中略) 最後に「。」が無い。
修正したときに「。」が抜けました。
ご指摘ありがとう。

> 年数が合わない。

いえ、合っているんです。
「フルート8」の9に書いてある文章は
(三年間刑に服した後、今はコーツ侯爵のお抱え占者になっております)
占い師のミントンはユギルを殺そうとした罪で3年間牢屋に入った後、
ロムド王から解雇されて、家臣のコーツ公爵のところで働くようになりました。
本文中には書いてないけれど、その状態で10年が過ぎたので
その結果、10に書いたように
(≪ミントンが≫新しい若い占者に地位を追い払われたのは、今から十三年ほど前のことでした。)
となるわけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家のゴミ減量の取り組み | トップページ | 発達障害をめぐる親のジェネレーションギャップ »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者のウェブページ

無料ブログはココログ