« 「勇者フルートの冒険28」第38章更新 | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第39章更新 »

2022年4月25日 (月)

道の駅ふくしまプレオープン

Img_2490

先週の土曜日の4月23日、福島市大笹生に新設された道の駅ふくしまのプレオープンに行ってきました。

グランドオープンは4月27日(水)。

上の写真は道の駅でもらったパンフレットの表紙です。

自分でも道の駅全体の写真は撮ったのですが、天気が今ひとつで写りがあまり良くなかったので、こちらを載せておきます。(^^;

 

Img_2443

道の駅ふくしまのロゴは、福島市内からよく見える吾妻山と、その中腹に春先に現れるウサギの雪形をモチーフにしたもの。

ウサギの雪形は「吾妻山の雪うさぎ」とか、春先の種をまく時期に現れるので「種まきうさぎ」などと呼ばれて親しまれています。

Img_2478

上の写真は昨日の吾妻山と雪うさぎ。

最近の暖かさで耳が短くなってきていますが、なんとなく雪うさぎの形がわかるでしょうか?

よくみるとうさぎにはちゃんと目もあります。

福島市民には本当に親しまれているので、福島市のゆるキャラも、この雪うさぎをモチーフにした「ももりん」といううさぎになっています。

 

だから、道の駅の中にも雪うさぎがいっぱい!

279071652_723950475456313_74086618781020

カフェYukiusagiの壁に雪うさぎの絵。

279153318_723950598789634_44750529247015

雪うさぎのパフェやアイスもあります。

福島市近郊は果物の一大産地なので、フルーツもたっぷりです。

Img_2448_20220425122501

今の福島は苺のシーズン。

店内には苺がたくさん積んでありました。

279109361_723950605456300_25199657024731

苺の箱には雪うさぎの顔。

別売りのフタをかぶせると、うさぎが苺を食べているようになるようです。

いいなぁ。かわいい♪

 

この後、福島の果物は、サクランボ、桃、杏、梨、林檎、ブドウ、柿、キウィ……と絶え間なく続いていきます。

この道の駅はフルーツラインと呼ばれる果樹園地帯の幹線道路沿いにあるので、果物狩りを楽しむついでに道の駅に回るのもいいですね。

 

店内には福島県全域の美味しいものもたくさん並んでいました。

 

278928996_723950535456307_28670161221585

福島市飯坂温泉や土湯温泉の名物「ラジウム卵」(温泉卵)。

 

279087081_723950295456331_55271387445666

ご存じ酪王カフェオレの商品いろいろ。

 

279109980_723950152123012_36772170768291

こちらもご存じ喜多方ラーメン。

 

279145920_723950345456326_62882587825461

福島県の地酒もずらり。

福島県は新酒鑑評会で金賞受賞数日本一を8連覇中です。

 

このほか、レストランやフードコート、屋内子ども遊び場、ドッグラン、レンタサイクル、シャワールームなどなど、充実の施設でした。

とにかく人が多くて、買い物するのにレジに並ぶのにも建物の外まで続く長蛇の列。

会計まで15分くらい並びましたが、誘導も上手だったので大きな混乱はありませんでした。

ただ、写真をゆっくり撮っている余裕はなかったので、上の写真も半分くらいは旦那様が撮影したものです。

 

そうやって並んで購入したのがこちら。

Img_2462

クリーム大福の「雪うさぎ」。

マスカルポーネ入りのクリームの中心に、白いうさぎには桃のピューレが、ピンクのうさぎには苺ピューレが入っています。

耳は抹茶入りのチョコレート。

かわいくて美味しかったです。

 

福島市民が待ちかねていた福島市郊外の道の駅。

たくさんの人が訪れて、福島の良さに触れてくれたらいいな、と思っています。

 

道の駅ふくしま公式サイト

https://m-fukushima.com/

 

« 「勇者フルートの冒険28」第38章更新 | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第39章更新 »

旅行・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「勇者フルートの冒険28」第38章更新 | トップページ | 「勇者フルートの冒険28」第39章更新 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

著者のウェブページ

無料ブログはココログ