« 手作りマスクケース | トップページ | 優しさと思いやり »

2021年3月 8日 (月)

昇平シリアルパンケーキを作る

Pancake

日曜日の朝、昇平が急に言い出しました。

「最近SNSでシリアルパンケーキってのが流行ってるんだよ。お母さんは知ってる?」

いや、初耳だわ。なにそれ?

検索してみたら、上の写真ようなものが出てきました。

やっぱり私は初めて見ます。

 

「これ、作ってみたいんだ。作り方を調べてもらえる?」

え、作るの? 作れるものなの? どれどれ……

あった、ありました。「クラ○ル」に作り方が。

ははぁ、パンケーキをとても小さく焼いたものなのね。

ざくざくたくさんある様子がシリアルっぽいから、シリアルパンケーキと呼ばれるんだ。

てっきりそういうシリアルが売ってるのだと思ったのですが、手作りするものだったようです。

 

動画で手順を見たら、作り方は普通のパンケーキと同じ。

ただ、ディスペンサーと呼ばれるボトルにタネを入れて、小さく焼くのがちょっと大変そう。

でも、昇平に見せたら、やっぱり「やってみたい!」と言うので、買物のついでに百円ショップでディスペンサーを買ってきました。

ダ○ソーでは「はちみつボトル」という名前になっていました。

 

その他の材料は家にありましたが、ホットケーキミックスの分量だけが、動画のレシピより多かったので、それに合わせて他の材料の分量を計算してあげました。

そこまでやったところで「はい、あとはどうぞ自分でやってね」

パンケーキは以前にも自分で焼いたことがあるので、できるはず。

ただ、困ったときにいつでも聞いてもらえるように、私は同じ台所で昼食のスープを作ることにしました。

 

Img_0387

上が材料を揃えてタネを作ったところ。昇平が撮影しました。

 

Img_0388

タネをディスペンサーに入れるのにかなり苦労しましたが、なんとかできて、パンケーキを焼いているところ。

レシピには直径2センチくらいとあるのですが、直径3センチ以上になったり、火加減が強すぎてちょっと焦げたり。

ひっくりかえすときにフライ返しにくっつくので、また一苦労。

しまいには菜箸を使ってひっくり返していました。

 

作り方としてはあまり難しくありませんが、数が多いので、とにかく根気がいる作業です。

「くっついた!」とか「もういいかな?」とか言いながら、全部焼き終わるまで30分以上。

就労支援事業所で働き始めてから、集中力や持続力がすごく伸びたなぁ、と改めて思いました。

 

Img_0380

最後にパンケーキをフライパンで温めながらバターを絡め、バターをのせて粉砂糖とはちみつをかけて出来上がり。

昇平と私と主人の3人で、シリアルパンケーキとトマトスープとトーストで昼食にしました。

 

シリアルパンケーキはふわふわで美味しかったです。

「たくさんあるから家族みんなでたべられるところがいいね」と昇平も大満足。

ご馳走様でした。(*^_^*)

 

« 手作りマスクケース | トップページ | 優しさと思いやり »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手作りマスクケース | トップページ | 優しさと思いやり »