2021年4月12日 (月)

この春おいしかった和菓子

Img_0523

 

Img_0824

 

福島県伊達市はソメイヨシノもすっかり散って、今は八重桜と桃の花盛りです。(写真は八重桜の南殿)

新型コロナのせいで大勢での花見はできませんでしたが、代わりに春らしい和菓子をいろいろ食べました。

その中でも美味しかったものをご紹介。

価格はすべて税込。2021年3月~4月時点のものです。

 

1.ヤマザキの串団子(3本入り1パック95円)

Img_0588

おなじみヤマザキの串団子。

三色とこしあんを家族3人でシェアしました。

スーパーのセールだと1パック100円以下で買えるのも嬉しいところ。

コスパのいい和菓子です。

 

2.桜餅(関東風・道明寺/それぞれ1個130円)

Img_0599

Img_0600

「桜餅は関東風派? 関西風派?」なんて聞くこともある桜餅。

もちもちしたクレープのような皮でこしあんを包んでいるのが、いわゆる関東風。(写真上)

餅米を砕いた道明寺粉で餡を包んでいるのが関西風。(写真下)

以前は福島県では圧倒的に関東風桜餅だったのですが、じわじわと道明寺の桜餅が進出してきて、今では比率が逆転しました。

息子と旦那様は道明寺のほうが好きだそうです。

私は道明寺も好きだけど、どちらかを選べ、と言われたら関東風のほうが好きです。

写真の桜餅は、郡山市に新しくできた農産物直売所「あぐりあ」で購入しました。

 

3.柏屋の「SAKURA MILK」(サクラミルク/9個入り864円)

Img_0523

Img_0526

日本三大饅頭に数えられる柏屋(本店:郡山市)の季節限定商品。

綺麗な桜の包み紙を開くと、箱の中に薄桃色のかわいいお饅頭が並んでいます。

皮にも中の餡にも桜の花が練り込んであって、食べるとふわりと桜の香りが。

上品な春の和菓子でした。

今年の販売は終了したようです。

 

4.つつみ屋の串団子(1本140円、桜餡だけ季節限定商品170円)

Img_0796_20210412105401

伊達市保原町の紅屋峠千本桜を眺めた後、同町内の団子専門店「つつみ屋」で購入しました。

つつみ屋は宮城県仙台市が本店なので、宮城県や福島県、山形県などあちこちに店があります。

棒状の餅を熱く輪切りにしたような団子に、いろいろな餡がたっぷり。

写真は向かって右から、ずんだ餡(枝豆を荒めに潰して砂糖と塩で味付けした餡)、こしあん3本、くるみ餡、桜餡です。

 

 

Yakushidou2021

Img_0830

ソメイヨシノは散りましたが、花びらの絨毯が敷き詰められた景色は美しいし、枝垂れ桜も綺麗です。

今現在は、福島県の会津地方からソメイヨシノが満開の頼りが届いています。

賑やかなお花見はまだ無理だけど、綺麗な花を眺めて、この時期ならではの美味しい和菓子を食べて。

ありきたりだけど「日本人に生まれて良かったな~」なんてしみじみ思っています。

 

2021年4月 5日 (月)

【桜の新名所 in 伊達市】紅屋峠千本桜

44b5b0fb336d475599c2cacfd510f476

福島県伊達市保原町に、紅屋峠千本桜森林公園という場所があって、毎年春には千本以上の桜がいっせいに咲き乱れます。

それは美しい眺めなのですが、比較的新しい公園なので、他の桜の名所ほどまだ知られていません。

穴場の名所です。

場所は柱沢小学校の北側の里山。

常設の駐車場の他、桜のシーズンには柱沢小学校のグラウンドも駐車場として開放されます。(無料)

 

Img_0770_20210405132501

Img_0755

紅屋峠千本桜の一番の特徴は「桜の里親制度」。

保原町が伊達郡だった頃は町民に、合併して伊達市になってからは市民に呼びかけて、桜の「里親」になってもらい、それによって桜を植樹したり管理したりして、桜の公園として整備してきました。

だから、綺麗に咲く桜の根元には、里親のお名前とメッセージの立て札があります。

コロナ禍の今なので「健康祈願」の立て札を写真に撮らせていただきましたが、家族の幸せ、世界の平和、子どもや孫の誕生記念、結婚○周年等々、いろいろな願いや節目のメッセージがあって、立て札を眺めていくだけで、たくさんの方の人生に触れているような気持ちになります。

 

Img_0778

場所の名前は紅屋峠千本桜だけれど、今ではもう千本以上の桜が植えてあるとか。

それが20年の時を経て立派な桜の木に育ち、見事に咲くようになりました。

ソメイヨシノが一番多いのですが、他にも河津桜や大山桜、楊貴妃、白妙、換算、花笠、関山、仙台屋と、いろいろな種類の桜が植えられていて、花の時期も種類によって違うので、ソメイヨシノが散った後も4月末くらいまで桜が楽しめます。

 

Img_0761

これは仙台屋という桜だったかな。

 

Img_0785

こちらはグラウンドで咲いていた枝垂れ桜。

 

Img_0772

足元を見ると、つくしもニョキニョキ。

早いな~。

今年は2月以降暖かい日が多かったので、桜も3月末に開花して、いっせいに満開になってしまいました。

例年は4月上旬から咲き出して中旬に見頃を迎えます。

 

D8c4c982f8814b7799bd1b8a0d3acbea

桜の間から東側を望む景色。

駐車場から桃畑の間の道を抜けた先にある四阿(あずまや)から見られます。

山の東側の斜面全体に桜が植えてあるので、阿武隈急行の電車の窓からは、山一面が桜色に染まって見えます。

一番目の写真の桜坂からは北側が望めるので、天気が良いと雪をかぶった蔵王山の頂を見ることができます。

 

Img_0796

桜を見ながらたくさん歩いたのでお腹が空きました。

帰り道、保原町の団子屋の「つつみ屋」さんに回ってお団子を買いました。

向かって右から、ずんだ餡、こしあん(3本)、くるみ餡、桜餡です。

桜餡は期間限定ですが、食べると桜の香りがして美味しかったです。(^^)

 

 

◆参考リンク◆

伊達市観光情報ポータルサイト「だてめがね」

「紅屋峠千本桜」

http://www.date-shi.jp/867

 

2021年3月29日 (月)

須賀川特撮アーカイブセンター&道の駅安達(下り線)

092eb72a988446b99135de9cf5f30c25

お彼岸は過ぎてしまいましたが、昨日、郡山市の両親の墓参りに行って来ました。

このご時世なので実家には立ち寄りませんでしたが、代わりに昨年11月3日に須賀川市にオープンした「須賀川特撮アーカイブセンター」を見学してきました。

上がその外観です。

 

須賀川市は、ウルトラマンシリーズやゴジラなどの怪獣映画シリーズの産みの親で、「特撮の神様」と呼ばれている円谷英二氏の出身地。

市内の沿線や駅前、空港などにはウルトラマンや怪獣のモニュメントもあります。

でも、特撮に使われたミニチュアやセットや着ぐるみは、時間と共に壊されたり散逸したりしています。

特撮も現在ではCGが主流になっていますが、日本の特撮は独特の発達を遂げてきた貴重な文化なので、それを後世まで伝えていくために、資料を保存展示する施設が作られたのでした。

理事長は「エヴァンゲリオン」などの作品で著名な庵野秀明氏。

ちなみに、市営なので入場は無料です。(素晴らしい!)

 

Sukaking

建物の壁に描かれた怪獣は、須賀川市のオリジナルで、シルエット怪獣”スカキング”と言うのだそうです。

大好物はキュウリ。須賀川市は全国屈指のキュウリの産地ですからね(笑)

本当なら大々的にオープニングイベントを開いて、全国の特撮ファンや親子連れに見に来てもらいたかったのでしょうが、コロナ禍のせいで大々的なPRもできず。

なんかちょっと残念です。

 

中も人はまばら。

入り口で検温、消毒、人数と年代とやって来た場所と市内でこれから立ち寄る場所を記入してから入場。

三密には全然ならないので、ゆっくり見て回れます。

安心だったけど、やっぱりちょっと残念。(^^;

 

0427313d6d0a436abe6f1d6fdb0e452c

なんと、スマホや携帯なら撮影はOKだそうです!

なんて太っ腹な施設なんでしょう。

ちなみに図書室には特撮に関する本がたくさん並んでいて、それも手に取って読むことができました。

 

C5c3cb85373d42c5a08d4d332e533e09

ホールでウルトラマンがお出迎え。

 

B8afe90f62f44fc18bf6a501a306c9f5

展示物。全部実際の撮影に使われた本物です。

怪獣などの着ぐるみは光が当たると劣化が進んでしまうので、陰で3Dスキャンして保存している最中だそうです。

「あっ、ジェットビートルだ! ウルトラホーク1号だ! シルバー仮面のマスクだ!」と旦那と私は大喜び。

私たちはそれで育ってきた世代です。(笑)

 

一緒についてきた息子は「ふ~ん」って感じで眺めるだけでした。(そりゃそうだね)

ただ、息子もミニチュアの戦艦や建物の作り込みのリアルさには感心していました。

あの時代はCGなんてなかったから、全部実物のミニチュアを作って、それを大写しで撮影していたんですよね。

こんなものを毎週作って、毎週壊して放映していたのか~と、感心を通り越して感動してしまいました。

どれくらいの時間と労力が費やされたものか。

すごい時代でした、本当に。

 

C5355b5415204c19ac3d43978dd84bdf

2階の視聴覚室では、1時間ごとに「巨神兵東京に現る」の映画が上映されていました。

失われ行く特撮技術の再現と継承のために作られた10分足らずの短編特撮映画で、企画は庵野氏、監督は「シン・ゴジラ」などで有名な樋口真嗣氏です。

上の写真はそこに登場する巨神兵の模型。

これを元に映画で使う巨神兵を作るのですが、模型からしてものすごく精巧です。

CGをいっさい使わずに、昔ながらの特撮技術を駆使して、現代に通用する作品を作る──というのがコンセプトだったようです。

 

映画そのものは「風の谷のナウシカ」のスピンオフで、巨神兵が地球上を破壊していく火の七日間を、東京を舞台に特撮で(つまり実写で)再現しています……が、そのメイキングも本編の後に流れて、いやもう、よくもこんなに作り込みますねと、とにかく感心の一言でした。

たった一瞬のビルや街の破壊シーン、ほんの数秒間の「それ」を表現するために、大の男たちが大勢集まって、ああでもないこうでもない。

こうやったらいい絵がとれるだろうか、こんなやり方はどうだろうか、と侃々諤々(かんかんがくがく)。

「ウルトラマン」を作っていた頃の円谷氏たちもこんな感じだったんじゃないかな~と思いながら眺めました。

職人技です、本当に。

 

432ec120dbc64248a6bd2cf394fac0df 

映画で使われた公園のミニチュアが2階に展示してありました。

とても細かくリアルに作られています。

映画を観てから展示してある資料を見ると、またさらに感動します。

子どもの頃、テレビで放映される特撮番組を毎週楽しみに観ていたし、夏休みや冬休みには「東映まんが祭り」で怪獣映画を観てきたけれど、その陰にはこんな努力の積み重ねがあったんだなぁ、とつくづく思いました。

CGでは出せない手作りの味であり、人間が生み出す工夫の味わいなのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

須賀川から伊達市への帰り道、国道4号線沿いにある「道の駅安達(あだち)下り線」に立ち寄りました。

産直コーナーやイートイン、コンビニなどが入っていて、物産コーナーには地元の商品がずらり。

道の駅がある二本松市は日本酒で有名なところなので、地酒コーナーはものすごい充実ぶりです。

Img_0621

Img_0626

Img_0625

Img_0622

Img_0623

賞を取った酒、昔から愛されてきた酒、飲みやすい小さいサイズ、若い人や女性にも飲みやすい日本酒、などなどなど。

ちなみに、私は大七生酛が大好きです。

奥の松はスパークリング日本酒が軽い口当たりで人気。世界的な賞も何度も受賞しています。

人気一酒造は、先の訪ねた須賀川市のウルトラマンや怪獣とコラボした日本酒や果実酒などをいろいろ出しています。(写真撮り忘れ)

千功成は地元でずっと愛飲されているお酒です。

四つの酒蔵のトートバッグも売っていました。

Img_0627

 

「私は日本酒は苦手」という方には和菓子はいかがでしょう。

Img_0628

二本松市は城下町なので、昔から和菓子も有名なところで、いろいろな種類のお菓子が並んでいます。

 

入り口のパン屋さんでは焼きたてパンがいい匂いをさせています。

Img_0629

Img_0630

Img_0636

 

ワクチンが行き渡ってコロナ禍が落ち着いたら、ぜひ須賀川市の特撮アーカイブセンターや道の駅安達においでくださいませ。

 

須賀川特撮アーカイブセンター

所在地:〒962-0302 須賀川市柱田字中地前22番地

電話:0248-94-5200

開館時間:午前9時から午後5時まで

休館日:火曜日(火曜日が国民の祝日のときは翌日)、12月29日から1月3日まで ※資料整理などで臨時休館となることがあります。

 

道の駅安達(下り線)

道の駅安達(上り線)

 ↑上り線のほうにも美味しいものがたくさんあります。

〔上り線〕
二本松市下川崎字上平33-1
TEL:0243-61-3100


〔下り線〕
二本松市米沢字下川原田105-2
TEL:0243-24-9200

2021年3月22日 (月)

地震と押し入れの整理

202103202

 

先週の土曜日の午後6時9分、「さあ、そろそろ夕飯にしようか」とコタツから立ち上がったとたん、スマホや携帯がいきなり鳴りだしました。

「ピュイピュイピュイ 地震です! ピュイピュイピュイ 地震です!」

緊急地震速報!!!

 

これを聞いたとたん、我が家の人間はいっせいに動き出しました。

私はスマホを取り上げ、ファンヒーターを止めながら玄関へダッシュして、ドアを開けて避難路の確保。

旦那は携帯や免許証などが入ったポーチを取り上げ、やはり玄関へ。

昇平も自分の部屋から飛び出して玄関に来ました。

 

というところに始まった揺れ。

体にはっきり感じる横揺れで、しかもどんどん強くなっていきます。

これは危ない、というので階段を駆け下りてアパート前の駐車場に避難しました。

地震のときにはすぐに外へ飛び出さずに身の安全を図る、というのがセオリーですが、私たちが暮らす部屋は2階にあって、しかも脱出口が玄関しかないので、ここから出られなくなると避難できなくなります。

アパート前の駐車場はそこそこの広さがあって安全が確保できるので、地震のときには可能な限り外へ避難するのが習慣になっています。

 

長い揺れでした。

目の前でアパートの建物が揺れているのがわかります。

10年前の東日本大震災にも似た揺れ方で、屋根瓦が落ちるのでは、と心配しましたが、幸いそこまでひどくなることはなく収まっていきました。

アパートの他の部屋からも驚く声が聞こえていました。(でも、結局誰も外には出てきませんでした。我が家が過剰反応……?)

 

収まったようだね、と話し合って部屋に戻ると、若干の影響がありました。

冒頭の写真のように、旦那様の整理ダンスの上でコレクションのフィギュアなどが崩れていたし、押し入れにしまってあった私の古い手帳(日記が書いてあるので保存してある)の箱が落ちて中身が飛び散っています。

先月の福島県沖地震ほどの被害はありませんでした。


202103201

 

伊達市は震度4との発表がありましたが、もうちょっと強かったような気がしました。

でも、被害がほとんどなかったのだから、やっぱり震度4なのかな。

今回の地震は宮城県沖。

しかも牡鹿半島のすぐ東なので、たちまち津波警報が出ました。

その後、津波と呼ぶほどの潮位の変化はなく、1時間半ほどで津波注意報も解除になりましたが、その間の緊張感は10年前を思い出させました。

大きな被害がなく、津波も起きなくて、本当に良かったです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日曜日。

他にも押し入れの中で荷崩れを起こしていたものがあったので、百円ショップで整理ボックスを買ってきました。

いつの間にか増えたモノが、置き場所がきちんと定まっていなかったために、地震で落ちて崩れたのです。

それならば、ちゃんと置き場所・収納場所を決めましょう、というわけ。

押し入れの上段の棚には家族ひとりずつのボックスが置いてありますが、そこに箱を追加して、文具類のストックと私の昔の論文や本などを入れることにしました。

押し入れなのでちょっと暗い写真ですが、こんな感じになりました。

 

202103203

 

うん。天井との隙間があまりない状態にできたから、少しの揺れでは落ちないことでしょう。

たぶん。

 

最近、また地震が増えてきました。

東日本大震災の余震が続いているのだといいます。

そうでなくても、日本はとにかく地震が多い国。

備えておいて間違いはないし、緊急地震速報と同時に避難を始める習慣も、きっと間違ってはいないのだろうと思います。

ちなみに、家族がばらばらの状態で被災したときに落ち合う場所(=避難所)も、家族でしょっちゅう確認しあってます。

地震なんて起きないほうがいいのだけれど、起きたときは対策を見直すときと考えて、前向きにいこうと思っています。

 

2021年3月19日 (金)

「勇者フルートの冒険」外伝27公開

Flute_sendengon_20200805130201

「勇者フルートの冒険」外伝27「王の樹」を公開しました。

http://asakuratosho.sets.ne.jp/tosyo/flute/ss-27/index.html

 

本当は外伝をもう一つ書くつもりでしたが、内容的に次の本編に組み込めるとわかったので、次の作品は「フルート28」になります。

いよいよ「勇者フルートの冒険」シリーズも最終巻です。

準備時間をもう少しだけいただいて、4月には連載を開始したいと思っています。

それまで、もうしばらくお待ちください。

今回の外伝も、お楽しみいただけたら嬉しいです。(*^_^*)

 

 

 

2021年3月15日 (月)

優しさと思いやり

Whiteday2021

昨日3月14日はホワイトデーだったので、バレンタインデーのお返しに昇平がクッキーとメッセージカードをくれました。

「お母さんはお返しに何がいい?」と聞かれたので「シンプルなクッキーがいい」と答えたら、これを選んできてくれたのでした。

美味しかったです。(*^_^*)

 

昇平は最近ずっと安定しています。

時々社会や他人の言動に悩むことはありますが、私と話し合う中で、少しずつ折り合いを付けてきているようです。

就労支援事業所での仕事もがんばっています。

週に3日は支援員と数人の仲間で工場へ行って、ホームセンターの商品の仕分けや、店舗ごとにトラックに乗せるための台車への積み上げ作業をこなし、残りの日は事業所の事務所で内職作業をしています。

仕事の内容にもすっかり慣れたし、集中力も持続力もついたので、安定した勤務状況になっています。

 

とはいえ、まったくなんの支援もなしに一般企業に就労できるかというと、彼の能力ではちょっと無理。

本人が仕事を覚えるまでしっかり教えてもらえて、さらに何か困ったりわからなかったりしたときにすぐ聞くことができる環境。

本人がわかる形で指示を出してもらえたり、混乱しないようにシンプルに提示してもらえたりするような支援。

そういう職場が必要なのですよね。

それがなかなか難しいです……特に地方では。

 

昨夜は旦那様が不在で、私と昇平の二人だけでした。

夕食にパスタ入りのトマト鍋を作ったら、昇平が「お父さんにも残しておいてあげようよ」と言い出しました。

お父さんにも食べさせてあげたいから、と。

 

その後、私が本を読んでいたら、9時半頃に昇平が茶の間に顔を出しました。

「何か用?」と聞いたら

「お母さんが寝てるんじゃないかと思って見に来たんだ……そろそろお風呂に入る時間だと思ったから」という答え。

普段はこんなことはしません。

旦那様がいないので、私が寝ていたら「お風呂に入ったら?」と起こしてあげようと、わざわざのぞきにきてくれたのでした。

 

将来の不安はまだあるけれど、こんなふうに優しくて他人を思いやれる人間に育ってくれたことを、とても嬉しく思っています💓

2021年3月 8日 (月)

昇平シリアルパンケーキを作る

Pancake

日曜日の朝、昇平が急に言い出しました。

「最近SNSでシリアルパンケーキってのが流行ってるんだよ。お母さんは知ってる?」

いや、初耳だわ。なにそれ?

検索してみたら、上の写真ようなものが出てきました。

やっぱり私は初めて見ます。

 

「これ、作ってみたいんだ。作り方を調べてもらえる?」

え、作るの? 作れるものなの? どれどれ……

あった、ありました。「クラ○ル」に作り方が。

ははぁ、パンケーキをとても小さく焼いたものなのね。

ざくざくたくさんある様子がシリアルっぽいから、シリアルパンケーキと呼ばれるんだ。

てっきりそういうシリアルが売ってるのだと思ったのですが、手作りするものだったようです。

 

動画で手順を見たら、作り方は普通のパンケーキと同じ。

ただ、ディスペンサーと呼ばれるボトルにタネを入れて、小さく焼くのがちょっと大変そう。

でも、昇平に見せたら、やっぱり「やってみたい!」と言うので、買物のついでに百円ショップでディスペンサーを買ってきました。

ダ○ソーでは「はちみつボトル」という名前になっていました。

 

その他の材料は家にありましたが、ホットケーキミックスの分量だけが、動画のレシピより多かったので、それに合わせて他の材料の分量を計算してあげました。

そこまでやったところで「はい、あとはどうぞ自分でやってね」

パンケーキは以前にも自分で焼いたことがあるので、できるはず。

ただ、困ったときにいつでも聞いてもらえるように、私は同じ台所で昼食のスープを作ることにしました。

 

Img_0387

上が材料を揃えてタネを作ったところ。昇平が撮影しました。

 

Img_0388

タネをディスペンサーに入れるのにかなり苦労しましたが、なんとかできて、パンケーキを焼いているところ。

レシピには直径2センチくらいとあるのですが、直径3センチ以上になったり、火加減が強すぎてちょっと焦げたり。

ひっくりかえすときにフライ返しにくっつくので、また一苦労。

しまいには菜箸を使ってひっくり返していました。

 

作り方としてはあまり難しくありませんが、数が多いので、とにかく根気がいる作業です。

「くっついた!」とか「もういいかな?」とか言いながら、全部焼き終わるまで30分以上。

就労支援事業所で働き始めてから、集中力や持続力がすごく伸びたなぁ、と改めて思いました。

 

Img_0380

最後にパンケーキをフライパンで温めながらバターを絡め、バターをのせて粉砂糖とはちみつをかけて出来上がり。

昇平と私と主人の3人で、シリアルパンケーキとトマトスープとトーストで昼食にしました。

 

シリアルパンケーキはふわふわで美味しかったです。

「たくさんあるから家族みんなでたべられるところがいいね」と昇平も大満足。

ご馳走様でした。(*^_^*)

 

2021年3月 1日 (月)

手作りマスクケース

46f74137be85444399f8d43cb53bb00a

息子が食事時などにマスクをしまうのに使っていたマスク袋が傷んできたので、動画を参考にして、私でも作れる簡単なマスクケースを手作りしてみました。

 

1.【材料】クリアファイル、両面テープ、カッター、はさみ、カッター台(厚紙でもOK)、油性サインペンかボールペン、定規(クリアファイル1枚からマスクケースが2つ作れます)

Acab40b0416240b48c5e7ae1b9ce5c97

 

2.クリアファイルの下をカッターで切り取り、さらに真ん中から2つに切り分けて線を引きます。(透明なほうのシートを使っています。)

66458987fb374f6c96998dfb555d47ca

 

3.設計図としてはこんな感じ。

Sekkeizu_20210301113701

 

4.上の設計図の通りに切り取ります。器用な人はカッターで切り抜くと綺麗にできます。私は不器用なのではさみでチョキチョキ。ふたや本体の切れ込み(点線)はまだ入れません。

Caf76c567e304c3fbe8cd5cd3e903e91

 

5.目打ちと定規で線の上をしっかりなぞって折り筋をつけます。目打ちがなければカッターの刃の背の部分で筋を付けます。(怪我に注意)

Dcbf49672e254b62ac09c24b762349e7

 

6.折り筋をつけました。

E3d56d3bb8694258b0793ee895598779

 

7.本体(前)に接するのりしろの部分に両面テープを貼ります。

4c60901c5f4244899bb8b997bba9e239

 

8.本体の前と後ろを両面テープで貼り合わせたら、ファイルの半円の部分を利用してふたに線を描きます(見えるかな?) カッターで切り込みを入れ、本体(前)の同じ位置には直線の切れ込みを入れます。本体(後ろ)まで切ってしまわないように、間にカッターマットや厚紙を挟んで切ります。

0c8dc849615f4c748e106c0c7d3b1389

 

9.これで出来上がり。角が痛くないように、はさみでカットして少し丸くします。

84a642cdcd5347a5920abf0d992c2d9a 

 

10.マスクを入れたところ。

871ec7f51a6e438bac0844d87aeef26e

 

11.もうひとつ作ってみました。こちらは自分用です。

46f74137be85444399f8d43cb53bb00a

福島県葛尾村のゆるキャラ「しみちゃん」のマスクケースです(笑)

自分の好きながらのクリアファイルで作るのも楽しいですね。

 

透明な方のマスクケースを息子に渡したら、喜んでもらえました。(*^_^*)

旦那様はいつもマスクを二つ折りにしてポケットにしまうので、ケースはいらないのだそうです。

 

2021年2月22日 (月)

国見町応援ドライブ

Img_0223

上の写真は東北自動車道路下り線の国見サービスエリアにある名物「蛇口から桃ジュース」です。

福島県の北端にある国見町は、福島県の中でも特に桃の生産が盛んなエリア。

サービスエリアのリニューアルに合わせて、蛇口から桃ジュースが出てくる巨大桃が設置されました。

 

というところで、訪問ありがとうございます。

朝倉玲です。(^^)

 

大きな地震があってからちょうど1週間がたちました。

幸いなことに、我が家の被害はそれほどひどくなかったので、後片付けもすっかり終わりました。

でも、被害が大きかったり、後片付けがまだ終わらなかったりするところもたくさんあります。

震度6強の揺れに襲われた伊達郡国見町もそのひとつ。

そこで、復旧応援のために家族で買物ドライブに出かけることにしました。

 

79337744c41f45089accaf3d5bd13fee

最初に行ったのが、蛇口から桃ジュースがある国見サービスエリア(下り)。

横にあるスイーツ屋さんでお金を払ってカップをもらい、手を消毒してから自分で蛇口からジュースを注ぎます。

 

Aa1ee4b4c99c4a13a1035d235f0fa143

こんな感じ。

Mサイズくらいのカップで税込380円。

おかわりはNGです。

この日の桃ジュースは福島の主力品種の「あかつき」100%だったようです。

さっぱりした甘さで美味しかったです♪

 

10c8241ca5d34f5fa4b47bb8fc697528

さらに、同じスイーツ屋さんで売っていた国見生どら(ホイップ&桃入り)。

伊達市の和菓子屋さんの人気商品ですが、これは国見サービスエリアの焼き印が入った限定品です。

あっ、神獣べこのガチャガチャもある!

さっそく回したら、頭が三つの赤べこ「ケルベコス」が出ました。

以前にもちょっと触れたことがありますが、会津の郷土玩具赤べこを神獣(魔獣?)にしたガチャガチャで、密かに人気があります。

わ~い、やっと手に入った!

 

 

Img_3142

さらに、このサービスエリアでは「凍天(しみてん)」という隠れた人気スイーツも売っています。

元々は福島県は浜通りの南相馬市原町で長年愛されてきたご当地スイーツでした。

揚げドーナツの中身はよもぎ入りの凍み餅で、サクサクふわふわの衣と柔らかな餅の食感が絶妙です。

ところが10年前の原発事故で工場は移転を余儀なくされ、その後、福島市内などに工場や店を移してファンを増やしてきたのですが、やっぱり売り上げは震災前のようには回復せず、2年前に惜しまれながら廃業したのでした。

 

けれどもファンはやっぱり凍天が食べたい!

根強い人気に応えて、昨年ここのサービスエリアの串焼き屋さんで凍天が復活・販売されるようになりました。

全国でも、現在凍天が買えるのはこの国見サービスエリア(下り)だけなので、わざわざ高速に乗って凍天を買いに来る人も少なくありません。

かくいう我々もそうで、この凍天と桃ジュースのために1区間だけ高速に乗りました。(^^;

 

5425923d8ce441958bc2ba90d5c7f6b0

これが凍天。

中の緑色は、あんこのように見えますが凍み餅、つまりお餅です。

衣も餅もほんのり控えめな甘さ。

先ほどの桃ジュースとの相性も抜群です。

時間が早かったこともあって、できあがるまで20分待ちましたが、揚げたて熱々は特に美味しくて、待つ価値は充分にありました。

その間も凍天を買いに来るお客さんは途切れませんでした。

大人気です。

施設内もあちこち見て回りましたが、福島県の特産品をメインにとても上手に展示してあって、見て回るのも楽しいサービスエリアでした。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

Img_0247

高速道路を白石インターで降りて国道4号線を引き返し、次に立ち寄ったのは「道の駅 国見あつかしの郷(さと)」です。

震災後にできた新しい道の駅なのですが、先週の地震で中の商品に大きな被害を受けてしまいました。

店内にパネルが展示してありましたが、こんな感じだったようです。

 

Panel

商品散乱。酒瓶は割れてめちゃくちゃ。

さすがに地震後は休業していましたが、金曜日に野菜の産直コーナーが、土曜日にフードコーナーが再開したという情報が流れてきたので、応援のために訪れたのでした。

 

Img_0251

産直コーナーは、まだ品揃えは本格的ではありませんでしたが、綺麗な苺がたくさん並んでいました。

 

Img_0250

物販コーナーは、月曜日の再開を目ざして、スタッフが急ピッチで商品を並べていました。

並んでいる分はもう購入することができました。

 

Img_0249

割れずに無事だった酒を「震度6強を乗り越えた勇者たち」と称して、定価販売していました。

確かに縁起がよさそうです。

 

8cb2d70f2bc743ca83a9e19ec99281ba

昼時だったので、ここのファーストフードコーナーで昼ご飯にしました。

新型コロナ対策のため、テーブルは思い切り離してあって、一つに2人までしか座れず、さらにテーブルの真ん中にアクリル板が立ててありました。

う~ん、完璧。

 

この道の駅の名物は、サバの味噌煮と野菜を挟んだ「国見バーガー・クラシック」です。

えっ、サバの味噌煮のハンバーガー!? と驚くなかれ。

これが本当に美味しいんです。

 

国見町には佐久間商店という魚屋さんがあって、ここのサバ味噌は骨まで柔らかく食べられると大人気。

それをハンバーガーにすることを思いついてイベントで提供していたところ、口コミでどんどん人気が広がって、とうとう道の駅で常時販売されるようになった、という逸品です。

他にチキンやサルサソースチキンのハンバーガーもありますが、私はここで食事をするときには、いつもサバ味噌を挟んだ「クラシック」一択です。

甘めの柔らかいサバ味噌とシンプルなバンズの組み合わせは絶妙。

道の駅 国見あつかしの郷に立ち寄ることがあれば、ぜひお試しください♪

 

他に野菜やお菓子も購入して帰宅。

距離としてはそれほど長くなかったのですが、美味しくて充実したドライブでした。

 

【おまけ写真】

49234dc0e9fe4f698caede9d789fd671

神獣べこ「ケルベコス」(三つ頭の地獄犬ケルベロスのパロディですね)

私の机の上で三方ににらみをきかせてます(笑)

 

2021年2月17日 (水)

創作小説サイト「アサクラ私立図書館」をリニューアルしました

Tosyotop_20210217134101

先週末の2月13日に、アサクラ私立図書館のリニューアルを行いました。

私がこれまで書いてきた小説と家族の作品を集めた、創作小説のサイトです。

月曜日にお知らせするつもりでいたのですが、思いがけず大きな地震があって、お知らせが今日にずれ込みました。

 

当サイトの看板作品である「勇者フルートの冒険」シリーズの他、短編、中編、長編、ジャンルも恋愛小説、SF、ファンタジー、推理小説といろいろな作品が揃っております。

ジャンルは様々ですが、基本はエンターテインメント。そして、「ハートフル」と「ファンタジーチック」というのが私の作品の共通点かな、と今回再編集していて思いました。

少し専門的な話になりますが、サイトの大半をHTML5という形式に作り直しましたので、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも読みやすくなったと思います。

お好きな作品を読んで楽しんでいただけたら幸いです。

 

朝倉玲の創作小説サイト「アサクラ私立図書館」

http://asakuratosho.sets.ne.jp/tosyo/libr-top.htm

 

 

«震度6弱

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著者のウェブページ

無料ブログはココログ