« 応援メールをありがとうございます | トップページ | 11万アクセス突破 »

2011年5月22日 (日)

外伝17「希望」

 本当にお待たせしました。外伝17作「希望」をアップしました。

http://asakuratosho.sets.ne.jp/tosyo/flute_ss/flute-ss17-00.htm


 「フルート16・賢者たちの戦い」を完結させた3日後の3月11日に、あの大震災に見舞われました。
 朝倉は福島県伊達市の在住です。内陸なので津波の被害はありませんでしたが、家屋にかなりの被害を受け、停電は3日間、断水は1週間、モデムのアダプターが破損したので、ネットにも1週間以上アクセスできませんでした。そんな中、机から床へ放り出されたパソコンが無事だったのは奇跡でした。家族にも誰も怪我がなかったので、それが本当になによりです。

 復旧に忙しくて、ずっと執筆の時間がとれませんでしたが、5月に入って少しずつ落ち着いてきたので、ようやく外伝を書くことができました。予定外の作品で、「フルート16」の5日後の物語になっています。小品ですが、フルートたちも無事でいたことを感じていただけたら、と思います。
 予定していた外伝は、この後、時間を見つけてまた書く予定です。


 2カ月半ぶりで再開した「勇者フルートの冒険」シリーズ。これからも応援していただけたら嬉しいです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 応援メールをありがとうございます | トップページ | 11万アクセス突破 »

コメント

今だからこそ、玲さんだからこそ、
の作品ですね。

希望を失わず、
誰もがだれかの希望となって、

これからも生きてきましょう。

ありがとう。

投稿: むつごろう | 2011年5月22日 (日) 18時45分

とても良いお話でした。
気持ちが伝わってきます。
ぬくぬく生活している私には、
本当にはテトの人たちの気持ちはわからないんだろうけど、
希望は大切ですね。

ムツゴロウさんの

>希望を失わず、
>誰もがだれかの希望となって、
>これからも生きてきましょう。

にも頷きました。

本当に良い作品をありがとうございました

投稿: くらげ | 2011年5月22日 (日) 21時59分

>むつごろうさん・くらげさん

人と人とのつながりが、
こんなにも頼もしい力になっていくのか、と
改めて確認することができた、今回の震災でした。

どの被災地でも避難所でも、
未来を見つめる子どもたちの笑顔は
すべての人たちの癒しと希望になっていました。

だから、私たち大人も、
ちょっと強がってでも、がんばらなくちゃね、と思うのです。

投稿: 朝倉玲 | 2011年5月23日 (月) 10時07分

あぁ、良かったです
金の彼も姐さんも
心配なんだよね。
皆に愛されている、フルート君だから
勇者なんだと思う

朝倉さんもだよ

投稿: さゆた | 2011年5月23日 (月) 10時09分

>さゆたさん

どうもありがとう。(^^)

シリーズの連載を始めた頃、旦那から
「どうして勇者が子どもなんだ?」と言われたことがあるんです。
それまでずっと大人向けの作品を書いてましたからね。
子どもだと感情移入がしにくい、とも言われました。

「だって、子どもじゃないと、私の書きたいことが書けないから」
と私は答えました。

旦那は「?」という顔をして、
どうも今もまだ納得できずにいるようですが、
要するにそういうことなのです。

あの年齢、あの性格のフルートだからこそ、
彼は金の石の勇者なんです。

投稿: 朝倉玲 | 2011年5月23日 (月) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外伝17「希望」:

« 応援メールをありがとうございます | トップページ | 11万アクセス突破 »