« ばんざい | トップページ | 健康第一 »

2010年2月20日 (土)

「フルート」外伝・15話

 お待たせしました。「勇者フルートの冒険」外伝第15話をお届けします。
 タイトルは「おとぎ話」
 フルートたちがユラサイで見つけたおとぎ話の物語です。短いですが、「フルート14」と「フルート15」の間をつなぐ作品になるので、インデックスページにも外伝のタイトルを載せました。
 コンテンツがずいぶん増えたので、次の「フルート15」の連載を開始する際には、インデックスページを少し修正する予定です。


 今日は午前中は親の会に関係した講演会。午後からは昇平の友だちが遊びに来るらしいです。私自身はこのところは某バーチャルコミュでSFを短期集中連載中。あと一週間くらいで書き上がるかな。
 3月6日に親の会の例会があって、9日に勉強会があって、それでようやく今年度が終わる予定です。次の「15」の連載開始は3月13日になるか、3月20日になるか……。この後の進展具合によりますが、とにかくがんばります。

 最後にもう一言。
 日本フィギュアスケート、女子もがんばれ~!!!

|

« ばんざい | トップページ | 健康第一 »

コメント

その御伽噺、よく知ってますわ~。
あら、私もユラサイの人間だったかしらん(笑)
朝倉さん、上手いです

しかしポチ君、頭いいね。
学者になれるよー

オリンピック、楽しいです!
頑張れ日本~。

投稿: さゆた | 2010年2月21日 (日) 05時29分

>さゆたさん

あははっ。
きっとそう。私たちはみんなユラサイ人~♪(爆)


でも、元話になった「コウモリ」だけど、
本物のイソップ寓話では、ちょっと意味合いが違ったみたいよ。
あっちにもこっちにもいい顔をすると、結局信用してもらえなくなる、
ってのが日本では一般的な解釈なんだけど、
コウモリのように、時と場合に合わせて自分の立場を使い分けるのが賢い、
ってのが本来の教訓なんだって。
原話をそのまま訳したイソップ寓話(岩波文庫「イソップ寓話集」山本光雄訳)にもそうあったから、間違いないと思う。


国民性や時代の違いってのもあるんだろうけどね~。
やっぱり、どこかで誰かが話を「変えて」いたりして。

投稿: 朝倉玲 | 2010年2月22日 (月) 08時38分

外伝というより「つなぎ」の話ですね。
次の話に出てきそうな人が、今から楽しみです


フィギュアは、ついさっきまで
録画しておいたアイスダンスのオリジナルダンスを見てました。
今年はテーマが民族舞踊なので楽しいです。
(一昨年も同じテーマだったけど)
明日のフリーも録画しないと。
リード姉弟も順位が上がるといいなぁ。
その後の女子も頑張ってほしいですね。

投稿: くらげ | 2010年2月23日 (火) 01時02分

>くらげさん

はい~。完璧に「つなぎ」です。
だから、インデックスページでも本編と並べて表示しました。
次に出てきそうな人……ふふふ……予想できるでしょうねぇ。(^m^)


アイスダンス。さっきニュースでハイライトを見てました。
民族舞踊、いいな~。
もともと民族舞踊や民族音楽は好きだし。
日本舞踊をテーマにしたリード兄弟のも綺麗でしたね。
いい感じ♪
そして、そのあとはいよいよ女子フィギア。
いやぁ、目が離せない!(笑)

投稿: 朝倉玲 | 2010年2月23日 (火) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フルート」外伝・15話:

« ばんざい | トップページ | 健康第一 »