« 「フルート7」読み聞かせ・6 | トップページ | 「フルート」サイドストーリー第13話 »

2007年11月17日 (土)

「フルート7」読み聞かせ・7

 >「夢の中・2」に突入するまでは、きっとこの調子でしょう。
 とか言いながら、実は昨夜がその「2」へ入る日でした。ワスレテイタワ。
 はい、ゼンが真面目に危なくなるシーンです。読んでない人がいて、ここを先に見ているとネタバレするので詳しくは書きませんが(って、すでにネタバレ山ほど書いてるんだけど)、とにかくゼンが一番の弱点を突かれる下りでした。
 昇平は案の定大騒ぎ。
「もうダメだ~!」「うわぁ、どうしよう!」「やばいやばい」「ダメだぁぁ~!」
 果ては、
「(こんなことを書く)お母さんは、もう俺のお母さんじゃない!!」

 ――昇平から絶縁されちまったぃ。(苦笑)

 一区切りつくところまで読みました。
 ゼンがなんとか危機を脱した51章「記憶」の終わりまで。
 ほっと胸をなで下ろした昇平、「ああ、よかったぁ~!」を何度も何度も繰り返し、
「お母さんはやっぱり、ぼくのお母さんだった」
 無事復縁してもらえました。

「ものすごくドキドキしたよ」とも言うので
「これがはらはらする、ってことなんだよ」と教えました。つい数日前に「はらはらするってどういうこと?」と聞いてきたので。
 昇平、とても納得していました。


 でも。

 「7」は本当にハラハラドキドキの連続なんですよね。他の作品もそうなのですが、この「7」は特にそうです。つまり、この後にもはらはらの場面がいくつも出てくる、ということで……

 私は何度昇平から絶縁されることになりますやら。(苦笑)

|

« 「フルート7」読み聞かせ・6 | トップページ | 「フルート」サイドストーリー第13話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フルート7」読み聞かせ・7:

« 「フルート7」読み聞かせ・6 | トップページ | 「フルート」サイドストーリー第13話 »