« 2018年5月 | トップページ

2018年6月30日 (土)

飯坂温泉よいやどキャンペーン2018 ~双葉旅館~

Yoiyado01

 福島県福島市の飯坂温泉では「よいやどキャンペーン」というものを毎年行っています。
 上のパンフレットは今年2018年に合わせて去年12月から募集が行われたときのもの。
 4180名様を、その年の年号に合わせた格安の料金で、飯坂温泉の旅館に優待するという企画です。4180名というのは「よいやど(良い宿)」の語呂合わせになっています。

 今年は2018年ですから、宿泊料金は2018円。ただしペアで指定期間内に宿泊するのが条件で、2018円になるのはそのうちの1名だけ。もう1名は宿が指定する正規料金になります。ただ、そうであっても格安で泊まれることに変わりはありません。例えば正規料金が1万円の宿だとしたら、キャンペーンに当選した人は2018円なので、(1万円+2018円)÷2名で、ひとり6009円で1万円の宿に泊まれる計算になります。3人以上で泊まるときには、その同伴者は正規料金から千円引きになります。

 今回、私もこのキャンペーンに応募してみました。
 旅館はこのブログでもおなじみの「双葉旅館」。毎年暮れに親の会の忘年会で宿泊しているし、家族でも2回ほど宿泊しているのですが、季節はいつも冬から早春にかけてだったので、別の季節に泊まってみたかったのです。ちなみに、双葉旅館の正規料金は1万6千円(税別)。もしも当選したら、かなりお得に泊まれます。
 当たるかな~、当たるといいな~、と思いながら応募しました。応募は往復ハガキまたはインターネットでします。私はネットだったので、フォームに入力するだけでとても簡単でした。
 待つこと約3か月。よいやどキャンペーンからメールが届きました。見事当選。おぉぉ、やったー!!!

 とうわけで、以下は5月27日(日)に宿泊したときの写真です。私たち夫婦と息子の3人で泊まりました。
 旅館によって、休前日に宿泊できるところできないところがあって、双葉旅館は不可でした。でも、そのぶん混んでいない旅館でゆったり泊まれたので良かったです。


☆参考 「飯坂温泉よいやどキャンペーン2018」公式ページ

https://iizaka.com/yoiyado2018/

................................................

Yoiyado02

双葉旅館正面

 いつも雪が降る年末にばかり泊まりに来ているので、雪がないのがなんだか不思議です。
 女将さんにも顔を覚えてもらっているので、「ついこの前泊まっていただいた気がしますね。半年は早いですね~」と言われました。いつもお世話になってます(笑)

 この日、飯坂温泉では情緒ある温泉街をバックにコスプレ・写真撮影をしよう、というイベントが行われていました。息子はコスプレを「見る」のが好きなので、車を駐車場に入れて、歩いてコスプレ会場に向かいました。
 コスプレというと若い人たちが奇抜な格好で騒がしくしているのでは、とちょっと心配だったのですが、格好こそ派手でも、みんな和やかで、コスプレーヤー同士交流したり、雰囲気のある建物をバックにまったり撮影したり、と大変行儀のいいイベントになっていました。ゴミを散らかすような人もいませんでした。
 写真はありませんが、和風のコスプレをした方が多く、温泉街にとてもよく合っていて、なかなか良い目の保養になりました。

................................................

Yoiyado03

 部屋に入ると床の間の花が出迎えてくれました。黄色い百合。綺麗です。
 歩き疲れたので、食事前に風呂には入らずに、のんびり食事を待ちました。

Yoiyado04_4

 お待ちかねの夕食。双葉旅館の料理は野菜ソムリエの資格を持つ女将が、新鮮な野菜や食材を使って、すべて手作りしています。これが目当てでリピーターになっている常連さんが大勢いて、私もそのひとりです。この日のメインは「しゃぶしゃぶ」でした。肉が軟らかくておいしい! 他にもワラビ、スナップエンドウ、ニシンの山椒漬けと春らしいものが並んでいました。


Yoiyado05

 双葉旅館のもうひとつの「売り」はこちら。利き酒師の資格も持つ女将が選んでくれる地酒です。この日は会津若松市の酒蔵「鶴乃江酒蔵」の「ゆり」純米吟醸でした。そういえば、部屋に飾ってあったのも百合の花でしたね。
 「ゆり」はトランプ大統領が来日した際の晩餐会で提供されたことで一躍有名になりました。「ゆり」というのは酒蔵の杜氏さんの名前にちなんでつけられたもの。女性の杜氏さんですが、「最近は女性が本当に多いですよ。酒蔵の半分くらいは女性になってきたんじゃないでしょうか」とは女将さんの話。日本酒の世界でも女性の進出・活躍はめざましいようです。優しくふくよかな味わいの酒で、料理によく合いました。

................................................

 双葉旅館のおいしいお料理はまだまだ続きます。順番に紹介していきましょう。

Yoiyado06_2

 双葉旅館に来たら絶対これを食べていってください。手作り「胡麻豆腐」。絶品です!


Yoiyado07_2

 こちらも双葉旅館名物の「豚の角煮」。とても柔らかく煮込んであるので、箸で切れます。


Yoiyado08

 お造り。海老が大きい!


Yoiyado09_2

 焼き物。銀タラの西京漬け……だったと思います。アルコールが回っていたので、はっきりとはわかりませんでした(汗)


Yoiyado10

 シメは手作りふりかけと佃煮の載ったご飯と、海老しんじょとウドのお吸い物。春らしい香りです。


Yoiyado11

 これも双葉旅館名物の焼き林檎。熱々の焼きたてに冷たいバニラアイスがよく合います。


 もうお腹はいっぱいです。ごちそうさま!
 ひとやすみしてからでないと、お風呂には入れませんでした。

................................................

Yoiyado12_2


 2つの露天風呂がある「石灯りの湯」。日曜日で宿泊客が少ないので、こうして写真も撮れちゃいました。(温泉らしく縁にぼかしを入れてみました。)
 この日は夜にここが女性用、「花灯りの湯」が男性用になっていました。翌朝入れ替わります。
 他に樽酒が飲める檜風呂や寝湯もあります。

................................................

Yoiyado13_2

 いろいろ売りがある双葉旅館ですが、もうひとつ、絶対に外せないのがこの朝食です。
 朝からこれだけの品数! しかもこれも全部女将さんの手作り! ご飯は一人分ずつ釜で炊きあげます。食べきれなくて残ったら、おにぎりにして持ち帰ることもできます。今回は筍ご飯。やっぱり春らしい味です。
 月曜日なので主人も息子も仕事でしたが、朝食はしっかり食べてから出勤しました。福島市から車で30分なのでこういうこともできます。

................................................

Yoiyado14

 これはお土産にいただく手作りりんごジャム。おいしくて、いつもあっという間に食べてしまいます。
 双葉旅館さん、今回もごちそうさまでした。今度は忘年会でお邪魔しますね。


 そして、これを読んだ皆様。
 今年もまた「飯坂温泉よいやどキャンペーン」が行われるだろうと思います。
 他県の方でももちろん応募できます。双葉旅館以外にもいろいろな旅館がありますので、飯坂温泉公式サイトをチェックして、おいでになってみてはいかがでしょう?
 のんびりまったり、良い時間が過ごせると思いますよ。


☆飯坂温泉オフィシャルサイト
 https://iizaka.com/


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ