« 日光家族旅行・3 | トップページ | 東北 道の駅スタンプラリー・1「会津北部~米沢」 »

2018年5月 6日 (日)

福島市の創作和食居酒屋「味心だいのじ」

 去る4月28日(土)に親の会のお母さんたちとの懇親会がありました。
 今回使ったのは福島市陣場町にある和風居酒屋の「味心だいのじ」。私は初めて行きましたが、魚を使った創作料理と地酒がとても美味しいお店だったので、ご紹介します。happy01


Sansyumori01
前菜3種

どれも珍しくて手が込んでいました。向かって右から


Sansyumori02
しらすのクリームチーズ和え シラスのせんべい載せ

初めての味でしたが、クリームチーズのコクとシラスの塩味が絶妙。せんべいもパリパリとおいしい。カルシウムがたっぷり補給できた気がします。


Sansyumori03
マコガレイの塩麹

ちょうど白身魚の塩辛という感じ。う~ん、これは日本酒に絶対に合う!


Sansyumori04
サメの軟骨の梅和え

氷頭(ひず=鮭の頭の軟骨)は食べたことがありましたが、サメの軟骨は初体験。こりこりした歯ごたえが心地よく、梅干しともよく合ってました。

どれも日本酒に合う前菜ばかりでしたが、1杯目はこれを頼んでいました。


Beer
アサヒ熟撰(生)

ロゴがよく見えるように、半分飲んだところで写真に撮りましたが、きめ細かい泡が載った旨みのあるビールでした。普段はビールが得意ではない私でも、これは美味しかったです。


Butasyabu
エゴマ豚の冷しゃぶサラダ

さっぱりしていてビールによく合います。そしてエゴマ豚はやっぱり美味しい。
エゴマ豚というのは、餌にエゴマの種を混ぜて飼育した福島県のブランド豚肉です。


Sake01
地酒:右「ゆり」純米吟醸、左「一歩己(いぶき)」純米無濾過原酒

「ゆり」は福島県会津若松市の鶴乃江酒造で作られた日本酒。アメリカのトランプ大統領が来日した際の歓迎晩餐会で提供されたことで話題になりました。(ただし晩餐会で使われたのは純米大吟醸酒。こちらは純米吟醸酒)
すっきり優しい口当たりで飲みやすい。香りも優しく華やかでした。調べてみたら、母子の杜氏さんが作った日本酒だとか。なるほど、納得。

「一歩己(いぶき)」は福島県石川郡の豊国酒造の日本酒。無濾過だからか少し濁っていますが、これが美味しかった! 利き酒をするように、他のお母さんたちとシェアして飲むので、1人おちょこ1杯くらいしか飲めないのですが、この「一歩己」は追加でもう1合頼みました。期間限定数量限定だったそうです。


Otsukuri
刺身

アイナメ、カツオ、甘エビ、タコ
このお店はとにかく魚料理が絶品です。普段は生の魚が苦手でカツオが特にダメ、というKさんも「ここのはすごく美味しい♪」と喜んで食べていました。
ワサビと生姜2種類の薬味が混ざらないように醤油皿も2つに分かれている心遣いが嬉しかったです。


Sake02
地酒:「星自慢」特別純米無濾過原酒

福島県喜多方市の喜多の華酒造の日本酒。同じ無濾過原酒でも先の「一歩己」とはまた違った味わいで、こちらは濃くて、いかにも原酒という感じでした。やや辛口。


Nimono
鱈と筍の酒粕煮

鱈を筍やコゴミと煮て木の芽をあしらった春らしい1品。酒粕煮、と言いながら、全然酒粕臭くなくて美味しかったです。柔らかい!


Yakimono
ヒラメの七草塗り

焼き物です。ヒラメに七種類の材料を混ぜたものを塗って焼いてあるのですが、具体的に何が入っているのか聞きそびれました。ウルイの和え物が添えてあるところが、また季節を感じさせてくれます。


Agemono
カレイの唐揚げ

肉厚のカレイが熱々の唐揚げで出てきました。骨も骨せんべいになっていて、パリパリ食べられました。ここでもまたカルシウム補給~。


Shime
冷やし釜玉中華そば

シメはこれ。カルボナーラみたいに見えますが、冷し中華の釜玉です。お腹はかなりいっぱいでしたが、これはさっぱり入りました。


そして、コースには入っていませんでしたが、どうしても食べてみたくて注文したのがこれ。

Kanimiso01
かにみそグラタン

この店の人気メニューだそうですが、確かに美味しい! そして全然生臭くない。
「かにみそは苦手なのよね……」と尻込みしていたTさんも、「美味しい! 食べられる!」と大喜び。

苦手なはずのものが美味しく食べられた人が多かったんですから(私も苦手なはずのビールが美味しく飲めたし)、この店は大当たりでした。


Dessert
抹茶のミルク寄せ

デザートは抹茶のミルク寄せ。抹茶プリンのような優しい口当たりでした。


以上8品(かにみそグラタンは別注文)、飲み物代別・税別で、1人3千円のコースでした。
メニューは季節やその日の仕入れで変わるそうです。
マスターと奥さんとスタッフの3人で、一生懸命作って、できたてを運んできてくれて、とにかくおいしく食べて飲めて気持ちよく過ごせるお店でした。
また行きたいな。

ごちそうさまでした。happy01


|

« 日光家族旅行・3 | トップページ | 東北 道の駅スタンプラリー・1「会津北部~米沢」 »

コメント

食べたことのない珍しい料理ばかりですね!おいしそうです。大人のメニューって感じがします👍

投稿: みほ | 2018年5月 6日 (日) 16:58

>みほさん

コメントありがとうheart04
うん、美味しかったですよ。
どれもお酒、特に日本酒によく合う料理でしたhappy01

ところで、このブログは一般の方も見に来るので、お名前をひらがなに修正しておきました。
よろしくです~。

投稿: 朝倉玲 | 2018年5月 6日 (日) 18:55

いいお店ですね。

え~! 3000円!

春の香りもいっぱで懐石料理みたいですてき!

(こちら、W7からの書き込みです)

投稿: りしょう | 2018年5月 6日 (日) 21:14

お値打ちですよね~
やっぱり美味しいお酒はそっちに多いですよね~
羨ましい。
お酒も入って、打ち解けてお話できたかなheart

投稿: さゆた | 2018年5月 7日 (月) 12:32

>理尚先生

そうですね~。
懐石料理をベースにしたコースになっていたと思います。
ただ居酒屋なので敷居は高くないし
店のスタッフの雰囲気も気さくでいい感じでした。
GW初日の土曜日だったから
お客さんが一杯で忙しそうでしたけど
それでもニコニコして、
こちらがメニューを尋ねると丁寧に教えてくれました。(*^_^*)

料理は3千円のコースだったけど
追加注文したし飲み放題ではなかったので
最終的には妥当な値段になりました。(^◇^;)

投稿: 朝倉玲 | 2018年5月 7日 (月) 13:21

>さゆたさん

福島はおいしい日本酒がいっぱいですよ!
いえ、本当に。
品評会で金賞受賞したお酒もすごくたくさんあるから
どれを飲んだらいいだろう、と迷うことも多いです。

親の会のお母さんたちとは気心知れた仲だし
みんなで分け合うといろんなお酒が飲めるし
そのお酒のことでまた話が弾むから
すっごく楽しかったです。happy01

投稿: 朝倉玲 | 2018年5月 7日 (月) 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/66690262

この記事へのトラックバック一覧です: 福島市の創作和食居酒屋「味心だいのじ」:

« 日光家族旅行・3 | トップページ | 東北 道の駅スタンプラリー・1「会津北部~米沢」 »