« 新居紹介 | トップページ | 雪 in Tokyo »

2017年12月14日 (木)

双葉旅館in2017年忘年会

 2年ぶりで、福島県福島市の飯坂温泉「双葉旅館」での忘年会の記事を書きます。
 昨年も同じ場所で親の会の忘年会をしたのですが、私が家族の病気で忙しくて、ブログに載せる余裕がなかったのでした。
 本当にいろいろなことがあった1年でしたが、それもどうやら一段落したので、忘年会がとても楽しみでした。


Futaba201701

 日中は学習会に参加して、双葉旅館に移動して部屋に落ち着いたところ。
 忘年会シーズンの週末なので、他にも団体さんが入っていて大入り満員。女将さんも仲居さんたちも忙しそうでした。でも、繁盛しているのはいいことです。
 私たちは女性9人(+男の子1人)が大きな一部屋に一緒になったのですが、これが私たちにはぴったり! わいわいがやがや、持ってきたお菓子を広げたりしながら、お喋りに花が咲きました。顔出しはNGなので、スタンプをポンポン♪
 このあと温泉にも入りに行きました。
 宿泊はこのうちの7人だったのですが、部屋にたくさんの布団を並べてお喋りをしていたら、なんだか学生時代の修学旅行を思い出しました。枕投げはしませんでしたけどね(笑)

 

 部屋の中には素敵な花も飾られています。
 洗面台やトイレの中にも花があるのですが、すべて生花なのが嬉しい心遣いです。

Futaba201702_2

Futaba201703


 通路のコーナーにはこんな素敵なディスプレイもあります。こちらは棉の花を使っているみたいです。

Futaba201704

................................................

 さてお楽しみの宴会です!
 ――の前に記念撮影を。

Futaba201705

 これは私のスマホで撮った写真ですが、これとは別に旅館のご主人が素晴らしいカメラで集合写真を撮って、宴会終了までにプリントアウトして全員に配ってくれました。これも嬉しいサービスです。
 ちなみに、前列のサンタクロースとサルが顧問のN先生とM先生、トラがお世話になっている臨床心理士のK先生、私は後列のウシです。参加した皆様、「どうして私は○○なの~!?」って怒らないでくださいね。coldsweats01 


 さて、お待たせしました。こちらが宴会のご馳走です。

Futaba201706

 (手前左から)すき焼き、すき焼き用生卵、自家製漬け物


Futaba201707

 八寸(手前右から時計回りで):合鴨肉ロースト、白身魚と野菜のマリネ、プルーン紅茶煮、菊の花の酢の物、里芋のきぬかつぎ


Futaba201708

 お造り エビが大きくてプリプリでした♪


 他にもいろいろ料理は出てきたのですが、特記したいのが次の3品。

Futaba201709

 柿とリンゴの白和え


Futaba201710

 胡麻豆腐


Futaba201712

 海老しんじょのお吸い物


 これらはどれも本当に美味しかったです!
 料理はすべて野菜ソムリエの資格も持つ女将さんの手作りなのですが、特に柿の白和えと胡麻豆腐は逸品なので、この季節に双葉旅館に行くことがあれば、ぜひ味わってください。

................................................

 そして、双葉旅館といえば忘れてはいけないのがこちら!

Futaba201711

 日本酒の利き酒師でもある女将さんに選んでもらった、ふくしまの地酒です。
 今回は福島県の3地方の「浜・中・会津」がテーマでした。

「陣屋」純米無濾過生原酒…有賀醸造(白河市=中通り)

「磐城壽」純米酒…鈴木酒造店(浪江町=浜通り+山形県長井市)

「会州一」特別純米酒…会州一酒造(会津若松市=会津地方)


 いつものように、私が飲んでの感想になるのですが、「陣屋」は無濾過の生酒だけあって、とろりと濃くて甘い味わい。今回飲んだ3種類の中では一番気に入りました。


 「磐城壽」の鈴木酒造店は、元々は福島県の浪江町請戸にあった酒蔵でしたが、東日本大震災の津波でいっさいを流されてしまい、県の試験場に預けておいて無事だった酵母を使って、避難先の山形県長井市でまた酒造りを再開したそうです。「山形の水がいいからか、避難先で作ったら味ががらりと変わって、すごく美味しいお酒になったんですよ」とは女将さんのことば。福島の地酒らしい甘みと旨みにスッキリした辛口が加わった、きりっとした味わい――と私は感じました。 


 「会州一」は新酒鑑評会でなんども金賞を受賞しているだけあって、スッキリと飲みやすい、いかにも会津らしい美味しい酒でした。特別純米酒ですが、けっこう軽かったので、吟醸酒や大吟醸に近い作り方をしているのかもしれません。(とわかったようなことを言う。笑)
 日本酒好きの顧問のN先生は「単独で飲むなら『陣屋』もいいけど、食事と一緒なら『会州一』かな」とおっしゃっていました。


 今までなら、ここにあと1~2種類を追加注文して、みんなで分け合って利き酒しながら楽しむのですが、今回は顧問のM先生がご都合で車で帰宅しなくてはならなかったので、飲む人が少なくて、この3種類だけで充分になってしまいました。
 純米酒が好きな人が多いので、女将さんも純米酒中心でセレクトしてくれたようですが、ここに大吟醸も1本くらい追加したら、また面白い飲み比べができたかもしれません。来年のお楽しみですね。happy01

................................................

 宴会の締めは、双葉旅館名物の「焼きリンゴ」。

Futaba201713

 焼きたて熱々のリンゴに冷たいバニラアイスが詰めてあって、そのコラボは最高です。
 たくさん食べてお腹いっぱいなのに、それでも入ってしまう美味しさ。
 今回初めての参加者が何人もいたのですが、みんな「美味しかった~!」と大満足でした。

................................................

 さて、一晩寝て翌朝。
 朝食やお弁当を作る必要はないから寝坊してもいいのに、習慣で5時には目が覚めてしまいました。
 やはり早起きした2人が朝風呂に行きましたが、私は前週までの疲れが残っていたので、風呂はパスしてラウンジに行きました。

Futaba201714

 奥に見える蔵のような扉の向こうがラウンジです。
 手前は喫煙コーナーですが、こちらも雰囲気いいですよね。


Futaba201715

 ラウンジの中の様子。
 テーブルと椅子があって、オーディオセットがあって、コーヒーや紅茶をセルフで入れて飲めます。コーヒーはドリップなのが嬉しい。ユーミンの曲を聴きながら、ゆったりと朝の一杯。
 その後、部屋に戻ったけれど、みんなはまだ寝ているし、もちろん朝食にもまだ早いので、朝風呂から帰ってきた友人ともう一度ラウンジに行って、今度は紅茶を飲みました。
 たくさんお喋りするうちに朝日が昇って、隣の建物の窓に朝焼けが映りました。綺麗~shine

Futaba201716_2

................................................

 いよいよ双葉旅館名物の「豪華な朝ご飯」です!
 今回初めて参加した心理士のK先生は「花籠御前みたいね~」と大喜びでした。

Futaba201717

 (手前右から時計回りで) 福島名物いか人参、自家製漬け物、しらすのおろし和え、紅葉漬け(紅ザケの身とイクラを麹漬けにしたもの。我が伊達市の名物です)、青菜おひたし、フルーツ(柿と洋梨)、山菜と白滝の炊いたもの


Futaba201718

 これも双葉旅館名物の温泉ポークがのったサラダ。塩とオリーブオイルで。
 奥は飯坂温泉名物ラジウム卵。普通の温泉卵より黄身がしっかりしていて濃いのが特徴です。


Futaba201719

 一人分ずつ釜で炊きあげるご飯。今回はマイタケの炊き込みご飯でした。底には美味しい「おこげ」もできます。余ったご飯はおにぎりにして持ち帰れます。
 奥に見えているのは、小松菜とリンゴとレモンとゴーヤのスムージーと、柑橘系のジャム(キンカンかな?)をかけたヨーグルト。スムージーもジャムもヨーグルトも自家製です。
 塩鮭ときゃらぶきも、ちらっと写っていますね。その向こうの木製の細長い器には、自家製の梅干し、佃煮、ふりかけが入っています。

 朝ご飯もしっかり食べて、大満足な忘年会になりました。
 ちなみに、これが1万3千円のプラン(飲み物代・入湯税等は別)です。

................................................

 さらに、今回も旅館から「お土産」をいただきました。
 女将さん手作りのリンゴジャムです。かわいいラベルはご主人が作っているのだろうと思います。
 翌日のお昼にパンにつけて食べました。これも美味しかった~。

Futaba201720


 手作り感たっぷりの温かいもてなしで、いつも楽しく美味しく過ごさせてくれる双葉旅館。
 来年もまた忘年会で行くと思うのですが、今度こそは、冬以外の季節にも行ってみたいと思っています。
 そのときにはまたここでレポートしますね♪

 以上、2017年の双葉旅館忘年会のレポートでした。

|

« 新居紹介 | トップページ | 雪 in Tokyo »

コメント

毎年、おいしそう!

良い会ですね。

投稿: りしょう | 2017年12月17日 (日) 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/66150869

この記事へのトラックバック一覧です: 双葉旅館in2017年忘年会:

« 新居紹介 | トップページ | 雪 in Tokyo »