« ワインバルサカグチ&スタンドバーSAKAGUCHI | トップページ | 2016年伊達の花見覚え書・梁川編 »

2016年4月10日 (日)

2016年伊達の花見覚え書・桑折編

 先週の土曜日、前日までの雨や風がやみ、旦那も仕事が休みだったので、「花見にでも出かけようか」と近郊の花の名所へドライブに出かけました。
 ちなみに飲み食いはまったくなし。本当の、花を見るだけの花見です。

 まずは伊達郡桑折町(こおりまち)の「こおり桃源郷」の桃畑

Cfkvtryuyaawdqq


 背景に見える山は半田山(半田銀山)。朝ドラの「あさが来た」で人気が出た五代友厚の経営していた銀山です。とか言いながら「あさが来た」は観てなかったのでよくわからないんですが(苦笑)

 桃の花のアップ。
 普通の桃はピンク一色ですが、これはひとつの枝にピンクと赤の花が混じっていました。珍しい。

Cfkvtrbuaaexyod_2


 こちらはこおりの桃源郷から少し西にある、伊達市衛生処理総合清掃センター(簡単に言うとゴミ焼却場)の向かいにある桜並木。こおりの桃源郷と数百メートルしか離れていないんですが、ここは伊達市保原町地内になるようです。
 堤防の上の細い道に沿って、見事な桜が並んでいます。

Cfkvtraviaezndd

 
 普通は桜が咲き終わってから桃が花開くのですが、今年は気温が高いせいか、桜も早ければ桃も早くて、一緒に咲いてしまいました。おかげで珍しい桜と桃のコラボ風景が見られました。

Cfkvtupueae8pf6


 さて、次はやはり桑折町の常称寺(じょうしょうじ)。知る人ぞ知るのしだれ桜の名所だそうです。私たちも今回初めて行きました。

Jousyouji01

 寺の境内に美しいしだれ桜がたくさんありましたが、圧巻は一段高い墓地内にそびえているしだれ桜の大木。
 場所も相まって、なにか敬虔なものさえ感じさせる名木でした。

Cfkynluaaemwsp_2


 こちらは桑折町の観音寺
 祭礼期間だったようで、幟や提灯で飾り付けられていました。

Kannnonji01

 ここの桜はしきりに散っていました。

Kannnonji02


 山門の両脇にいる仁王像。
 この色合いや表情に、遠いインドや東南アジアの国々と仏教でつながっていたことを感じます。

Cfk1tw5uiaatu_v

Cfk1tc0uiaenq2w


 というところで、花見覚え書・桑折編はここまで。
 次の記事は梁川編です。

 

|

« ワインバルサカグチ&スタンドバーSAKAGUCHI | トップページ | 2016年伊達の花見覚え書・梁川編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/63466941

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年伊達の花見覚え書・桑折編:

« ワインバルサカグチ&スタンドバーSAKAGUCHI | トップページ | 2016年伊達の花見覚え書・梁川編 »