« マッシュポテトとミートソースとチーズの重ね焼き | トップページ | 今年一年ありがとうございました »

2011年11月22日 (火)

なみえ焼きそばを作ってみた

 前日、姫路で行われたB級グルメの祭典「B-1グランプリ」で、4位に輝いた、福島県双葉郡浪江町の「なみえ焼きそば」。
 麺が手に入ったので、我が家で作ってみました。

Namieyakisoba


 こちらは麺が入っていた空袋。中身が入っている状態で撮れば良かったのですが、時すでに遅く。(汗)

Namieyakisobafukuro


 同じ福島県に住みながら、私はなみえ焼きそばをまだ食べたことがありませんでした。伊達市と浪江、地図で見ればそんなに遠くはないのですが、アクセスがスムーズではないし、間に阿武隈山系が横たわっているので、山道を越えていかなくちゃいけないのです。
 そして、ご存じの方はご存じの通り、浪江町は原発事故の影響で、現在全町民が避難中。浪江に行っても焼き蕎麦は食べられません。

 それでも、なみえ焼きそばを守り広めようとするグループ「浪江焼麺太国」は、避難所やイベントに出かけていっては、焼きそばを焼き続け、被災者の応援を続け、今回のB-1グランプリではみごと4位に入賞したというわけです。グループのメンバーは各地に避難していますが、このイベントのために全国から集まったのだそうです。う~ん、がんばってるなぁ!

 なみえ焼きそばの特長はこの太麺。
 一緒に普通の焼きそば(写真奥)も作ったので、比べてみてください。

Namieyakisobaup

 細めの玉うどんで作った焼きそば、という印象でもあるけれど、麺はやっぱり中華麺。もちもちしていて、柔らかくて、我が家ではかなり好評でした。ソースの味もマイルドで優しい味。
 本当のなみえ焼きそばの具は、もやしと豚バラ肉だけなのだそうですが、我が家ではキャベツとピーマンとタマネギも入れました。いずれにしても美味美味。


 B-1グランプリの表彰式で、浪江焼麺太国の代表は、「いつか必ず古里を取り戻します!」と力強く言っていました。
 ここ伊達市のすぐ隣にも、浪江町の人が大勢入居している仮設住宅があります。旦那の職場がすぐ近くなので、仮設住宅の様子を時々聞くのですが、慣れない場所で、皆さんとてもがんばってらっしゃるようです。
 なみえ焼きそばの太麺のように、太く力強く、そして長~くがんばっていきたいですね。
 私も焼きそばから元気をもらいました!

|

« マッシュポテトとミートソースとチーズの重ね焼き | トップページ | 今年一年ありがとうございました »

コメント

おいしそ~
出来立て食べたいですね。
B-1は勢いがあって、見てて元気が出るので
好きです。
浪江はダッシュ村があることを知ってから
とっても身近です。
豊かな自然が戻る事を祈ってます。

投稿: さゆた | 2011年11月22日 (火) 10:16

>さゆたさん

おいしかったですよ~♪
もちもちしていて、味もマイルドなので、
固いものが食べにくい義父母に大好評でした。

B-1は勢いがありますよね、ホントに。
一度実際に行ってみたいです。
浪江町は海辺から阿武隈山地まで細長~く続いているので、
海あり山あり、自然の豊かな場所です。
本当に、いつの日かまた美しい古里を私たちの手に――!
と思ってます。

投稿: 朝倉玲 | 2011年11月22日 (火) 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なみえ焼きそばを作ってみた:

« マッシュポテトとミートソースとチーズの重ね焼き | トップページ | 今年一年ありがとうございました »