2010年4月13日 (火)

花見山

 福島に桃源郷あり――

 日本を代表する写真家、故・秋山庄太郎氏がそう言って、晩年たびたび撮影に訪れたという花見山に行ってきました。
 まずは、花見山の風景を一番よく表している写真から。

Hanamiyama1

 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)とは、このことか、という眺めですが、これが、個人の山だというのだから、驚きです。花を作っている花農家の方が、多くの人に美しい花を愛でてもらおうと、無料で一般公開しているのです。
 ただし、シーズン中は一般車両乗り入れ禁止。マイカーの人は親水公園の臨時駐車場に車を置いて、花見山周辺環境整備協力金300円を払って、シャトルバスに乗ります。乗車時間は10分程度。観光バスは、山のすぐ下の駐車場までやってきます。シーズンなので、観光バスがずらーり。関東や東北からのバスが大半でした。

Buses


Iriguchi

 花を求めて、山道を登っていく人、人、人……。
 とにかく、どこもかしこも花だらけ。至るところが花の彩り。とても説明しきれないので、ここからは写真を片端から貼り付けていきます。

Hanamiyama2


Hanamomo


Kobushi1


Kobushi2


Kobushi3


Nanohana


Rengyou


Sakura2


Sakura3


Sakura


Sansyuyu


Tsubomi


Yukiyanagi


 花見山を頂上まで登れば、花の向こうに福島市が見えます。
 ちょっと車を運転すれば、すぐにこんな景色が見られる場所に住んでいるというのは、実は、ものすごく贅沢なことなんじゃないだろうか、と考えました。
 あまり身近にありすぎて、その素晴らしさに気づけずにいるのかもしれないですね……。

Fukushimashi


☆花見山の情報サイトはこちら。
  ↓
 http://www.f-kankou.jp/hanamiyama.htm

 ※桜のシーズン中は福島駅前から「花見山行き」臨時バスも出ています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

公園散歩便り・90

 前回の公園散歩便りは2009年10月4日でした。実に半年ぶりの散歩便りです。
 その間、私のデジカメが故障して買い直しになりました。まだ新しいカメラに慣れていません。写真的にはイマイチですが、どうぞお許しを……。


 さて、今日は朝から穏やかな晴天でした。青空に誘われて、昇平と公園へ散歩に出発!

Aozora


 東京では桜が満開のようですが、こちらはまだまだ。やっと蕾が少しふくらんできたところです。

Tsubomi


 水仙畑も、まだ全然咲いていません。山の上の公園なので気温が低いのです。

Suisen


 でも、よく見ると、もう咲いている花もありました。

Shoujoubakama

 これはショウジョウバカマ。


Jinchouge

 沈丁花。私の一番好きな花です。


Ashibi

 馬酔木と書くアシビ。毒があるけれど、花は綺麗です。

 こちらで桜が本格的に咲くのは今月中旬以降。「桜が咲いたらまた来ようね」と昇平と約束しました。


【おまけ】

「疲れた~!」
Tsukareta_2

 いい若い者が情けない?
 いえいえ、昇平は今日は午前中にもひとりで1時間以上散歩していたんです。
 今日はとてもよく歩いた日だったね。(^^)


| | コメント (2) | トラックバック (0)