« ソーダブレッド(レシピ付き) | トップページ | 地上の星、天の星~小惑星探査機「はやぶさ」帰還に »

2010年5月29日 (土)

iPad発売と書籍について

 iPadが昨日ついに発売になりましたね。
 ものすごい人気で、当面は入手困難のようですが。
 本が好きで、自分でネット小説も書いている私としては、iPadには以前からかなり興味を持っていました。iPadにはさまざまな機能があるわけですが、ここでは電子書籍に話題を絞って話をします。

 これまでの電子書籍はパソコンか携帯のモニターで読むしかなかったし、そうなると文字は(特殊なサイトの作品は別として)日本語でも横書き。本を読むようなわけにはいかなくて、特に長い作品は読むのがしんどい、というのが正直な感想です。
 ところが、iPadならば、本と同じような縦書き表示ができるし、すべてタッチパネルの操作なので、本物の本をめくるような感覚で次のページへ進むことができます。さらに画面の縮小拡大も指先の動きだけで自由自在なので、見ることに不自由があったり、老眼で小さな文字が読みにくくなっている人も、簡単に自分の好みの大きさの文字にして読むことができます。今まで図書館の「大きな文字の本コーナー」に行かなければ、読める本が見つからなかった人も、いつでも好きな本が自由に選べて、自由に読めるようになります。さらに、音声も再生できるので、目の不自由な人が電子書籍を読むのも簡単になりそうです。(自動音声変換だと、おかしな読み方をされる場合もあるのでしょうから、そこはやはり、電子書籍のメーカーで、きちんと商品として開発する必要があるでしょうけれど) インターフェイスとしての可能性はかなり広いと思います。


 昨夜NHKでやっていたBizスポ・ワイドの時論公論でもこのiPadを取り上げていたので、それをみながら、iPadが普及したら書籍関係業界はどうなるのかなぁ、と想像してみました。

 まず、書籍は書店に行って買うのではなく、インターネットで接続された電子書店(アマゾンなどのような)から買って、iPadにダウンロードして読むようになります。
 そうなれば、本が家の中にうず高く積み上げられる、ということもなくなります。我が家でも、本の置き場に困って、最近は本を買い控えているのが現状ですから、これは非常にありがたいことです。私の場合、家の中から本棚が「消える」ということはありえないけれど、iPadが1台あれば、本を置くスペースが大幅に節約できるのは確かです。

 書籍の値段も下がるはずです。紙代インク代印刷代がかからなくなりますからね。
 書店が売れない本を返品する手間も金もかからなくなるし、出版会社も在庫を山ほど抱える必要はなくなります。そうなれば、今までは商品にしにくかった販売部数の少なそうな作品も、恐れず市場に出すことができます。近頃、書店に行っても、当たり障りのない軽い読み物や、今時の流行を追った本や雑誌ばかりが並んでいて、本当に読みたい本が見つからなくて、がっかりして店を出る――ということが続いていたので、これは歓迎したい動きです。NHKでは、今まで限られた場所でしか入手できなかった同人誌も、一般の商品として扱えるようになる、という可能性を取り上げていました。
 本離れが問題視されながら、いっこうに改善の見通しが立たない現状で、iPadは新しい書籍市場拡大のチャンスではないかしら、とも思います。

 ただ、これも必ず話題になってくることですが、従来の書店(本屋さん)にとっては、大きな打撃になるでしょうね……。本屋に行かなくても本が手に入ってしまうわけですから。
 従来の本を販売しつつ、電子書籍の販売もする。電子書籍を売り込む際に「お気に入りの本はやっぱり紙がいい」とかいうコピーフレーズで、愛蔵版購入を勧めるとか。どんなにパソコンが普及しても、やっぱり紙の本はいいですからね。どこでも(たとえ電気がなくても)いつでも気軽に読めるし、データ消滅のようなことも起きない安心感があります。iPhonや携帯で音楽をダウンロードして聴いている人も、本当にお気に入りの曲はCDやMDでも持っていたりするんじゃないかしら。違うかなぁ。 
 まあ、これは書店より出版会社のほうがやりやすいサービスのような気もします。電子書籍と紙の書籍を同時に発売して、それぞれの客層のニーズに応える……。書店は出版会社と提携して、販売部門を担当する……。とっくに、この方向で動き出しているだろうとは思いますが。
 そして、その動きに乗ることができない、町の小さな本屋さんは――やっぱり、消えていってしまうのでしょうね。
 本屋が人々への情報提供の拠点だった時代は過ぎてしまったんだ、と、最近本屋に入るたびに感じています。少なくとも、その全盛期は終わったんだ、と。
 どのみち、小説というのはそもそも文字というものを使ったデータの集合体で、本はそれを読み手に渡すための媒体にすぎなかったのですよね。本屋は書籍の情報を客に伝え、受け渡しをする場所。媒体が紙から電子情報に変われば、その中継点もまた変わらざるをえない……ということなのでしょう。
 個人的には、本屋のあの雰囲気も匂いも、好きな本を探して歩き回ったり、どんな本だろうと手にとって立ち読みしたり、ということも大好きなので、それができなくなってしまうのは本当に淋しいのですが。時代は容赦なく移り変わっていくんだろうなぁ、と思います。


 その他、iPadについて、あれこれ思いめぐらしたことを羅列してみます。
 もっと様々な人が利用しやすい機能やツールの開発が必要。
 例えば……

・視覚障害者が利用するための、iPadにつないで手元で操作できるコントローラー
・画面に映し出される絵が線になって浮き出したり、文字が点字になって浮き出してくる特殊なモニター、またはスクリーン。これも視覚障害者用機能。
・長時間見ていても目が疲れないモニターの開発。
・iPadの価格低下(さすがに今の値段ではまだ高い)

 他にもいろいろ思いつくけれど、今はとりあえずこのくらいにします。
 当面、iPadは手に入りにくい状況のようだけれど、いつか私も買いそうな気がします。電子書籍が読みやすくなるのは、やっぱり嬉しいですから。
 ただ、上のような状況に本当になるかどうかは、これからiPadがどのくらい普及するかによると思います。
 そして、本当にそういう日が来たら、「パソコンは持ってない。iPadで十分だから」という人も大勢でてくるんだろうなぁ、とも思います。

 これからの日本や世界のITと出版業界は、どんなふうに動いていくのでしょうね。
 予想できること、できないこと、さまざまですが、これからもずっと見守り、自分自身に合った形で取り入れていきたいな、と思ってます。

|

« ソーダブレッド(レシピ付き) | トップページ | 地上の星、天の星~小惑星探査機「はやぶさ」帰還に »

コメント

おはです。
こちらに書き込むのは、、、めずらしいです。

iPadで、文字に触れる機会が増えて、いずれ本は売れるようになるのではないか、と思ったりするのですが。甘いかな?

今週は、来客が少なかったりで、ほとんどを家の模様替えに費やしました。
夫のモノを処分するのは気が重い部分があって、なかなか手が着きませんでした。
たいした物はないので、気持ちが決まれば作業は進むのですが、
それでもなかなかね・・。
特に本は難しい。
書斎を持つのが我々夫婦の夢でした。多種多様な本があります。
今回本箱4つに収まる範囲で!と決めました。
文庫本を中心に、処分を決めました。
絵本類は、セピア色になったモノは処分!と思っていたのですが、息子の名前や落書きをみたり、破れを補習したりしたモノは名作が多く、埃を払って置き直しました。
本にはそういった部分があると思うのですよ。
思い!というモノを載せていますからね。

小さな本屋さんの問題は大きい。
私は、足の状態の悪化が進んでから、重い買い物は避けている。
もっぱらアマゾンですものね。
出版と販売は違う問題を抱えていますよね。

投稿: りしょう | 2010年5月29日 (土) 09:57

>りしょうセンセ

コメントありがとうございました。
昨夜は12時過ぎまでテレビを観ていたので
この記事をアップした後、眠くて昼寝ならぬ朝寝をして、
その後、掃除、昼食の支度とこなして、
今ようやくまたパソコンの前です。f(^ー^;

iPadで今まで本に無縁だった人が書籍に触れるようになって、
本屋に足を運ぶようになるかもしれない……
というのは、昨夜のNHKの時論公論でも言っていました。
私も、そうなるといいなぁ、と思ってます。
どんなに便利でも、電子書籍は完璧なデータ。
形としては残らないものだから、
本当にいいものは形にして手元に置きたい、
と私も思います。

本には思い出がありますよね。
自分が読んで感動した本もそうだし、
子どもに繰り返し読んでやった絵本もそう。
日に焼け薄汚れてぼろぼろになっていても、
だからこそ捨てられなかったり。
これは、電子書籍では、なかなか味わえないものだろうと思います。


一方、小さな資本で店を開けるのが、ネットショップのメリットだから、
小さな書店でも、上手に購買者のニーズをつかんで、
それにあった販売(=配信)ができたらいいだろうなぁ、と思います。
時間のない忙しい人や、ネットになれない高齢者だと、
アマゾンが薦めてくる本をいちいちチェックするのも大変だから、
それを代行して、
本当にその人の興味関心にあった良書を「一押し」してくる
イチオシ書店をやるとか。

週に1回くらい
「こんにちは~。本のご用聞きです。読みたい本はありませんか?」
な~んて、本屋からメールが届いて、
質問に答えたり、具体的なリクエストをしたりすると、
希望にぴったりの本を薦めて、配信してくれる……
とかいうサービスがあったら、楽しい気がするなぁ。

投稿: 朝倉玲 | 2010年5月29日 (土) 13:23

昔の『貸本屋』や『紙芝居』がすたれていった
時代背景に似てるかもしれないね。

ただね、
私はよく本を読んでいると
出てくる
魔法の本屋さんとか、ちょっと不気味な図書室
がとっても好きなんです(^^)
あの、シーンとした場所
かび臭いような紙の匂い。
見上げるほどに高い本棚。
iPadにはないよね・・・。
物語からも、そう言うシーンが抜けてくると
とても寂しいです。

投稿: さゆた | 2010年6月 1日 (火) 10:14

>さゆたさん

確かに、これだけITが発達すると
書籍の電子化はいっそう進むと思うのだけど、
でも、紙の書籍が「なくなる」ってことは
ありえないと思うんですよね。

電子図書は電気がないと読めない。
一度消滅したら復旧のしようがない。
電子図書が純粋なデータの集合体だからなんですよねぇ。

この世界は物質でできているから、
やっぱり、物質である本がなくなるってことはないだろうと。
大事なもの、お気に入りのものだけは、本で。
そんな感じになっていくんじゃないかなぁ。

投稿: 朝倉玲 | 2010年6月 1日 (火) 10:23

おじゃまします(おずおず…^^ゞ)

子ども達と散歩がてら、よく本屋さんへ行きます。
そして1冊ずつぐらいは買ってあげて帰ってくるのですが、
道中、子ども達と他愛もない話をしたり、田んぼ道で色々と見たり
見つけたりと、私にとっては楽しいひとときなのです。

なので、暮らしの中から本屋さんは無くなって欲しくないですね…。
本もお気に入りや、発達障害関係の本は手元に置いて必要なときに
眺めたり読んだりしたいです。

あまりに本が増えてしまったので、子ども達がもう読むことは
ほとんどないだろうと思えるものを、お世話になっている
耳鼻科の待合室にお持ちしています。
花粉症の時期や冬場は待ち時間も長くなるので、その時に
小さなお子さんが本棚から絵本を持ってきてめくっていたり
親御さんに「これ…読んで~」と、おねだりしていたり。

何度か持ち込んでいると、受付の方が「どれもきれいだから売れるのに~。
でもいただけるのでありがたいですっ♪」と。

そうか…。売れたんだった。(^^;)
全くその考えは浮かばなかったので、言われてなるほど~と。
でも、小さな手でページをめくったり、お母さんがお子さんに
読み聞かせている情景を見るのが好きなので、私なりには満足ですっ♪

投稿: プーミンママ | 2010年6月 9日 (水) 08:43

>プーミンママさん

いらっしゃいませ~♪
コメントありがとうございます。
別に遠慮する必要なんてないですよ。
ここもアサクラタウンのコンテンツのひとつで、
他の掲示板と全然変わらないですから。(笑)

本って、いろいろなものを運びますよね。
親と子が触れあえるのは、やっぱり本だと思います。
それに、子どもの手荒な扱いに耐えられるのも、本のほうだと……
プーミンママさんのお宅の本は綺麗なんですか?
我が家はどれもぼろぼろになったり汚れたりして、
ブックオ○に持ち込むことさえできません。

売るのももちろん良い方法だけど、
たくさんの親子に喜んで読んでもらえたら、
私としても、そっちのほうが好きですね~。

投稿: 朝倉玲 | 2010年6月 9日 (水) 09:06

玲さん

ありがとうございます…それではお言葉に甘えて♪
我が家の本ですが、すごくきれいです。(^^ゞ)
自慢しているようで恐縮ですが、どれも本当にきれいです。

だから耳鼻科の受付の方も「もったいない…。売れるのに~!」と
毎回のようにおっしゃって下さるんですね。

ですが、様々な方が行き来する待合室で、待っている方が本を手に
してくださるのを見かけると、嬉しくなります。
それがiPadに変わる光景は、まだ私は想像できなくて…。(^^;)

投稿: プーミンママ | 2010年6月 9日 (水) 12:18

>プーミンママさん

うんうん、丁寧に大切に読んできた本を
たくさんの子どもたちや親がまた楽しんでくれたら
すごく嬉しいですよねー。
本にまた命が吹き込まれたみたいで。
iPadでその光景や感動は……難しいだろうなぁ。

投稿: 朝倉玲 | 2010年6月 9日 (水) 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad発売と書籍について:

« ソーダブレッド(レシピ付き) | トップページ | 地上の星、天の星~小惑星探査機「はやぶさ」帰還に »