« 二十歳 | トップページ | 窓の外は雪 »

2010年1月17日 (日)

あれから15年

 あれから15年経つんですね。
 阪神・淡路大震災。


 私たちはちょうど、旦那の転勤で郡山市にひっこしたばかりでした。昇平はまだお腹の中でした。
 旦那がたまたま休みの日で、朝食を食べながらニュースを見よう、とテレビをつけたら、破壊された神戸の町と大火災の映像が映りました。仰天して、旦那と二人、一日中テレビを観ていました。

 黒煙と炎を上げて燃える町。
 必死の消火活動をする住人の姿。
 見えるのに。テレビの中、すぐ近くの光景のように見えているのに。
 駆けつけることができない、何もしてあげられない、という無力感。

 夜になっても燃え続ける町。
 あそこにはまだ人がいるんだ。大勢の人たちが助けを待っているんだ。
 それがわかっていたからこそ、ただ見守ることしかできないことが口惜しくて、哀しくて。

 
 あの日から15年。
 神戸の町はみごとに甦りました。
 そこに注がれた力と希望と時間を想います。
 そして、もう二度と、あんな悲劇が日本のどこでも起きませんように、と祈ります。
 世界のどこでも起きてほしくないけれど――

 私にできることは、あの日を覚え続けること。
 そして、祈り語ること。
 未曾有の大災害を見守った者として。
 

 そして。

 ――どうか、ハイチにも、力と祈りが届きますように。

 

|

« 二十歳 | トップページ | 窓の外は雪 »

コメント

地震で目が覚めたのを覚えています。
かなり離れているのに
揺れたのです。
朝ごはんに起きてきて母に
「朝、地震あったよね?」という問いかけに
「えらいことになっとる。」
テレビに釘付け。会社に出社しても
取引先が大阪にもあったため、てんやわんや。
あの日は忘れない。
覚えておくことが、とても大切だから。

投稿: さゆた | 2010年1月18日 (月) 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/47315630

この記事へのトラックバック一覧です: あれから15年:

« 二十歳 | トップページ | 窓の外は雪 »