« テレビドラマ「JIN―仁―」 | トップページ | 2009SENDAI光のページェント »

2009年11月29日 (日)

モーニング・グローリー(追記あり)

 昨夜は旦那と一緒に「モーニング・グローリー」という巨大雲の番組を観ました。
 NHKの「ワンダー×ワンダー」と民放の「世界・ふしぎ発見」で取り上げて、連続した時間帯で放映したのが、また面白かったです。映像の美しさで迫る「ワンダー」と、その雲のでき方や雲に魅せられた人たちにスポットを当て、実際にリポーターが雲の上へ飛ぶ「ふしぎ」。それぞれにアプローチが違っていて、2時間の特番を観たような、お得な気分になれました。


 さて、モーニング・グローリーというのは、オーストラリアのバークタウンという場所だけで、毎年9~10月の限られた時期に発生する、特殊な雲のことです。
 二つの海風がぶつかり合うことで、全長数百キロにも及ぶ長い雲の帯ができるのですが、高速映像にしてみると、その雲がまるで長いローラーを回転させているように回っているのが、はっきりとわかります。雲の前方と後方で激しい上昇気流と下降気流が起きているので、それが町の上空を通り過ぎていくと、地上は暗くなって激しい風が吹き荒れます。

 でも、上空から見たモーニング・グローリーは、まるで綿の塊! ゲストも言っていたのですが、乗ったら、ふんわり受け止められて気持ち良いのでは? と思うような眺めでした。上昇気流に乗って雲のサーフィンをするために、多くのセスナ乗りがその町に集まってくるのだそうです。
 私はアニメ「ラピュタ」を思い出しながら観ていました。モーニング・グローリーは横一直線の雲だけれど、あれを激しい渦の形にしたら、きっと「竜の巣」です。動力(プロペラ)も回さないのに、気流に乗って飛び続けるセスナ。密度の濃い質感のある雲の塊。うーん、本当にラピュタ! 映像を観ながら、しばし空の上の気分を味わいました。

 世界には、不思議な現象が本当にいろいろあるものですね。


【追記】
 NHK「ワンダー×ワンダー」の動画を見つけました。
 こちらでモーニング・グローリーが見られます。
   ↓
http://www.youtube.com/user/NHKonline?gl=JP&hl=ja

|

« テレビドラマ「JIN―仁―」 | トップページ | 2009SENDAI光のページェント »

コメント

その場、その時だけに見られる現象
神秘的ですよね~
初めに発見した人は偉いっ!

S・P 違う場所でのコメント
すいません。先走りで打ち間違えです(;´д`)トホホ…

投稿: さゆた | 2009年12月 1日 (火) 10:25

>さゆたさん

私は、あの雲の上に飛んでいこうと思った
最初の飛行機乗りに敬意を表するわ。
それにしても、飛行機で雲のサーフィンするんだから
すごいよね~、本当に。

あ。あっちの方は全然気にしてませんので~。(笑)

投稿: 朝倉玲 | 2009年12月 1日 (火) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーニング・グローリー(追記あり):

« テレビドラマ「JIN―仁―」 | トップページ | 2009SENDAI光のページェント »