« 平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」 | トップページ | 炊飯器チーズケーキ玉砕! »

2008年12月19日 (金)

【追悼】福田和禾子さん

 さっき、テレビをつけたら、NHKで今年10月に亡くなった福田和禾子(ふくだわかこ)さんの追悼番組をやっていました。
 福田和禾子と言っても誰のことかわからないかもしれませんね。あの「おかあさんといっしょ」や「みんなのうた」で有名な歌をたくさん作った作曲家です。私は、おさむお兄さん(坂田おさむさん)のブログでそのことを知っていたので、ああ、この方が、と思って番組を見ました。
 参考にwikiのページのリンクを載せておきます。知っている曲、いっぱいありませんか?
  ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E7%A6%BE%E5%AD%90


 番組の中で、福田さんの息子さん(もう立派な大人の方です)が「毎晩、子守歌のように夜遅くまでピアノの音が聞こえていました。母は作曲が好きで好きでたまらなかったんじゃないでしょうか」と話してらっしゃいました。
 親が子どもの頃に覚えた歌を、親になって我が子に歌って上げられるような、長く歌われる歌を、一曲でも作りたい、と福田さん自身はおっしゃっていたそうです。
 本当に、そうなっているなぁ、と福田さんが作った歌のラインナップを見て思います。

 歌のお姉さんだった、つのだりょうこさんがインタビューに答えて、「福田先生は、おかあさんといっしょのスタッフ全員から頼りにされていて、まるで、おかあさんといっしょの『おかあさん』みたいな人でした」と話していたのが、すごく印象に残りました。


 作曲家は、よほどのことがなければ表舞台には登場しません。ただ曲のタイトルのところに、作曲者として名前が出るだけです。
 それでも、良い曲を作りたくて、それをみんなに残してあげたくて、最後まで曲を作り続けたのですね。
 素敵な人生だなぁ、とすごく思います。そんな人だったからこそ、こんなに素敵な曲をたくさん作れたのですね。

 福田さん、すばらしい曲の数々を本当にありがとうございます。
 あなたの歌を歌う子どもたちや大人たちの声を、これからもずっと、天国で聞き続けてくださいね。

|

« 平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」 | トップページ | 炊飯器チーズケーキ玉砕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【追悼】福田和禾子さん:

« 平原綾香「パス・オブ・インディペンデンス」 | トップページ | 炊飯器チーズケーキ玉砕! »