« 公園散歩便り・21 | トップページ | 公園散歩便り・23 »

2007年11月10日 (土)

公園散歩便り・22

 今日は今にも降り出しそうな曇り空。
 綺麗に黄葉した白樺林も、なんとなく淋しげです。

Shirakaba


 沼の周りの遊歩道は、夕方かと思うような薄暗さで、さすがに早足に通り抜けてしまいました。
 この「暗さ」に対する不安感というのは、やっぱり本能的なものなんでしょうね。木の葉の落ちた梢から見える空が意外なほど明るくて、ほっとしました。

Matubokkuri_2
 これは枝いっぱいに星のように実っていた小さな松ぼっくり。


 本当に落葉も進みました。ほとんど散ってしまった桜の枝に、わずかに残った葉の赤さに目が惹かれます。

Sakura


 あたりはますます薄暗くなって、雨の気配が濃くなってきます。
 肌には感じないのだけれど、時折、唇に霧雨が触れるようになったので、急いで駐車場へ戻ります。
 途中、水車のある淵は鏡のようでした。

Suisya

 家に帰り着いて間もなく、雨が本格的に降り出しました。
 今は、窓から見える向かいの屋根が濡れて光っています。

|

« 公園散歩便り・21 | トップページ | 公園散歩便り・23 »

コメント

ほーんと、良い公園だなぁ。( ̄ω ̄)

投稿: 沼ぼん | 2007年11月10日 (土) 12:31

はいな。
とても良い公園です~。(笑)

投稿: 朝倉玲 | 2007年11月10日 (土) 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公園散歩便り・21 | トップページ | 公園散歩便り・23 »