« あづい | トップページ | カエル »

2007年8月 6日 (月)

平和への祈り

今年もテレビで平和式典を見ました。
昇平は小学校の国語で原爆と平和について学習したところなので
今年は事前に話をして、昇平と一緒に見ました。

広島市長の平和宣言は具体的で、とても良い内容だったと思います。
子どもたちの平和への誓いも、とても力強かったです。
同じ6年生の子たちが語っていたので、昇平も関心を持って聞いていました。
でも、
阿部総理の話は、なんだか上っ面だけだったような・・・。
お決まりのことをただ繰り返しているだけに聞こえました。
戦争と被爆の歴史を謙虚に学び、被爆者の声に真摯に耳を傾けることが
日本政府には本気で必要なのだと、私も思います。

昇平はネットサーフィンをするようになって、
あちこちのアニメサイトなどをのぞくようになったのだけれど、
その中には、ぎょっとするようなブラックなものが時々含まれていました。
アニメなので、フィルタリングもすり抜けるんですね・・・。
核兵器や戦争を面白おかしく描く内容や
大量殺戮の場面をかっこよく美化しているもの。
そのたびに本気になって「それは違う!」と話して聞かせましたが、
本当の戦争がどれほど残酷で悲惨なものかは、
いくら言い聞かせても伝わりきらないのだと感じました。
その時、そこで何が起き、どんな場面が繰り広げられ、
その後、人々がどれほど傷つき苦しんだか、
自分で感じ取らなくちゃいけない。
だから、今年は早起きさせて、平和式典を見せたわけです。

午前8時15分に黙祷をしました。
昇平も、1分間しっかり手を合わせていました。

この子たちが、そして私たちが、
幸せに生きていくためには世界は平和でなくちゃならない。
長い平和にそのありがたみを感じる心が麻痺してしまわないように。
人が人らしい心を失わないように。

今年も心でそう願いながら、
手を組み、黙祷を捧げました。

世界が平和でありますように。
日本が平和であり続けますように。

ヒロシマの祈りが、世界中の人々に届きますように――。


「星空掲示板」の書き込みを再掲)

|

« あづい | トップページ | カエル »

コメント

非戦闘員である市民が、理不尽な大量殺戮にあう。
戦争というのはそうした仁義も何もない非道な行いであり、正義を騙った罪そのものです。
被爆国だからこそ、平和の訴えが真実味を帯びたものになるはず。
忘れてはならないし、戦争はいつになってもなくならないとしても、平和に向けての努力がもっとグローバルに伝わっていかなくてはいけないと思います。黙祷。

投稿: Elinor | 2007年8月 6日 (月) 09:49

ヒロシマの事を知ったのはいつだっただろうか。
・・・小学5,6年の夏だった気がする。
「ガラスのうさぎ」の映画を見ました。
恐かったのか、悲しかったのか
ともかく涙があふれた。
そのあと、「はだしのゲン」を読みました。
原爆投下後、人がどんなに苦労して生き抜いてきたか・・・。
戦争してほしくないです。
銃をもってほしくないです。
弱虫でいいです。
いつも、いつも思ってます。

投稿: さゆた | 2007年8月 6日 (月) 13:29

私が原爆を知ったのは、たしか小学2年生の頃でした。
原爆と戦争と東京大空襲と沖縄侵攻と――そういう戦争に関するあらゆる情報とイメージが一気に入ってきたようで、その後数年間は、原爆恐怖症、戦争恐怖症といえるような状態に陥りました。
学校の地図帳で長崎や沖縄の載っているページを開くのさえ怖くて。その場所に当時の戦没者の遺骨が、死んだときそのままの状態で埋まっているような気がして、すごく怖かったのを覚えています。
本当は広島も怖がらなくちゃならなかったのだけれど、当時の私は広島がどこにあるのか知らなかったので、そのページは平気でしたが……。(苦笑)

そう、小学5,6年生の頃でしたね。こんなふうに怖がってばかりいちゃダメだ。戦争がどんなものだったのか、きちんと知らなくちゃいけないんだ、と考えるようになったのは。
それから、図書館で原爆に関する本を次々と借りるようになって。
高校生になるまで、ずいぶん読みましたね。有名どころをむしろ読んでいなかったような気はしますが、被爆者の手記のようなものは、けっこう読みました。どんなに言葉つたなくても、実際にその場所にいた方たちの言葉は重かったです。
あまり悲惨な様子は書かないのです、そういう方たちは。むしろ、押さえたような文章、淡々としたくらいの表現のことのほうが多かった気がします。
それがね――ものすごく重かったです。そういう語り方でしか、当時を思い出せないのだという事実を感じて。

平和は尊いです。
日々、不平不満ばかり口にしてしまう私たちだけれど、こうして今日と明日を生きていられることを保証してくれる今の日本は、本当にすばらしいと思っています。
なくしてしまってから、そのありがたみに気がつくことがないようにしたいな、と思うのです。

投稿: 朝倉玲 | 2007年8月 6日 (月) 14:09

実はうちの両親は戦前派。母の親友の親兄弟が広島で亡くなっています。一瞬にして人格も尊厳も奪う核兵器の話は、私にとっては生々しく身近なものでした。
結婚前に、どうしてもと思って広島を訪れました。次代にしっかり語り継いでいかなければ、と。
今でも、某湾岸戦争のときのように、ピンポイントでミサイルが打ち込まれる映像がTVで流れると、つい「あの下にはニンゲンがいるのだよな…」と、ゲームのような画像と現実との違和感に悩まされます。

広島の子どもたちが言ってたように、私たちは過去に対しては何もできないけれど、未来に対して責任を背負ってるのだな、と思います。
平和の中にあると忘れがちですが、終戦記念日に向けてもう一度子どもたちと話をしてみようと思いました。ありがとうございます。

投稿: よさこ | 2007年8月12日 (日) 10:08

よさこさん、コメントありがとうございます。

>今でも、某湾岸戦争のときのように、ピンポイントでミサイルが打ち込まれる映像がTVで流れると、つい「あの下にはニンゲンがいるのだよな…」と、ゲームのような画像と現実との違和感に悩まされます。

それです!

私は、湾岸戦争のとき、ニュースを見ていて本当に怖かった。
撃ちだされていくミサイルの映像が、あまりにもゲームや映画の映像のように見えてしまって。「あの下には人間がいる。あれが落ちていく下で人間が死んでいくんだ」と・・・。
見えているものと現実とのギャップが、本当に苦しかったです。

今は、日本中、世界中のさまざまな出来事が、映像になってリアルタイムに近い状態で伝わってくるけれど、「見えているのに真実が伝わってこない不安」というのは、昔よりずっと強くなってますね。
やっぱり、平和は人が人に伝えていかなくちゃいけないものなんだろうと思います。

投稿: 朝倉玲 | 2007年8月12日 (日) 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あづい | トップページ | カエル »