« 「ターミネーター3」 | トップページ | やっぱり故障でした »

2007年7月 3日 (火)

「チェックエンジン」点灯

 最近また車(スズキ「ワゴンR」)の調子が悪いです。3週間くらい前から、運転中に時々「チェックエンジン」の警告灯がつきます。
 「なんでそんな車に乗り続けてるんだ!? 危ないだろう!」
 はい、ごもっともです。今日、車屋さんに持っていきます。

 いえ、点灯する「だけ」なんです。
 もちろん、点灯したときには車を停めてエンジンルームを確認します。エンジンオイルの量、オイルゲージ、バッテリーの量、音、匂い、振動している様子、メーターの水温表や回転計もしっかり見るし。でも、どこにも異常が感じられない。で、少し走ると警告灯が消えるものだから、なんだろ~? と思いながら、また様子を見ることになる。すると、忘れた頃にまた警告灯がつく。

 なんとなく条件として共通しているのは、気温の高いとき、天気が良くて暑い日、坂道を上ったとき、長距離を走ったとき……という環境です。そういうときに点灯する。でも、必ず、と言うわけでもない。よく行く立体駐車場で2階に上がったら、二度とも同じように点灯しました。二男を学校へ送るのに学校前で坂を上るのだけれど、1回目は点灯したけれど、今朝はつかなかった。今朝は涼しいせいもあるのかなぁ。
 日曜日には旦那が運転して福島市内まで行ったのだけれど、この時には途中から点灯しまくりました。坂道昇らなくてもついて、かなり長時間消えなくなったし。「これはやっぱり変だ。ちゃんと見てもらえ」ということで、今日、車屋さんに持っていくことになったんですが。

  「うちの車なんてつきっぱなしよ。いくら見てもらっても原因がわからないの。電気系統の誤作動だろうって」
 と言う知人もいます。でも、前回「チェックエンジン」が点灯したのは、例のリコール対象になっていたエンジントラブルで、高速道路の真ん中でスローダウンしたときなので、「点灯してもまた消えるからいいや」という気分にはならないんですね。 
 ワゴンRも7年目。そろそろ、あちこちガタが出始める頃でしょうか。 ちゃんと原因がわかるといいな、直るといいな、と思っているのですが。はてさて。
 とにかく、車屋さんに行ってきます。

|

« 「ターミネーター3」 | トップページ | やっぱり故障でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ターミネーター3」 | トップページ | やっぱり故障でした »