« 「チェックエンジン」点灯 | トップページ | ノートパソコンの過熱 »

2007年7月 5日 (木)

やっぱり故障でした

 前回『「チェックエンジン」点灯』というタイトルで記事を書いたとおり、車のエンジンアラームがついたり消えたり、という状況が半月以上続き、とうとう自動車屋さんに持ち込んだのが一昨日のこと。今日、無事修理がすんで戻ってきました。やっぱり、エンジンの電子部品の故障でした。
 最近のオートマ車はコンピューターにかけないとエンジンの故障箇所がわからないとのこと。福島市のメーカーまで持っていって調べたら、「カムポジションセンサー」とかいう部品が壊れていたそうな。交換。部品価格4,300円。センサーということは、エンジン本体が故障していたわけではないから、それで走行中に異常を感じなかった、ということかな。
 でも、ネットで検索したら、こんなページを見つけました。それこそ自動車修理工の方のブログらしいけれど。

 http://shinshu.fm/MHz/71.54/archives/0000191298.html

 そのまま走っていたら、暑い日にエンストしたかもしれないって? うわうわ~!
 うちのワゴンR、前にリコール対象のエンジントラブルで高速で停まっているんですからね。いやぁ、くわばらくわばら。
 なんにしても、やっぱりおかしいと思ったら見てもらわなくちゃいけませんね。無事に直ってきて、一安心でした。
 やれやれ。
 
 

|

« 「チェックエンジン」点灯 | トップページ | ノートパソコンの過熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「チェックエンジン」点灯 | トップページ | ノートパソコンの過熱 »