« ドングリクッキーを作って食べる | トップページ | 宙船(そらふね)・2―「いじめ」を考える― »

2007年1月 7日 (日)

七草がゆ

 今日は1月7日。一年間の無病息災を願って、朝食に七草がゆをいただきました。

 でも、思い出してみると、私が子どもだった頃にはまともに七草がゆなんて食べた記憶がありません。テレビや新聞や雑誌などで「七草がゆ」の話題は取り上げられるし、国語の時間に「春の七草」を暗記させられた記憶もあるのだけれど、肝心の実物を食べたことがなかったのです。
 親が怠慢をしていたから? いえいえ、あの当時、1月7日に東北地方で七草なんて手に入らなかったからでございます。野も山も雪の下。摘み草なんかできるわけがない。当時は七草なんて売ってませんでしたしね。
 時代は変わり、流通機構も栽培技術も進み、雪国でも新鮮で柔らかな「七草セット」が店頭に並ぶようになった今。私たちも気軽に七草がゆを作って食べられるようになった、というわけです。

 七草がゆの作り方というのは、全国共通なんでしょうか? うちは、七草セットのパッケージにあるとおりの作り方をしています。おかゆを炊いて、塩少量を混ぜ、湯通しして刻んだ七草と、焼いた小さな角餅を混ぜていただくわけです。おかゆだけではすぐ空腹になりますが、餅が入っているので満腹感が持続します。
 
 今年は昇平が七草がゆを喜んで食べました。今までは形ばかり箸をつけて、あとは「いらない」と言っていたのに、今年になったら「ぼく、いっぱい食べたいからもっとわけて」と言ってきて、本当に、誰よりもたくさん食べました。あれほど好き嫌いの激しかった子が、最近は本当に何でも食べて、食べ過ぎて、ダイエットが必要になってきたほど。七草がゆの食べっぷりを見て、今年はどこまで大きくなっていくんだろう……と密かに不安になりました。上に大きくなるのはいいけれど、横に育つのはねぇ。(苦笑)

 七草も済んで、正月も一通りおしまい。あ、年賀状、あと少しだけ返事を出していない人がいたのだわ。書かなくちゃ。
 一区切りつける七日が日曜日というのは、用事が片付いて悪くないかも、とも思ったのでした。

|

« ドングリクッキーを作って食べる | トップページ | 宙船(そらふね)・2―「いじめ」を考える― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草がゆ:

« ドングリクッキーを作って食べる | トップページ | 宙船(そらふね)・2―「いじめ」を考える― »