« 年賀状に浮かぶ顔 | トップページ | 七草がゆ »

2006年12月31日 (日)

ドングリクッキーを作って食べる

061230_1612 ドングリクッキーというのは、文字通り、ドングリを材料にしたクッキー。これを昇平と一緒に作って食べてみた。

 そもそもの始まりは昇平が借りてきた『発見!体験! 日本の食事・1 ドングリクッキー~縄文時代の食事を体験しよう~』という本。(ポプラ社)
 その少し前に『○○のはじまり』という別のシリーズの本を読んでいて、縄文時代の生活の様子に関心を持っていた昇平が、学校の図書室からこの本を見つけて、冬休み中に読む本として借りてきたのだ。それを夜寝る前の本の読み聞かせタイムに少しずつ読んできたけれど、これがなかなか楽しい。ドングリの種類に合わせてアクを抜き、それを粉にしてクッキーに焼いて食べよう、という体験書なので、大人の私が読んでもワクワクしてきた。
 昇平もとにかくドングリクッキーを作って食べてみたくてしかたない。とうとう「おかあさん、学校までドングリ拾いに行こう!」と言い出した。昇平の学校の昇降口前には、大きなドングリの木が2本生えていて、秋にはたくさんの実を落とすのだ。
 「う~ん、でも今は冬だしね、行ってもドングリはもうあまり落ちてないかもしれないよ」と言ったけれど、それでもどうしてもドングリを拾いたい、と言うので、買い物のついでに車で回ってみた。と……と! もう子どもの姿もない冬休みの学校の敷地に、つやつやと綺麗なドングリがたくさん落ちているではないか!
 実は、その前日、このあたりにちょっとした台風並の強風が吹き荒れた。学校のドングリの木は、どうやら冬にも実を枝につけていたようで、それが風に振り落とされていたのだ。これはすごい~! 最高の状態のドングリだわ! さっそく昇平と拾ったけれど、ビニール袋にかなりの量を集めることができた。

 『ドングリクッキー』の本によると、ドングリはかなりアクの強い木の実で、ドングリの種類によってアクの抜き方も違うという。まずは、拾ってきたドングリがなんという木の実なのかをネットで調べた。
 ドングリの木は、実の大きさ、形だけでなく、袴(はかま)の様子や木の幹の肌、葉の形なども鑑別のポイントになる。木肌などは携帯で写真に収めてきたので、それとドングリ関係のサイトの種類をじっくり見比べた。
 ……うーん。葉の形からすると、ツクバネカシかイチイガシが似ているけれど、その二種類ではアクの抜き方が違う。ツクバネカシはコナラ科だから、かなりアクが強い。一方のイチイガシはアクがほとんどなくて、そのままでも食べられるとある。どっちだろう?
 さらに調べる。あ、イチイガシは関西以南にしか生えてないとある。ツクバネガシは宮城県以南。こっちの可能性が高いな。木肌も似てるし。でも、本当に本当に、そうかな?
 しばらく考えて、確実な鑑別方法を思いついた。実を食べてみればいいんだ! 生の実を、殻をむいて口に入れてみた。かみかみ……渋い!(笑) ということで、めでたく、拾ってきたドングリはツクバネガシとわかった。
 ちなみに、昇平にも生の実を少し食べさせてみたら、たちまち「まずいっ!」と吐き出していた。ははは。これがどんなふうに変わっていくか、ちゃんと覚えておいてね。

 コナラ科のドングリは、先に書いたとおりアクがかなり強い。縄文時代には灰汁(あく)を使ってアクを抜いたらしい。灰汁とは木や藁を燃やした灰のこと。このあたりでも、山菜のアク抜きに使うけれど、我が家は農家ではないので灰はちょっと手に入らない。なので、代わりに重曹を使うことにした。
 本を見て、さっそくアク抜き開始。以下に、その手順に合わせて写真を載せてみる。ちょっと見づらいだろうけれど、スペース節約のため、縦長写真で。

061229_0804061229_1105061229_1121061229_1159061230_0547_1

【ドングリの殻をむく】
1.ドングリを洗って、殻ごと水からゆで、ザルに上げて一晩おく。(写真一番左)
2.古いフライパンでから煎りする。殻がはじけて、むきやすくなる。
3.殻から実をむいて取り出す。渋皮もむく。(写真2番目。手前が実)

【アクを抜く】
1.殻をむいた実を鍋に入れ、水と重曹をくわえて煮る。
  茶色の水が出たら捨てて、また水と重曹を入れて煮る。
  これを2~3回繰り返す。
  アクが泡のようにわき出てくる。(写真3番目)
2.1を今度は水で煮る。
  お湯が茶色になったら捨てて、また水を入れて煮る。
  茶色い色が出なくなるまで、これを繰り返す。
  とにかく、茶色い色はしつこく出てくる。実に12回くらい煮こぼした。(写真4番目)
3.2をざるに入れ、出しっぱなしにした水道水で一晩さらす。
  縄文時代はかごや袋に入れ、川の流れに沈めてさらしたらしい。
4.これでやっとアク抜き完了。
  実の色が白っぽくなった。(写真一番右)


 アク抜きしたドングリの実をそっと食べてみた。小さな実は完全に抜けている。大きめの実も、ほのかに渋みが残っていたけれど、食べられないというほどではない。甘みもなにもない、本当に癖のない味。ただ、香りだけが栗などとは違っていて、確かにドングリですよ、と言っているようだった。
 それにしても、食べられるようにするまでに本当に手間がかかる。同じように手間をかけてアクを抜くものにトチの実があるけれど、あれは粒が大きいし保存もきくから、つい最近まで飢饉の際の救荒食料として蓄えられていてきた。トチの実をつき込んだトチ餅は今でも土産物屋などで売られている。それに引き替え、ドングリは実が小さい上に、手間をかけてアクを抜いてもその見返りになるほどのおいしさもないから、いつの間にか食べられなくなってしまったのだろうな……と思った。

 さて、いよいよドングリクッキー作りに挑戦。
 本当は水気を切ったドングリを完全に乾かしてから粉に挽くらしいけれど、そんな暇もないので、まだ湿っぽい煮豆のようなドングリをハンディミキサーにかけて粉砕した。ウィーン。
 少し時間がかかったけれど、ちゃんとドングリ粉ができあがった。(下の写真一番左と2番目)

061230_1511061230_1516061230_1517061230_15351061230_1600_1

 『ドングリクッキー』の本は、縄文時代の食べ物を再現しているので、ここにそば粉とハチミツ、山芋と卵を入れることになっている。山芋や卵は「つなぎ」。ドングリ粉はかなりボソボソしているのだ。たぶん、縄文時代にはドングリ粉100%でクッキーや団子を作っていたのだと思うけれど、今の我々の口にはとても合わないので、そば粉も混ぜているらしい。
 ところが、スーパーに行ってみたら、そば粉が売っていない。う~ん、年末だから「年越しそば」なら大量に売っているんだけどなぁ。考えて、製菓コーナーから小麦胚芽を買った。口当たりがドングリ粉に似ているのと、わずかに残る渋みをカバーしてくれそうな気がしたから。小麦胚芽は赤っぽい茶色。縄文時代にはなかった砂糖も加えた。だって、ハチミツが家になかったから。ドングリ自体に湿り気があって、混ぜたらけっこうまとまったので、山芋はくわえなかった。(写真3番目)
 丸めて、平たくして、いよいよクッキーを焼く。本では野外で石を焼いてクッキーを焼くことになっているけれど、家庭ではとても無理なので、テフロン加工のフライパンを使った。(写真4番目)
 手順を一応まとめると、以下の通り。

【クッキーを焼く】
1.アク抜きしたドングリをミキサーで粉にする。(写真1番目と2番目)
2.ドングリと同量の小麦胚芽と混ぜ、砂糖、卵1個もくわえてこねる。
  粘りが足りないようなときには、すり下ろした山芋(とろろ)もくわえる。(写真3番目)
3.丸めて平たくし、テフロン加工のフライパンを使って、弱火で焼く。(写真4番目)
4.焼き上がったクッキーを網の上に載せて冷ます。(写真5番目)


 さて、できた。ドングリクッキー!
 台所の中は香ばしい匂いでいっぱい。まだ温かいクッキーを昇平がさっそく口に運んだ。
「ご感想は?」
 にこにこしていた顔が一瞬神妙な表情に変わる。
「……微妙」
 どうやら、想像していたような味ではなかったらしい。
 私も食べてみた。小麦胚芽は味が強いし、ドングリはほとんど味がないから、ドングリを食べているという感じがあまりしない。ただ、小麦胚芽だけで作ったクッキーに比べると、もっちりした歯触りがある。うん、これがドングリの味わいかも。
 とにかく、意外なくらい、まともに食べられる。何も言わなければ、誰も絶対に材料が「ドングリ」だなんて気がつかない。
 ふと見ると、「微妙」と言っていたはずの昇平が、おかわりしながらドングリクッキーを食べていた。ありゃりゃ、ちょっとおいしく作りすぎたかなー。もっと素朴な味を体験してもらうつもりだったのに。(苦笑)

 まあ、とにかく手間はかかる。
 ドングリが食べられることはわかったけれど、また作って食べてみようという気には、ちょっとならない。縄文時代の人たちは、本当に苦労しながら食べ物を手に入れていたんだなー。
 ただ、もしもこれから本格的な飢饉に襲われるようなことが起きて、何でもいいから食料を手に入れなくちゃならない、という事態になったときには、こうしてドングリだって食べることができる、という自信はついた。
 ……そんな日は、まず来ないだろうけどね。(笑)

 ドングリクッキーはまだ十数枚残っている。
 明日の元日には、私の実家へ年始に行く予定なので、これを持っていって、実家のメンバーにも味見させてみよう。さて、彼らはどんな感想を持つだろう。(笑)
 気ぜわしい年末なのに、好奇心に負けて、昇平と挑戦してしまったドングリクッキー作り。私は縄文時代の生活に思いをはせることができて、とても楽しかった。
 昇平はどんなことを感じたかな?
 せわしさの中、ふと立ち止まって、楽しい時間を過ごせたひとときだった。

おまけ
 下の写真は、『ドングリクッキー』の本を眺めながら、実物を食べている昇平。
061230_1535 

|

« 年賀状に浮かぶ顔 | トップページ | 七草がゆ »

コメント

本当に実家にドングリクッキーを持っていって、試食してもらいました。(笑)
正体を知っていたのは、ブログを読んでいた父と弟だけ。他のメンバーはまったく知りません。何も言わずに「食べてみて」と渡しました。
妹たち、一口食べて「ん?」という顔。
姪っ子たちも「なにこれ?」。
材料を当ててみて、と言ったら、「よく見かける身近にあるもの」「普段は食べないもの」「家の外にあるもの」というヒントから推理して、弟の奥さんだけがドングリと当てました。
他の全員は「え~~!??」とびっくり仰天。(笑)

全体としては、「豆か大豆(おから)のクッキーのような味」「もっちりした不思議な食感」というところが、共通の感想のようで、最初は変な顔をしながら食べていたのに、食べ終わる頃には「けっこうおいしいね」と言うようになっていたのも共通でした。

ただ、作る過程を家で見ていた、うちの兄ちゃんだけは「ドングリクッキーって美味くないよ」。
あのね、ドングリだぞ。おいしかったら、今頃もまだ食べ続けられていたはずでしょうがー。
彼もまた、実は密かにおいしい味を想像していたのかも。(笑)

投稿: 朝倉玲 | 2007年1月 3日 (水) 10:40

で、ドングリクッキー、あと3枚残っているんですよね。
乾燥剤入れて、冷蔵庫に保存してあるんだけれど。
どうしようかな、これ・・・。

3学期になったら、話のタネに昇平に学校へ持って行かせようかしら。(爆)

投稿: 朝倉玲 | 2007年1月 3日 (水) 10:42

縄文時代の食事を勉強中、どんぐりクッキーを検索してここに来ました。ついつい全部読んでしまいました。いつか自分も、その素朴な味を食べてみたいです。

投稿: どんぐり | 2012年6月17日 (日) 21:41

>どんぐり様

コメントをありがとうございました。
これはずいぶん前にやった実験でしたが、香ばしい味のする素朴なクッキーができました。
ただ、翌年にもチャレンジしてみたときには、あく抜きが不十分だったのか、ドングリの種類が違っていたのか、えぐい味のクッキーになってしまいました。
あく抜きにはとても長い時間がかかったし、昔の人は本当に「食べること」に努力を惜しまなかったのだな、と痛感しました。
いつか、どんぐりさんもお試しになってみてください。肌で感じることができますよ。

投稿: 朝倉玲 | 2012年6月18日 (月) 06:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドングリクッキーを作って食べる:

« 年賀状に浮かぶ顔 | トップページ | 七草がゆ »