« アサクラ・タウンのトップに子どもの絵 | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」 »

2006年11月11日 (土)

雨の日のパン作り

 土曜日です。でも、旦那は仕事、兄ちゃんは学校。
 昇平、昨日から「誰かと遊びたいよ~!」
 でも、君は越境通学しているから、近所に遊び相手はいないんだよね。去年まで同じクラスだったCくんは近所だけど、中学生になったら、いくら昇平が誘っても遊びに来なくなってしまったし。
 今日の午前中、学校の校庭でボールを使ったスポーツを教えてくれる、と全校児童にアナウンスがあって、「行きたい!」と昇平は張り切っていたけれど、朝から暗い空、間もなく降り出してきた雨。
「遊びたいよ」「誰かと遊びたいよ」「アリンコとでもいいから、遊びたい!」
 そう泣かれてもね……どうしようもないんだよ。遊びたくない人のところへ押しかけていくわけにもいかないし。

 窓の外ではますます強まる雨。これじゃ遊びに出かけることもできないねー。
「お母さんとぼく、二人だけだね」
 一応じいちゃん、ばあちゃんはいるけど、一緒に遊ぶってわけじゃないしね。
 こんな時には、こんな日には……

 思いっきり、何かをやって楽しんでしまおう!

 雨降りだから、出かけないでできること。家でできて楽しいこと。えーと、そうだな――うん、パン作り!
 あれなら生地をドスンバタンとこねるだけでも、ストレス発散になるだろうし。
 少し前にピザを作ったときの強力粉も残ってる。イーストもまだある。他の材料も……うん、あるある。よし、これで行こう。

 冷たい雨降り、暗い空。心の中まで暗くなってきそうだから。
 思いっきり楽しく遊びながら作っちゃおうね。
「中身、何を入れる? そうだ、クリームパン! こないだみたいにカスタード作ろう!」
「あら、いいねぇ。あとは、お母さんはシナモンロールを作りたいな。干しぶどうを入れて」
「昨日のカレーの残りも入れて、カレーパンにしていい?」
「いいよー」

 というわけで、二人でこねて、発酵させている間にカスタードクリームも作って、ふくれた生地を切り分けて、それぞれに好きなパンを作っていった。あら、カスタードがずいぶん余ったわね。じゃ、これはまた油で揚げて、揚げカスタードにしちゃおう。
 残り物で作った揚げカスタード。じいちゃん、ばあちゃんに進呈したら大喜びされた。

 二次発酵の後、溶き卵を塗って、200℃のオーブンで12分。いい焼き色が付いてパンが焼き上がった。
 本職のパン屋さんのパンにはもちろんかなわないけど、焼きたてあつあつのパンは、とびきりおいしかった。
「けっこう、ちゃんとパンになってるな」
 とは味見をしたじいちゃんの感想。(笑)
 たくさん焼けたから、兄ちゃんにも食べさせてやろう。兄ちゃんは、何にも入っていないシンプルなパンが大好きなんだよね。

 明日は日曜日。でも、旦那はまた仕事だという。予報では明日も雨降りらしい。
 明日はまた昇平と電車に乗って、福島駅まで遊びに出かけるかな。
 雨なら雨が降ったように、空の暗さに負けないように。(*^_^*)

061111_1212 ←焼き上がったパン。けっこうまともでしょ?(笑)

|

« アサクラ・タウンのトップに子どもの絵 | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」 »

コメント

今日は兄ちゃんが早く帰宅しました。
さっそくパンを食べて、「うまいじゃん!」
今は昇平と兄ちゃん、二人でゲームをやってます。
やっと遊び相手ができて、昇平も嬉しそう。

投稿: 朝倉玲 | 2006年11月11日 (土) 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日のパン作り:

« アサクラ・タウンのトップに子どもの絵 | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」 »