« 縄文パンが進化したら~銀嶺食品「穀福」~ | トップページ | 今週から来週にかけての予定 »

2006年10月14日 (土)

子どもたちの和太鼓

 今日は土曜日。天気も良いので昇平と一緒に福島駅前まで遊びに出かけました。いつもならば自家用車で目的地まで直行してしまうのだけれど、今回は、昇平の社会勉強も兼ねて、阿武隈急行(あぶくまきゅうこう)という第三セクターの鉄道を利用。目的地と金額を確かめて、自販機にお金を入れて、ボタンを押して切符を買って……。
 とやっていたら、乗車してから、今日10月14日が「鉄道の日」だったことが判明。しまった! 一日乗り放題のフリー切符が600円で買えたから、往復ならそっちのほうが安かったのに!! う~ん、もったいなかった。
 とはいえ、昇平を電車に乗せる機会もめったにないので、やっぱり正規の方法で切符を買わせてよかったんだ、これも授業料のうちさ、と自分で自分を慰めておりました。

 さて、電車を降りて福島駅の東口へ。目的地は西口にあるゲームセンター。昼食は「マクドナルド」、お土産には「ミスタードーナツ」でポン・デ・リングを買って帰る、という予定。おぉ、完璧なスケジュールだわ。(昇平にとっては。爆) 地下の連絡通路を通って西口へ向かおうとしたら……ふいに響いてきたのは大小の和太鼓の音。あ、なにかイベントをやってる!
 実は、私は和太鼓がめちゃくちゃ大好きです。体の芯から揺すぶられるような力強い音を聞くと、もう居ても立ってもいられなくなります。この時も、音に引かれてふらふらと……。
「お母さん、早くゲーセン行こうよー」
 と言う昇平に、
「待って待って。ちょっと太鼓を聴いていこうよ」

 軽快で力強いリズムと笛の音が響いてきます。古典的な和太鼓というよりは、創作和太鼓の雰囲気? メロディが新しい感じがします。白狐のお面をかぶって、舞うように太鼓を叩く数人の奏者たち。合間に「やぁっ!」とかけ声が響きます。――あ、子どもだ!?
 びっくりしました。とても子どもの演奏とは思えないくらい、ぴったりと息のあった演奏です。音も動きも、本当に素晴らしい。力強くて、勢いがあって。
 演奏しながら、やがてお面を外すと、下から現れたのは高校生くらいの男の子たちの顔でした。よく見ると、後ろで太鼓を叩いているのも、わきで小太鼓や笛を演奏しているのも、みんな子どもたち。小学生くらいの男の子も、中学生くらいの女の子たちもいます。うわ~、すごいっ! これはすごいっ!!
 私自身は和太鼓が好きだけれど、そんなに回数多く聴いているわけではありません。ただ、それでも、うまいか下手か、そこだけはしっかりとわかります。この子たちは、本当にうまい。一糸乱れぬ演奏に、ここまでどれくらい練習を重ねてきたんだろう、と思わせられます。
 すると、昇平が
「ねー、お母さん、早く行こうよ。遅くなっちゃうよー」
 たっ、頼むっ! お願いだから聴かせてちょうだいっ!
 幸い、同じイベント会場で無料のポップコーンを配ってくれていて、昇平はそれを食べて、少しの間は静かにしていてくれました。お礼代わりに、近くでやっていた緑の活動の募金箱に100円をチャリン☆

 和太鼓の演奏が2曲目に入りいました。「大和」というタイトルで、日本人の心意気や魂を表現しているのだと解説が流れます。やはり創作和太鼓のようです。これも、やっぱりうまい! もう、泣けてくるくらいじょうずです。
 もちろん、大人の和太鼓と比べれば、どうしても力強さや深みは及ばないかもしれません。でも、その代わり、子どもたちは、これ以上ないほど真剣に演奏しています。全身全霊をかけた真剣さが、太鼓の音、笛の音に乗って、びんびんこちらに伝わってきて、迫力になり、感動を生みます。これはたぶん、高校野球の熱闘に共通する感動かもしれません。あの真剣さこそ、子どもたちの素晴らしさです。
 私のすぐ目の前に「根小屋太鼓」というはっぴを着た男の方が立っていました。腕組みをして、じっと子どもたちの演奏を見守っています。ああ、きっと太鼓の指導をしてこられた方なんだろうな、と、演奏を聴きながら黙って拝見していました。

 ラストの3曲目。だけど、昇平が限界。
「ねえ~、早く行こうったら~! 遅くなっちゃうよ~!」
 しかたなく、後ろ髪を引かれる想いで会場を離れようとしたものの――太鼓の音が響き出すと、やっぱり後ろ髪を引かれて、引き止められてしまった!
「お願いっ! お願いっ! 飲み物買って上げるから、もう一曲だけ聴かせてちょうだい! これが最後なのよ!」
 昇平を拝み倒し、キオスクで超特急でドリンクを買って昇平に渡し、また会場へ駆け戻り……。
 ああ、よかった! 最後の部分だけだったけれど、3曲目も聴けた!
「ありがとうございましたっ!」
 演奏を終えて爽やかな声で挨拶をする子どもたちに、心から拍手を送りました。

 今日明日の二日間、福島駅周辺では「いきいきふくしま元気UP!フェスタ2006」というのをやっています。和太鼓の演奏は、その中のイベントのひとつだったわけです。
 電車で駅前に行くと決めたのは割と急なことだったので、そんなイベントをやっていることもまったく知らなかったのですが、本当に、思いがけず素敵なものを見て(聴いて)しまいました。
 やれやれ、やっと動いてくれたよ、と言いたげな昇平と連絡通路に向かいながら、心の中は、思いがけないお土産をもらったようで、ほっこりと暖まっていました。
 また機会があったら、あの子たちの演奏を聴きたいなぁ。(*^_^*)

Taiko1 ←携帯で撮った写真なので映りは良くありませんが、こんな感じ。写真をクリックすると少し大きくなります。


 
 

|

« 縄文パンが進化したら~銀嶺食品「穀福」~ | トップページ | 今週から来週にかけての予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/12280247

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの和太鼓:

« 縄文パンが進化したら~銀嶺食品「穀福」~ | トップページ | 今週から来週にかけての予定 »