« 人生という旅の荷物 | トップページ | オレンジババロアに挑戦 »

2006年10月 9日 (月)

インターネット内弁慶

 ときどき、つらい、というか切ない気持ちになることがある。
 誰かから「ぜひご参加ください」と活動や集まりに誘われるとき。知人友人からお茶のみにおいで、と招かれたとき。最近だと親の会関係の学習会などでも同じ気持ちになることがある。
 行きたい、参加したい、ぜひ学びたい。そういう気持ちは山々だけど、出かけることができない私の状況……。
 私は専業主婦だけど、普通の主婦よりもなかなか外出しにくい状況にあるのだ。

 何故、と問われれば、そういう家庭環境にあるから、と答えるしかない。障害を持つ子がいるから、家族がいるから、私が嫁の立場だから……。「今時そんなこと言って」と笑う人もいるのだけれど、こればっかりは、同じ立場になってみてもらわなければ分からない。もっとも、私と同じこの場に立って、私と同じようにここに居続けられる人はどのくらいいるだろう、とは思うけれど。たぶん、大多数の人は、とっくの昔に同居解消か離婚をしてるだろうなぁ。(苦笑)
 普段の買い物や学校への送迎はともかく、それ以外の外出となると、相応の「家族への相談」と「段取り」が必要になってくる。急に誘われたって、「はい、それじゃ行きましょう」というわけにはいかないし、ずっと以前から話を持ってこられたって、やっぱりその時が近づいたら、都合が悪くなって参加できなくなった、ということはしょっちゅうある。
 それじゃ、朝倉さんの家にこちらから出かけて行きましょうか? ――ごめんなさい、それは私が出かける以上に「相談」と「段取り」が必要なんですぅ。(汗)

 というわけで、本当に「出かけること」が難しい私。でも、これは今に始まったことじゃない。ずっと昔からそうだった。だからこそ、私はインターネットに夢中になって、ホームページをつくった。家にいても、パソコンに向かえば日本中、いや、世界中の人たちとつながれる、情報が手にはいる、私の伝えたいものを受け取ってもらえる。インターネットがなかったら、私はおかしくなっていただろう、と本気で思う。
 でも、そうやって作ったホームページは、当然のことながら、通常以上の内容になる。なにしろ、私の全勢力を注ぎ込んでしまっているから。それを見て話を持ってくる人もいる。「ぜひ集まりにご参加ください」「これだけのホームページを作っているならば、外に出て、この活動にもぜひ」。
 それができないから、こういうホームページを作ったんです。本当にごめんなさい!(平謝り)

 というわけで、「インターネット内弁慶」な私。
 ここにこう書くと、身近な人たちが心配しそうだけれど、本当に、これは今に始まったことじゃない。もう、ずっとずっと昔からそうだったこと。
 今までも、なんとかかんとか段取りつけながら、少しは出かけていたのだから、これからだって、何とかかんとか少しはそんなふうでいられるでしょう。来年の夏だって、仲間たちがやると言えば、なんとか工夫をして学会にもまた出かけていくことでしょう。普段の憂さはネットで発散しながら、明日も明後日もそうやって生きていくことでしょう。
 だから、心配しなくていいんです。これは、私が背負っている荷物だから。背負って生きると決めているものだから。
 ただ、私がそういう環境にあって生きているのだ、ということさえ分かっていていただければ……。
 申し訳ないけれど。

|

« 人生という旅の荷物 | トップページ | オレンジババロアに挑戦 »

コメント

私も人の集まりは苦手です。結婚してからは特に(苦笑)。
一人でにぎやかい所を散歩するのはokなのですが今は子供3人も連れて行けるか!!状態です。病院もままならない・・・。
たまに義母に「デズニーランドくらい連れて行ってやったら。」
と言われるけど、私を置いて遊んで来てください(TT)、と思う。連れて行ってやりたいよ私だって。でもまったり、迷子になったりいろいろ考えるだけでもういいです。てっ感じです。
母に人に迷惑かけるなら出かけるな、と育てられたからかもしれません。

投稿: さゆた | 2006年10月15日 (日) 04:58

いやぁ、子どもを連れて出かけるのは本当に大変ですよ!
安心して放っておけるくらい、その子が大人になってくれていたらいいですが、そうでなければ・・・。(^_^;

>連れて行ってやりたいよ私だって。でもまったり、迷子になったりいろいろ考えるだけでもういいです。てっ感じです。

そうそう!
うちは、兄ちゃんが小学生の頃に、子ども会の旅行でディズニーランドに連れて行ったけれど、ずいぶん前から計画に計画を重ねて、インフォメーションセンターで、待ち時間免除になるアシスタントカード(今もまだあるのかな?)を発行してもらって、それでなんとか行けた状態ですもの。
それも、兄ちゃんはもう高学年で、友だちと一緒にアトラクションをまわれるようになっていて、ほったらかしにしておいても大丈夫だったからできたことで。
旦那と私、二人で昇平にびったりついて行動して、それでなんとか、でしたからね~。
ディズニーランドのあの人混みの中で昇平を見失ったら……
おお、ブルブル。今でもちょっと行く気にならないわ。(苦笑)

>人に迷惑かけるなら出かけるな、

というのは、実は私もわかります。(^_^;
私の中にもある気持ちだから。
ただ、それは実は、こちらが安心して出かけられる環境が整っているか、というのと、とっても密接に関係している気がします。
こちらが安心して出かけられる場所なら、他人様にも迷惑はあまりかからない。
でも、そういう場所が少ないんですね~。
うちの場合は、聴覚過敏もあって、小さい子の叫び声や泣き声が苦手だから特に。
子どもの集まる場所でそれが聞こえないところなんてまずないから、最近は行楽地にはほとんど出かけてません。(苦笑)

投稿: 朝倉玲 | 2006年10月15日 (日) 05:46

独身実家暮らしの長男坊もつらいっすよ(笑)
ついでにチビわんこも増えたもんだから、いろいろ行動に制約多し。

ま、考えてもしかたないんだけどね。僕の場合は。(^^;

投稿: 沼ぼん | 2006年10月15日 (日) 16:52

動物を飼っていると、本当に行動には制約が出ますよね。
実家にネコがいた頃、両親が旅行に出かけると、
市内に住んでいた我々娘たちが餌やりに呼ばれました。(爆)

ただまあ、実際には「そんなもんだ」と思って生活してることの方が多いんですけどね。
つらいのは、お誘いを受けて断って、その相手にがっかりした顔をされたときだけ。(苦笑)

投稿: 朝倉玲 | 2006年10月15日 (日) 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/12211014

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット内弁慶:

« 人生という旅の荷物 | トップページ | オレンジババロアに挑戦 »