« 今週から来週にかけての予定 | トップページ | 大雨だ »

2006年10月21日 (土)

学習発表会、無事終了

 小学校の学習発表会、無事に終わりました~。
 昇平、とても頑張っていました。群読で、北原白秋の詩「おまつり」を読んだんですが、全体が本当にお祭り仕立てでした。最初に、小太鼓、中太鼓、横笛で本物のお囃子が流れる中(5年生の子どもたちが本当に演奏している!)、 体育館の後ろから、手作り御神輿が2基入場。祭りの大うちわが揺れる中、そろいの赤いハッピ(これも子どもたちの手作り)に豆絞り姿の子どもたちが、それに続いて練り歩いてきて、ステージへ。私は前の方にいたので、昇平の表情もバッチリ見えましたが、しっかりみんなと一緒に詩を言っていました。途中で全員でよさこいを踊り、その後、もう一度「おまつり」を群読。いやぁ、息が合っていて、元気が良くて、見ても聞いても、胸がすーっとするような「おまつり」でした。
 よさこいのような体を動かす事は、昇平は非常に苦手なんですが、ビデオなどを使った練習の成果もあって、まわりと同じようにできていて。(練習の時には鳴子が足りなかったので、鳴子をぱちん、と鳴らす練習はしなかったのに、本番では他の子たちがやっているのを見よう見まねで一緒にやっていた! とドウ子先生もびっくり) 
 昇平の場合は、とにかく「周りの子たちと同じようにできること」自体が、すごいことなので、私もすっかり感心して見ていました。う~ん、本当によく頑張ったねぇ!

 帰宅後してお昼を食べた後、昇平はパソコンで好き放題遊んでいます。いっぱい頑張った後は、いっぱいのんびりしなくちゃね。(笑)
 他の学年の発表も、どれも演出のうまい、とても見応えのあるものばかりで、それも楽しかったです。例年、自分の子どもの発表が終わるとさっさと帰ってしまう保護者がけっこういたのに、今年は最後まで残っている家族が多くて、体育館の中は終わりまで超満員。子どもたちもみんな、ここまで頑張ってよかった! と感じたことでしょう。きっと、みんな今頃、満足感を胸に、それぞれの家でのんびりしているんだろうなぁ。

 ……本当は、この手のネタは「てくてく日記」に載せてきたのだけれど、今、そちらでは「専門家と連携して解決を目ざす」シリーズを連載中で、さっき、今日の分もアップしてしまったので、書く場所がない。ということで、こちらに、はみ出してくてく日記となりました。
 ずっと体育館のゴザの上に座っていて、腰と足は痛くなったけど、んー、満足!

|

« 今週から来週にかけての予定 | トップページ | 大雨だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学習発表会、無事終了:

« 今週から来週にかけての予定 | トップページ | 大雨だ »