« 洗濯機 | トップページ | 「デスノート」 »

2006年4月16日 (日)

見違えたー!

 つい今し方、行きつけのスーパーに買い物に行って、新しいバイトの兄ちゃんが立つレジに並んだんですが。
 バイトの兄ちゃん、私の顔を見たとたん、「あっ、どうも」と挨拶をしてくる。 え? え?? 私がとまどっていると、「○○君のお母さんですよね?」とお兄ちゃんの名前を言う。ってことは、お兄ちゃんの同級生か? 名札を見ると、えーと、この名字は……。
 「もしかして……△△君?」と長らく考えてから、おそるおそる聞いてみると、「いえ、□□です」。あ、そうかー。同じ姓の同級生はもう一人いたっけ。
 誰だかわかってほっとした一方で、その変身ぶりというか、成長ぶりに目を丸くしてしまった。そういえば、彼をまともに最後に見たのは、小学校を卒業するとき。あれから丸4年。もう高校2年生だもんねぇ。背はすらりと伸びたし、顔は……あのころからかわいい顔をしていたけど……いやぁ、見とれるほどハンサムになっちゃって。こんな美形のお兄さんに親しく話しかけられることなんて滅多にないから、おばさんは思わずドキドキしてしまったわよ。(爆)

 常連さんはご存じの通り、私は人の顔や名前を覚えるのが極端に苦手。そこへもって、成長期の子どもとなると、3,4年会わなかっただけで別人のように変わってしまうから、全然わからない。うちのお兄ちゃんだって、毎日少しずつ成長しているからなんと言うこともないけれど、小学校卒業時から比べれば、本当に背も伸びたし、顔つきも大人っぽくなってしまった。……残念ながら、□□君みたいなハンサムではないけれど。(笑)
 子どもから大人に変わっていく時期。見た目も変わるけれど、中身もまた変わっているんだよね。
「○○君はどこの高校に行ったんでしたっけ? ……えー、すごいですよね。ぼくにはとても無理ですよ」
 そんなヨイショがさらっと言えて、さらに次のお客さんが並んだのを見て、にこやかに「ありがとうございましたー」と言えるんだから、いやはや、まったく。
 大人になった彼らが、本当にまぶしく思えたひとときでした。

|

« 洗濯機 | トップページ | 「デスノート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/9619582

この記事へのトラックバック一覧です: 見違えたー!:

« 洗濯機 | トップページ | 「デスノート」 »