« 厚化粧? | トップページ | 「時効警察」・7 »

2006年2月24日 (金)

荒川静香

トリノオリンピックのフィギュアスケートで、ついに日本の荒川選手が金メダル獲得。おめでとうございまーす! パチパチパチ☆

実を言うと、私は今回のオリンピックを大した情熱もなく眺めていた。運動音痴で各競技のルールもその見どころもよくわからないし、テレビそのものをあまり見ないから(ゆっくり見ている時間もないから)、結果をニュースや新聞や人の話でちらちらと見聞きする程度。「日本がメダルとれないね~」と聞いても、「ふーん、そうかぁ。やっぱり世界の壁は厚いのね」くらいにしかリアクションできない、オリンピック音痴なのだ。
でも、唯一の例外だったのが、この女子フィギュアスケート。日本選手権で見た選手たちの演技が、あまりにも素晴らしかったからだ。「日本もついにこのレベルまで来たのか!」と、スポーツ音痴の私でさえ感動してしまった。
その中でも、ひときわ私の目を引いていたのが、3位だった荒川静香。日本選手権では、他の選手たちの方が評価が高いことが多かったが、私は、この荒川さんという選手が妙に気になった。
彼女の演技は、優美とか女性的とか伸びが良いとか評価されるし、私ももちろんそれは感じるけれど、それ以上に私が彼女の中に見ていたのは、ものすごい「意志の強さ」だったのだ。他の選手たちと全く違う気迫が、彼女のスケートから感じられていた。
「負けられない」とか「勝たなくては」というのとも、また違う。「これが私のスケートです!!」と全身全霊で演じてみせる、そのパフォーマンスの素晴らしさに、ただただ目を奪われてしまったのだ。
技術やその他のことを言えば、他の選手の方が上のものもあったのだろうと思う。でも、私は荒川さんがすごく気に入ってしまった。こんなに「自分」を見せようとする日本人選手を、これまで見たことがなかったから。

オリンピックのショートプログラムでも、彼女は私の期待通りの演技を見せてくれた。
やっぱり強さがある。観る人の目を釘付けにして、惹きつけて離さない底力がある。
さっき、特集番組を見ていたら、彼女が長野オリンピックの後スランプを経て、そこから這い上がってきた選手なのだと言っていた。恥ずかしながら、そんな情報さえ私は知らなかったのだけれど、でも、聞いて、ものすごく納得してしまった。
あれは自分の道を見定めた人の強さ。迷いも苦しさもすべて経験して、その上で「私はこの道を行く」と決めた人だけが見せる、本物の強さ。
演技の美しさよりも何よりも、その「強さ」に惹かれてしまったのは、私が今、同じような心境にあるからかもしれないな……。

今朝のフリー演技での荒川さんは、本当に素晴らしかった。こんなに綺麗で、こんなに強くて、こんなに素敵な選手が、日本からも誕生するようになったんだと思うと、感無量だった。
ノーミスで確実に決めていって、ライバルの失敗のおかげもあって、金メダルに輝いた、というような言い方もされていたけれど、私はそうは思わない。自分自身と戦って、自分のスケートを百パーセント「見せる」ことができたから、それが世界から評価されたんだと、私の目には見えている。
荒川さんはこの後、プロに転向するのだという。
これもまた、私が予想していたとおり。あの滑りができる人は絶対にプロになる。そう思っていたから。
昔々の話になるけれど、荒川さんを見ていて、ふとジャネット・リン選手を思い出した。二人の間には共通するものがあるかもしれない。

この後、マスコミはこぞって荒川選手のインタビューや特集に走るのだろう。その中で、荒川静香という女性は、国民的スターになり、おいたちやら生活ぶりやら、いろいろな側面を報道されるようになるのだろう。
でも、普段からあまりテレビを見ない私は、きっと、あまりそういうものを見ないのだろうと思う。
自分の目で見て、自分の心で感じた荒川選手を、ずっとこの記憶の中に留めておくのだろうと……そう思う。

|

« 厚化粧? | トップページ | 「時効警察」・7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川静香:

« 厚化粧? | トップページ | 「時効警察」・7 »