« しつこいセールス電話 | トップページ | CHANT(詠唱) »

2006年1月22日 (日)

モノの整理

休みの日に家族全員が家にいると、部屋が狭い狭い。
子どもたちが成長して体も大きくなってきたからね。部屋の中に占めるスペースもでかくなってきたのだわ。
でもって、二階の我々の居間は、六畳にコタツと机とパソコンデスクとタンスと整理棚とテレビと……てなありさまなので、人がいられる場所も限られているから、本当に足の踏み場がなくなってしまう。
おいー、昇平! ただでさえ狭いんだから、モノを出さないでくれー!!

でも、人間が必要とするスペースっていうのは、実はそれほど広くはない。畳一枚の個人スペースがあれば、それで充分暮らしていけると思う。私は一日の大半をパソコンの前で過ごしているけれど、ノートパソコンがのっている机と、そのわきの書棚兼オーディオラックにしている押入を合わせると、ほぼ一畳分になる。まあ、もちろん、実際に生活するには、衣類や生活に必要なモノを入れておく収納スペースと、他人と距離を取るためのスペースが必要にはなるから、本当に畳一枚ですむわけではないけれど。
でも、そのスペースに収まりきるくらいに自分のモノを厳選して暮らせたら、さぞ楽だろうなぁ、とはしょっちゅう思う。最近、モノの管理が本当に面倒になってきているんだと思う。整理したり取り出したり片づけたり手入れをしたり……とモノのために使っている時間を、別のやりたいことにまわせたら、さぞ有意義に暮らせることだろう。モノが多いと、捜し物がなかなか見つからなくて、それにも時間をとられるし。
でも、そう思うにもかかわらず、身の回りにモノは増えていく。これってなんなんだろうなぁ。やっぱり「煩悩」?

もちろん、捨てられないモノは私にもたくさんある。本も子どもたちの作品も過去に書いた原稿も……。
だけど、いつかは見直して、整理していきたいな、と思う。本当に必要なモノ、本当に捨てられないモノだけを厳選して、その中だけで暮らせたら、部屋が狭くたって、きっと狭くは感じなくなるんだろう。
いや、それ以前に、子どもたちが独立していって、自動的に家が広くなっていくのかもしれないけれど。

とりあえず、机の上のスペースだけちょっと片づけてみたら、それだけでも、気分が良くなった。
まあ、まずはこんなところからかな。いつか一気に、ではなく、今からできるところから少しずつやっていった方が良いような気はしている。
モノの整理は、結局は、自分自身との戦いなんだよね。(笑)

|

« しつこいセールス電話 | トップページ | CHANT(詠唱) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/8277639

この記事へのトラックバック一覧です: モノの整理:

« しつこいセールス電話 | トップページ | CHANT(詠唱) »