« 「フルート・2」第8部アップ | トップページ | 子どもたち »

2005年10月26日 (水)

フィルタリング機能

「フルート・2」第8部が完成したので、溜まっていたメールの整理などをしていた。
返信はだいたい済んでいて、あと2,3件残っているだけのはずなのだけれど、メールボックスにメールを溜めっぱなしにしていたものだから、とにかくわかりにくい。あっちこっち開きながら、やっと整理した。すっきり。

でも、やっぱり時々心配になってくるのが、メールのフィルタリング機能。
とにかく、スパムメールや迷惑メールが多いものだから、来るたびに次々フィルター設定。2度目からはゴミ箱に直行するように設定している。ちなみに、私はこれをゴキブリ退治と呼んでいる。
ところが、この設定が、思いがけない選別をしてしまうことがある。メールアドレスの一部が共通してしまっているのか、別なキーワードの一部が引っかかってしまうのか、知人からのメールがゴミ箱に行ってしまうのだ。何度も見直しているのだけれど、いまだに何が原因なのかわからない。
まあ、私は受信しながらメールのタイトルは確認するようにしているので、その人からのメールは必ず気がついてゴミ箱から拾っているけれど、タイトルに特徴がない(というか、スパムでも使われそうなタイトルになっている)メールになると、気づかずにそのままゴミ箱の中・・・となってしまう。たまに、なにかに気を取られていることだってあるから、気がつかないままに大事なメールがゴミ箱と言うことも、実際起こる。時々、ゴミ箱もチェックしているのだけれど、スパムの量が膨大すぎて、見逃してしまう可能性も大。
う~ん。どうしたものやら。
でも、フィルター外したら、それこそ、どうしようもないくらいのスパムを手動で処理することになるしなぁ。

あの・・・もしも、私にメールをしたのに、なかなか返事が来ない、ということがありましたら、どうかもう一度メールしてみてくださいね。「ちゃんと届いてますか?」って。私、そう聞かれたって気分を害したりしませんから。
残り少なくなっている受信箱の中を見ながら、なんとも心もとないものを感じていたりする。

|

« 「フルート・2」第8部アップ | トップページ | 子どもたち »

コメント

結局はメーラーでのフィルタリングは限界があるのですわ。
なのでそれ専用のソフトを使うのがベストです。
spamとかってある程度は「クセ」が存在しているので、アドレスで見るのではなくその「クセ」で判別するのが専用ソフトの利点。
アドレスでやってたらきりがないっすからね。(^^;

投稿: 沼ぼん | 2005年10月27日 (木) 10:18

まあ、確かに、アドレスでやっていてはキリがないです。
膨大なチェックリストになってる・・・(^_^;)
沼さんのお薦めソフトは何でしょう?

投稿: 朝倉玲 | 2005年10月27日 (木) 10:54

僕が使ってるのは「Spam Mail Killer」っすけどね。
→ http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/antispam/spamkiller.htmlまぁ、これはクセがあるツールなので、設定がめんどくさいかもしれないです。
とはいえ、僕はかなり重宝してますが(笑)

流行は「POPFile」っすかね。
→ http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/antispam/popfile.html
僕は使ったこと無いけど、人気はあるみたいです。

投稿: 沼ぼん | 2005年10月27日 (木) 11:00

検索して、これ↓も見つけたんですけど、どうなんでしょう?

http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/antispam/bkaspil.html

投稿: 朝倉玲 | 2005年10月27日 (木) 11:06

「Spam Mail Killer」と「POPFile」を比較中。
ふ~む。
私としては、あまり細やかな対応をしてくれなくてもいいんだけどな。
多分、ジャンル分けしきれないメールが多いと思うから。
その点では、「Spam Mail Killer」のほうがいいかな?

投稿: 朝倉玲 | 2005年10月27日 (木) 11:13

あー、プラグインの奴ねー。
評判は良いみたいですよ。(^^
ただ、僕は使わん(笑)

投稿: 沼ぼん | 2005年10月27日 (木) 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/6640478

この記事へのトラックバック一覧です: フィルタリング機能:

« 「フルート・2」第8部アップ | トップページ | 子どもたち »