« 「勇者フルートの冒険・番外編」完結 | トップページ | 誕生日が好き »

2005年7月25日 (月)

冷却期間と修正

自分の文章は3日たってから読み返す、という作家がいたらしい。それだけ時間をおくと、自分が書いたものでも客観的に読めるようになって、推敲がしやすくなる、ということらしいのだが、私自身、本当にその通りだと感じている。『フルート・番外編』が完成してから3日までは経っていないけれど、今日、完成してから初めて通して読み返してみたら、自分の文章がかなり客観的に読めるようになっていたのだ。「夜中に書いたラブレターは翌朝必ず読み直せ」というのと似ているかもしれない。
番外編のままにしておくのがいいか、本編扱いにするのがいいか迷っていたけれど、それもあっさりと答えが出てしまった。やっぱり、これは番外編の作品だ。・・・あちこちに遊びが入っているし。(笑)
ほんの少し、文章に手を入れて、今回はこれで修正完了。大きな修正は、もっと時間がたって、もっともっと客観的に読めるようになってからすることにしよう。

さて、次はまた『フルート』シリーズの書き直しに取りかかる予定。小さな子向けに書いていたものを、4作目以降のレベルに合わせているのだ。すでに『始まりの物語』と1作目の書き直しは終わったから、今度は2作目の『風の犬の戦い』だ。ポチのことが書けるぞ、嬉しいな。
この作品は、書き上げてからすでに2年以上経っているから、もう客観視もいいところだ。その分、修正したいところも山ほど見えてくるだろう。ほとんど別の作品を書くようなものになるかもしれない。

今は夏休み。いつもの年なら子どもたちがずっと家にいて、創作どころじゃないのだけれど、今年はお兄ちゃんは補講、昇平は学童。私も日中、仕事やら用事やら入ってくるけれど、それでも執筆する余裕は持てている。おかげでこの夏、私は元気。ありがたい。
ふふ。こんなふうだから、私は毎朝目を覚ますのが楽しみなのだ。だって、朝の短い時間にも「書ける」からね。書いてさえいられれば、私はきっと、幸せなんだろうと思う。
「療育の朝倉さん」「昇平くんのお母さん」という私の顔しか知らなかった人には、意外なのかもしれないけれど、これもまた、紛れもなく私の素顔。明日も元気に書きたいから、今日はしっかり食べて寝て・・・そして、また明日の朝、元気に目を覚ますぞー!(笑)

|

« 「勇者フルートの冒険・番外編」完結 | トップページ | 誕生日が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷却期間と修正:

« 「勇者フルートの冒険・番外編」完結 | トップページ | 誕生日が好き »