« 短時間・省労力という経済的付加価値 | トップページ | 生きることと死ぬこと »

2005年5月30日 (月)

「勇者フルートシリーズ」完成版公開

作品というのは、書き上げてからも修正することが多いです。
「フルートシリーズ」の「始まりの物語」と「黒い霧の沼の戦い」には、大きい子&大人向けに書き直して発表した後も、見直してはちょこちょこ手を入れ続けてきました。特に、「黒い霧の沼の戦い」を書き直してみたら、予想していた以上に『魔法の金の石』や『金の石の勇者』が大きな存在なのが分かってしまって(笑)、「始まりの物語」をそれに合わせて修正する必要も出てきてしまいました。
というわけで、暇を見ては手入れし続けてきたのですが、それも完了し、作品のイメージにあった素材も見つかったので、きちんと背景画像や素材を入れた形での「完成版」をアップしたわけです。
作品を読むつもりがない方も、ここを見てもらうと、イメージが分かっていただけるかな?
ストーリー的には、「始まりの物語」がかなり加筆されました。(特に前半部)

朝倉玲のもうひとつの大きな顔が、この「もの書き」の顔。
「下手くそ、引っ込め!」と座布団投げられようが石をぶっつけられようが、(いや、実際にそんなことをされたことはないけれど)、書くこともそれを読んでもらうことも、好きで好きでたまらないから、やめられない。
そうやって思いを込めて書き上げた作品が、イメージにあった素材と出会って、ひとつの作品になる。これは、作者には無上の喜びだったりします。自分で何度もページをめくっては、にんまりしています。(笑)

フルートシリーズ」の素材はすべて「Star Dust」という素材屋さんからいただきました。ここはどこを見ても私好みの素材揃いで、きゃいきゃい喜びながら素材選びをしてしまいました。(笑) サイト制作者のお名前が浦辺玲さんというのも、なんとも奇遇な気がします。(笑)
ここは、他の多くの素材サイトのように「え、どこからこのサイトに入ればいいの?」「探したい素材はどこ、どこ??」と迷うことがありません。そういうポリシーをお持ちの方のようです。ものすごく嬉しかったです。(つまり、それだけ私は素材系サイトで迷子になってきていた、ってこと)
指輪物語のサイトも運営していらっしゃる方のようで、イメージ的な趣味が似通っているのも、あるいは当然なのかもしれません。(私自身はつい最近まで「指輪物語」を正式に読んだことがなかったけれど、読んでみたら、大学の頃からずっと、かなり純粋な形で「指輪物語」のイメージ世界に接してきていたのが分かったから。)

この後の「フルートシリーズ」も、このサイトの素材で統一して正式公開されていくと思います。
昇平に語り聞かせている第4話「北の大地」は、まもなく最終決戦。「続きは?」と今から言われています。そのまえに2~4話の書き直しをしないと、先に進めないんだよー。(苦笑)
いろいろやることがあって、遅々として進まないこともしばしばですが、でも、必ず全部正式公開させるぞ、と意気込んでます。
アサクラ私立図書館も、作ってからずいぶん時間が経つから、そろそろお手入れしなくちゃいけないし・・・。

と言うわけで、「もの書き朝倉玲」も元気に活動中です。
忙しいけど、「書く暇がない。まとまった時間がほしい」と嘆いていた2,3年前と比べたら天国ですね。
ふふ。がんばるぞー!

|

« 短時間・省労力という経済的付加価値 | トップページ | 生きることと死ぬこと »

コメント

完成版!! すごーい、かっこいい!
私もここの素材屋さん好きなんですよー。
たまにREDにせがまれて、宝の地図を作るのに使ってます。
実はね、GW中にPINKに読み聞かせるために、「始まりの物語」と「黒い霧の沼の戦い」をワープロで整形して印刷したんです。
一時期はマジで製本機買おうかと思ったのですが、とりあえずクリップで留めただけ。A4用紙に結構詰め込んだけど、「黒い霧」の方は123ページになりました。
今度完成版を作らなきゃ。まだ読み聞かせ終わってないのにー。

投稿: たむりん | 2005年5月30日 (月) 21:03

わー。たむりんさん、ありがとー!
でも、本当に印刷していたの?
ごめんねー、読み聞かせが終わらないうちに完成版を公開しちゃって。
しかし、123ページでしたか・・・やっぱり長かったのね。(^_^;)
今回公開した完成版なら、本みたいに綴じてもらっても大丈夫かも。
って、私自身がやらなくちゃ。旦那に読ませるのに・・・。(笑)

旦那、私が子ども向けファンタジーを書いてるもんだから、内心馬鹿にしてるんだよねー。
言わなくても気配で分かる。もう16年も夫婦やってんだから。
悔しいから、「読んでみー」って本にしたのを突きつけようかと。(爆)
子ども向けのどこが悪い。子どもも楽しめるように書くのは、ある意味、大人向けの作品を書くより難しいんだぞぉ。
あ、いや、本当に完成版の「フルート」をピンクくんたちが楽しんでくれるかどうかは、また別の問題なんだけど。
良かったら、あとで反応を聞かせてください。(;^_^A アセアセ…

さて、昇平に「北の大地」を語ってやらなくちゃ。
今夜は『花』の章のところなんだよねー。
それではー。

投稿: 朝倉玲 | 2005年5月30日 (月) 21:50

「始まりの物語」と「黒い霧の沼の戦い」の完成版を一気に読みました。
長さといい内容といい、かなり読み応えがありました~。・・・疲れた(笑)
はじめの「寝物語」からどんどん完成されていく様がおもしろいし、凄いです。
ゲームにはまっているような子供たちも好きそうだけど、
身近に薦められそうな子供がいない~。残念。
(そりゃ、30代前半独身の周りにはそんな子はそういるわけない)
おもしろい上に、子供にも安心して薦められるいい話なのに~。
完成版は素材もステキですね。
私も「指輪物語」は好きなので、素材屋さんにもあとで行こうと思ってます。

ちなみに、私はこのブログの存在には気付いていませんでした(^^;
ヒントが出ても全くわかりませんでした。
毎回トップページから行くのに・・・。
あちらにきちんと紹介してくれて良かった(笑)

投稿: くらげ | 2005年5月30日 (月) 23:26

わはは。くらげさんも、ありがとうございました。一気読み、ごくろうさまです。(^_^;)
本気で、どこかに登録しようかな~。
 >ほらほら、すぐにその気になる。
  根が単純なんだから、あまり持ち上げちゃダメですよ。(爆)

このブログ、両親も知って読み始めたようです。
わはははは・・・私の日常が筒抜けだ~。
悪いことはできんな。(爆)

投稿: 朝倉玲 | 2005年5月31日 (火) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「勇者フルートシリーズ」完成版公開:

« 短時間・省労力という経済的付加価値 | トップページ | 生きることと死ぬこと »