« てくてく日記不定期化 | トップページ | 「本当のことだから」 »

2005年5月 9日 (月)

鯉のぼり

とうとうGWが終わった。最後に昇平と私は、ADHDの会のお泊まり会に行ってきて、大型連休ならではの気分も味わった気がする。

今朝、昇平を学校に送た帰り道、よその家の鯉のぼりのポールがふと目にとまった。もう鯉は泳いでいない。ただ、風車だけがカラカラと回っている。我が家では、昨日の日曜日にポールを倒して片づけていた。ああ、連休は終わったんだな、となおさら感じた。

うちの鯉のぼりはお兄ちゃんが生まれた次の年に買ったものだから、もう15年も経っている。最近男の子が生まれたばかりの家では、色鮮やかでキラキラ光る鯉のぼりを誇らしげにあげていたけれど、うちの鯉はどう見ても、古ぼけてくすんでいた。でも、色それが逆に素敵にも見えていた。だって、ほとんど毎年あげ続けたから、こんなふうに色あせてしまったのだもの。お兄ちゃんと昇平の健康と成長を願い続けて、おじいちゃんが毎年ポールを立てて、鯉をあげてくれたんだよね。
そのおじいちゃんも、そろそろポールを立てたり鯉をあげたりするのがしんどくなってきた様子。今年は、ポールを立てるのも倒すのも、お兄ちゃんや旦那が協力していた。たぶん、鯉のぼりをあげるのも、昇平が小学生のうちまでだろうと思う。あと2年だ。
子の成長は、親や祖父母の老いと同時に進行する。それでも、大人たちは子どもの成長を喜ぶ。
それが人間ってものかな・・・なんて、空っぽの鯉のぼりのポールを見上げながら考えた。

|

« てくてく日記不定期化 | トップページ | 「本当のことだから」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102474/4049812

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉のぼり:

« てくてく日記不定期化 | トップページ | 「本当のことだから」 »