« 「本当のことだから」 | トップページ | さーて »

2005年5月10日 (火)

『フルートの冒険』その3

結局、『フルートの冒険』3話の夜語りを終えた後、昇平の強いリクエストで、4話『北の大地』の素語りも始めてしまった。これ、長いんだけどなぁ~・・・。(^_^;)
主人公を護る「金の石」が怪物に奪われてしまって、昇平は本気で心配して「大丈夫? ちゃんと取り戻せる?」。
先を話してしまうのは本当はルール違反だけれど、それを確かめないと安心して続きが聞けないようなので「もちろん、後で取り返せるよ。そうじゃなかったら、お話にならないじゃない」と言ったら、ほっとしていた。ホントにもぅ~。ういやつぢゃ。(爆)
この4話には、冒険的な内容だけでなく、心理的なものもだいぶ含まれてくる。本人はとにかく切ったりはったりの活劇シーンが楽しみなようだけれど、いつかそういう「心」の描写の部分にも目が行く時が来るのかな。将来、文章でこの作品を読み返した時、また別な楽しみ方がしてもらえたら、嬉しいな。なんて、母というより作者としての気持ちで考えたりしている。(笑)

さて、実は今、空き時間を見つけては、『フルート・始まりの物語』の書き直しをしている。ついでに、素材も見つけてきて、ページの飾りつけもしているところ。書き直しが終わったら、改めて公開いたしましょう。ふふ・・・やっぱり、私はこういうことが好きなんだよねぇ。

|

« 「本当のことだから」 | トップページ | さーて »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フルートの冒険』その3:

« 「本当のことだから」 | トップページ | さーて »