2017年12月14日 (木)

双葉旅館in2017年忘年会

 2年ぶりで、福島県福島市の飯坂温泉「双葉旅館」での忘年会の記事を書きます。
 昨年も同じ場所で親の会の忘年会をしたのですが、私が家族の病気で忙しくて、ブログに載せる余裕がなかったのでした。
 本当にいろいろなことがあった1年でしたが、それもどうやら一段落したので、忘年会がとても楽しみでした。


Futaba201701

 日中は学習会に参加して、双葉旅館に移動して部屋に落ち着いたところ。
 忘年会シーズンの週末なので、他にも団体さんが入っていて大入り満員。女将さんも仲居さんたちも忙しそうでした。でも、繁盛しているのはいいことです。
 私たちは女性9人(+男の子1人)が大きな一部屋に一緒になったのですが、これが私たちにはぴったり! わいわいがやがや、持ってきたお菓子を広げたりしながら、お喋りに花が咲きました。顔出しはNGなので、スタンプをポンポン♪
 このあと温泉にも入りに行きました。
 宿泊はこのうちの7人だったのですが、部屋にたくさんの布団を並べてお喋りをしていたら、なんだか学生時代の修学旅行を思い出しました。枕投げはしませんでしたけどね(笑)


 部屋の中には素敵な花も飾られています。
 洗面台やトイレの中にも花があるのですが、すべて生花なのが嬉しい心遣いです。

Futaba201702_2

Futaba201703


 通路のコーナーにはこんな素敵なディスプレイもあります。こちらは棉の花を使っているみたいです。

Futaba201704

................................................

 さてお楽しみの宴会です!
 ――の前に記念撮影を。

Futaba201705

 これは私のスマホで撮った写真ですが、これとは別に旅館のご主人が素晴らしいカメラで集合写真を撮って、宴会終了までにプリントアウトして全員に配ってくれました。これも嬉しいサービスです。
 ちなみに、前列のサンタクロースとサルが顧問のN先生とM先生、トラがお世話になっている臨床心理士のK先生、私は後列のウシです。参加した皆様、「どうして私は○○なの~!?」って怒らないでくださいね。coldsweats01 


 さて、お待たせしました。こちらが宴会のご馳走です。

Futaba201706

 (手前左から)すき焼き、すき焼き用生卵、自家製漬け物


Futaba201707

 八寸(手前右から時計回りで):合鴨肉ロースト、白身魚と野菜のマリネ、プルーン紅茶煮、菊の花の酢の物、里芋のきぬかつぎ


Futaba201708

 お造り エビが大きくてプリプリでした♪


 他にもいろいろ料理は出てきたのですが、特記したいのが次の3品。

Futaba201709

 柿とリンゴの白和え


Futaba201710

 胡麻豆腐


Futaba201712

 海老しんじょのお吸い物


 これらはどれも本当に美味しかったです!
 料理はすべて野菜ソムリエの資格も持つ女将さんの手作りなのですが、特に柿の白和えと胡麻豆腐は逸品なので、この季節に双葉旅館に行くことがあれば、ぜひ味わってください。

................................................

 そして、双葉旅館といえば忘れてはいけないのがこちら!

Futaba201711

 日本酒の利き酒師でもある女将さんに選んでもらった、ふくしまの地酒です。
 今回は福島県の3地方の「浜・中・会津」がテーマでした。

「陣屋」純米無濾過生原酒…有賀醸造(白河市=中通り)

「磐城壽」純米酒…鈴木酒造店(浪江町=浜通り+山形県長井市)

「会州一」特別純米酒…会州一酒造(会津若松市=会津地方)


 いつものように、私が飲んでの感想になるのですが、「陣屋」は無濾過の生酒だけあって、とろりと濃くて甘い味わい。今回飲んだ3種類の中では一番気に入りました。


 「磐城壽」の鈴木酒造店は、元々は福島県の浪江町請戸にあった酒蔵でしたが、東日本大震災の津波でいっさいを流されてしまい、県の試験場に預けておいて無事だった酵母を使って、避難先の山形県長井市でまた酒造りを再開したそうです。「山形の水がいいからか、避難先で作ったら味ががらりと変わって、すごく美味しいお酒になったんですよ」とは女将さんのことば。福島の地酒らしい甘みと旨みにスッキリした辛口が加わった、きりっとした味わい――と私は感じました。 


 「会州一」は新酒鑑評会でなんども金賞を受賞しているだけあって、スッキリと飲みやすい、いかにも会津らしい美味しい酒でした。特別純米酒ですが、けっこう軽かったので、吟醸酒や大吟醸に近い作り方をしているのかもしれません。(とわかったようなことを言う。笑)
 日本酒好きの顧問のN先生は「単独で飲むなら『陣屋』もいいけど、食事と一緒なら『会州一』かな」とおっしゃっていました。


 今までなら、ここにあと1~2種類を追加注文して、みんなで分け合って利き酒しながら楽しむのですが、今回は顧問のM先生がご都合で車で帰宅しなくてはならなかったので、飲む人が少なくて、この3種類だけで充分になってしまいました。
 純米酒が好きな人が多いので、女将さんも純米酒中心でセレクトしてくれたようですが、ここに大吟醸も1本くらい追加したら、また面白い飲み比べができたかもしれません。来年のお楽しみですね。happy01

................................................

 宴会の締めは、双葉旅館名物の「焼きリンゴ」。

Futaba201713

 焼きたて熱々のリンゴに冷たいバニラアイスが詰めてあって、そのコラボは最高です。
 たくさん食べてお腹いっぱいなのに、それでも入ってしまう美味しさ。
 今回初めての参加者が何人もいたのですが、みんな「美味しかった~!」と大満足でした。

................................................

 さて、一晩寝て翌朝。
 朝食やお弁当を作る必要はないから寝坊してもいいのに、習慣で5時には目が覚めてしまいました。
 やはり早起きした2人が朝風呂に行きましたが、私は前週までの疲れが残っていたので、風呂はパスしてラウンジに行きました。

Futaba201714

 奥に見える蔵のような扉の向こうがラウンジです。
 手前は喫煙コーナーですが、こちらも雰囲気いいですよね。


Futaba201715

 ラウンジの中の様子。
 テーブルと椅子があって、オーディオセットがあって、コーヒーや紅茶をセルフで入れて飲めます。コーヒーはドリップなのが嬉しい。ユーミンの曲を聴きながら、ゆったりと朝の一杯。
 その後、部屋に戻ったけれど、みんなはまだ寝ているし、もちろん朝食にもまだ早いので、朝風呂から帰ってきた友人ともう一度ラウンジに行って、今度は紅茶を飲みました。
 たくさんお喋りするうちに朝日が昇って、隣の建物の窓に朝焼けが映りました。綺麗~shine

Futaba201716_2

................................................

 いよいよ双葉旅館名物の「豪華な朝ご飯」です!
 今回初めて参加した心理士のK先生は「花籠御前みたいね~」と大喜びでした。

Futaba201717

 (手前右から時計回りで) 福島名物いか人参、自家製漬け物、しらすのおろし和え、紅葉漬け(紅ザケの身とイクラを麹漬けにしたもの。我が伊達市の名物です)、青菜おひたし、フルーツ(柿と洋梨)、山菜と白滝の炊いたもの


Futaba201718

 これも双葉旅館名物の温泉ポークがのったサラダ。塩とオリーブオイルで。
 奥は飯坂温泉名物ラジウム卵。普通の温泉卵より黄身がしっかりしていて濃いのが特徴です。


Futaba201719

 一人分ずつ釜で炊きあげるご飯。今回はマイタケの炊き込みご飯でした。底には美味しい「おこげ」もできます。余ったご飯はおにぎりにして持ち帰れます。
 奥に見えているのは、小松菜とリンゴとレモンとゴーヤのスムージーと、柑橘系のジャム(キンカンかな?)をかけたヨーグルト。スムージーもジャムもヨーグルトも自家製です。
 塩鮭ときゃらぶきも、ちらっと写っていますね。その向こうの木製の細長い器には、自家製の梅干し、佃煮、ふりかけが入っています。

 朝ご飯もしっかり食べて、大満足な忘年会になりました。
 ちなみに、これが1万3千円のプラン(飲み物代・入湯税等は別)です。

................................................

 さらに、今回も旅館から「お土産」をいただきました。
 女将さん手作りのリンゴジャムです。かわいいラベルはご主人が作っているのだろうと思います。
 翌日のお昼にパンにつけて食べました。これも美味しかった~。

Futaba201720


 手作り感たっぷりの温かいもてなしで、いつも楽しく美味しく過ごさせてくれる双葉旅館。
 来年もまた忘年会で行くと思うのですが、今度こそは、冬以外の季節にも行ってみたいと思っています。
 そのときにはまたここでレポートしますね♪

 以上、2017年の双葉旅館忘年会のレポートでした。


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

新居紹介

 今年に入ってから、義母の病気の再発、入院、死去、葬儀、諸手続き、義父の介護、施設探し、私たちのアパート探し、義父の入所、私たちの引っ越しと、目が回るような忙しさでした。怒濤の時を過ごす、とよく言われますが、文字通り、時間が音を立てて流れていくような感じで、なるほどこういうことか、と実感していました。

 その間、「そっと、ひとりごと」のブログもずっと更新が滞っていました。
 理尚先生が写真と記事を送ってくださっていたので、なんとか時々更新できましたが(理尚先生、ありがとうございます!)、私自身の記事は1月5日が最後でした。手術をしたばかりの義母のために作った介護食の紹介でしたね。これももう作る必要がなくなってしまいました。けっこう楽しみながら工夫していたので、物足りなさや淋しさを感じます。

 でも、時間は元に戻らないし、私たちは前に進むしかありません。
 引っ越しからほぼ一か月が過ぎて、片づけもだいたい落ち着いたので、どどんと新居の紹介をしたいと思います。
 ただ、昇平の部屋に関しては、先日「てくてく日記」や昇平のブログでご紹介したので、今日はそれ以外の部屋の写真を載せていきます。

................................................

 新居はアパートです。
 階段を上ってドアを開けると、玄関はこんな感じ。

Sinkyo01

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

東京さんぽ(錦糸町:きんしちょう)

私のJR最寄り駅。
都心から隅田川を渡ると相撲で有名な両国、そしてその隣駅が錦糸町で、昔からの歓楽街です。
現在は下町の副都心だとか。

⚪天婦羅屋の座席から(駅ビル5階)
20170725risyou01_2

お馴染みのスカイツリー


大学病院からの帰りに遅めのランチ
天婦羅も入れた一枚にしたかったのですが、難しかった。

⚪こんなランチ、
20170725risyou02_2

このあと、かき揚げとやさい天が届きます


(写真と文章:理尚先生)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

東京さんぽ(六本木:ろっぽんぎ)

⚪TOKYO MIDTOWN
:とうきょうみっどたうん
1498814506492


⚪女性だけの写真展があり観てきました。
1498814570207


⚪この中に友人の作品も
(200人の方々の作品展示)
1498815411155

会場の注意書に「写真撮影可、どうぞ広めてください」とあり、思わず読み返しました(笑)
ただし、お客様の写り込みにはご注意ください。
(なるほど)
しばらく待って、パチリ


⚪帰りの駅でみつけたポスター
1498816413713

地下鉄駅構内での物産展で購入
・いかだいこん(にんじんじゃなかった)
・ふきのとう味噌和え
・喜多方ラーメン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

東京さんぽ 歌舞伎座(内部)

今回は「歌舞伎座の中」をご紹介

⚪まずは外観
Risyou201705201
一天にわかに掻き曇り、大雨が通り過ぎたところ。


⚪1階ロビー
Risyou201705202
2階ロビーからパチリ
和服の方がごあいさつしてますね。役者さんのお身内でしょう。


⚪2階ロビー
Risyou201705203
こちらには名画やらいろいろ展示されてます。
かなりの値うちものらしい。


⚪松竹創業者の像
Risyou201705204
白井松次郎・竹次郎兄弟
創業当初は、「松竹合名社」と言ったそうです(講義中に出た話題)


⚪今月は坂東家の親子孫三代・襲名ご披露がありました。
・襲名披露幕
Risyou201705205


・披露幕のお箱も展示されていました。
Risyou201705206
大きいですよ!高さは30センチはあるでしょう。

(レポート: 理尚先生)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

東京さんぽ (我が家周辺:墨東)

「墨東:ぼくとう」は隅田川の東側をいいます。

・運動の帰り道
Risyou201704191

振り返ると「お馴染みのスカイツリー」
青く横切るのはグローバー橋
右側の木の後ろが、運動会するスポーツセーター


・我が家の中庭のさくら
Risyou201704192

「ソメイヨシノ」が終わり、今は「八重桜」


(投稿:risyouセンセ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

東京さんぽ 曳舟駅(墨田区)

曳舟(ひきふね)駅(墨田区)
所用で久しぶりに降り立ちました。

Risyou201703062_2

東京スカイツリー駅の隣駅。
ホームからはこんな感じです。


Risyou201703061

沿線の春日部には有名人がお住まいです。
かわいい車両でした。

(りしょう)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

東京さんぽ 歌舞伎座(東銀座)

昨年から「歌舞伎講座」に入っています。

◎歌舞伎座正面

1486645247259


◎中村芝翫(しかん)襲名披露幕
1486645283976_2


時々、東京さんぽをとどけますね。

(りしょう)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

おいしい介護食「魚肉ソーセージのムース・茶巾ポテトとカボチャ添え」

Kaigosyoku01


 姑は口の中の手術をしたために咀嚼が困難で唾液も出ませんが、咽の通りさえ良ければ嚥下にはあまり問題がありません。
 ところが、そんな姑に入院中に出された食事は、ミキサー食で全然おいしそうじゃないし、ミキサーにかけるのに水を足しとろみ剤も加えられていたので、みんな同じ「とろみ剤の味」になって食べ物の素材の味がしなかったそうです。
 そんな姑のために我が家で作った介護食。見た目にもちょっとこだわりましたが、はんぺんとフードプロセッサーを使うので、実際にはとても簡単に作れます。


【材料】(2食分)
・魚肉ソーセージ……1本
・はんぺん……大1枚
・絹ごし豆腐……20gくらい
・ジャガイモ……中1個
・冷凍カボチャ……2切れ
・生クリーム……大さじ3杯
・牛乳……大さじ3杯
・片栗粉
・顆粒コンソメ
・塩
・砂糖


【作り方】
1.ジャガイモの皮をむき、厚めのいちょう切りにして茹でてつぶす※ 好みで塩少々を加える。

2.冷凍カボチャはさっと水にくぐし、ラップでぴったり包んで加熱。(600wで1分強くらい) 柔らかくなったら緑の皮を取り除き、つぶして砂糖少々と生クリーム少々(分量外)を加える。

3.フードプロセッサーにさいの目切りした魚肉ソーセージとはんぺんと豆腐を加え、なめらかになるまでかき混ぜる。ソーセージとはんぺんに味がついているので調味は不要。

4.簡単ホワイトソースを作る。小鍋に生クリームと牛乳を入れ、コンソメ顆粒と塩少々を加えて加熱。温まってきたら水溶き片栗粉を加えて、木べらでかき混ぜながらとろみをつける。とろみが強すぎたときには牛乳を少しずつ足してゆるめる。

5.1のマッシュポテト、2のマッシュカボチャ、3の魚肉ソーセージのムースをそれぞれ1/2量取ってラップに包み、上をねじって茶巾絞りにしたら、ラップを外して皿にそっとのせる。

6.4の簡単ホワイトソースをたっぷりかけ、あれば柔らかく茹でたブロッコリーを散らして、できあがり。ソースを絡めながら食べる。


※ジャガイモは電子レンジで加熱してつぶしても良いですが、ムラになりやすいのと、ぱさついた感じになりやすいので、私は味噌汁を作るときに多めにジャガイモを入れて煮て、柔らかくなったところで取り出してつぶしています。マッシュポテトはしっとりしているほうが食べやすいので、水分が足りないときには茹で汁を加えて調節します。


☆魚肉ソーセージはカルシウム強化のものを使いました。他にボイルエビやツナ缶、白身魚や鮭などでもおいしく作れます。魚は皿にのせ、日本酒を振りかけてからラップをしてレンジで加熱し、皮や骨を丁寧に取り除いてください。次はホタテの貝柱缶でも作ってみようと思ってます。


 介護食と言っていますが、前菜として私たちが食べても普通においしいです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

東京駅正面

理尚先生から東京駅の写真が届きました。
う~ん、レトロで素敵ですねぇ。


Risyou20160902

久しぶりに、あの「東京駅」に行ってきました。
リハビリ通院の帰りに、我が家の近くを通りすぎる「バス」で行きました。
乗車時間は45分ほどかかるのですが、終点なので安心してゆっくり都心を観光気分で乗っていました。
途中からはスカイツリーも見えました。
東京駅そのものは大修理を終えていますが、駅前のロータリーが工事中で、駅全体は見えません。
それでも、駅正面だけは見ることができました。
写真を撮る人もいたので、私もパチリ!
近すぎて~!

(りしょう)

--------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«OB合宿その2~磐梯熱海温泉「浅香荘」